2016年10月03日

二日目 soi6 置屋街(1)

PM5時すぎ。。。D水さんを誘いに部屋へ


「そろそろどないですかぁ〜〜??」」

「soi6って何時からやってんの?」

「調べたけど、なんか昼過ぎにはやってるみたいなこと書いてるけど(^^)」

「ふ〜〜ん、、昼から開いての?」

「多分やで。。。」

「ふ〜〜ん」

「なんかディープというかカオスな感じで、よ〜〜わからんねん(^^;)」

「まっ!!行ってみよか!!」


ってことで、ホテルを出発っ!!!

soi6 1/2(ホテル)とsoi6 (置屋街)との距離は15mくらいで

抜け道を通れば、ほんと目と鼻の先なので、

ホテルを出るとすぐに置屋街に到着っ!!!


置屋街を見たD水さんの感想は。。。


「ゲっっス〜〜〜〜っ!!!!!」

「鴨葱〜〜これはゲスすぎるって!!(ーー;)」

「ほっ・・ほっ・・ほんまやぁ・・(ーー;)」

「ハマカーンもベッキーも手ぇ〜引っ込めるって!!」

「(笑)」

「妖怪人間ベラくらいやったら混ざっててもわからんって!」

「わかるわっ!!(笑)」

「こらあかん。。。N君来るまでこんなとこ居られんわ〜」

「そうなん?」

「ホテルに戻っとこ〜〜な(^^;)」

「そやけど。。PBせんでもええやん。。見てまわろうや〜」


ってことで、D水さんは一旦、ホテルへ(^^;)


僕は、端から端まで、2往復しホテルに戻った。


「あこはあかんで〜〜」

「そうですか?見慣れたら良さげな子も居てましたよ」

「ほんまに??ゲスないか??」

「いや・・・ゲスないとは言うてないよ。ゲスいのはゲスいわ(笑)」

「そやろ!ここよりゲスいとこあるか!ちゅうくらいゲスいで!!」

「まぁ〜〜確かに(^^;)・・・」


でも個人的な感想としては、「そこまでかな・・・・」と(^^;)

メイク次第ってとこ、あると思うんですけどね〜〜〜

IMG_0537.JPG









しばらくすると、N君から連絡があり、soi6で合流!

WS側からセカンドロードまで、女の子を物色しながら、

ゆっっっくり歩いて行く。。。

僕は意外にも、真剣に探してて。。。


WSで昨日遊んだし。。。

バンコクにもゴーゴーバーはあるし。。。


置屋街のカオスな感じに断然興味が沸いてきて(^^)


呼び込みしている子たちも少し冷静に見れるようになって。。。

一往復終了〜!

「どうする?」

「もうちょっと行けへん?」

「いいよ」


WSからセカンドロードへ再び歩き始める


可愛い子がそれほどいるわけじゃない(^^;)

確かにD水さんが言うように、大半は妖怪人間ベラのレベル(笑)

ただ、若い子や、可愛い子、スタイルの良い子など、

居ないこともないわけで。。。

思ってたより、酷いってな印象もない(^^)


セカンドロード手前。。。


一人の子と目が合う。。。


おいでおいでする訳でもなく。。


僕を見て微笑んでて、その笑顔に吸い込まれるように。。。


僕は近づいていって話しかける。。。


「ここで飲めるの??」

「もちろ〜〜ん!」


「おぃおぃっ!!!鴨葱君、入るん??」

「うん。。どないなってんのかなぁ〜と。。」

「そうなん。。。」

「うん。。入ってみんとわからんなぁ〜と思って(^^)」

「まぁ・・・まぁ〜〜確かに(^^)」

posted by 鴨葱 at 12:00| Comment(0) | 訪タイ10回目(鴨葱inパタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

二日目 昨夜の反省と今夜の予定

部屋に入り、彼女とのブンブン!!

結構な相性の良さで、気持ちの良い時間を過ごして(^^)

ベットに入る前、、夜と朝の分としてコンドームを2つ枕元に用意してた

彼女の期待に答えられず、夜のみのブンブンとなり。。。


一つ残ったコンドームを見て笑いながら。。。

「今日の分よ!」ってな笑顔で。。。


「今夜もお店に来てね〜〜」

「りょうかぁ〜〜い(^^)」

多分、行かないだろうなぁ〜と思いつつ。。。

OKの返事をして1階フロントまで見送りに(^^)



D水さんに電話をかけて、朝食会場で食事をしながら反省会


「昨日はどうでした?」

「どうもこうもあるかいな!3時頃帰りよったがな!」

「3時って!エッチしたらすぐちゃうの?」

「エッチせんと帰ったから時間には余裕あってんけどな!ってなんでやねんっ!」

「(笑)。。。ほんまにしてないの?」

「してない。。。(ーー;)」

「・・・えらいパタヤの洗礼受けたわ(ー^ー)・・・」


「鴨葱は?」

「まぁ・・・それなりには(^^)」

「まぁ・・・それなりにはって?出たんか?」

「えっ。。。まぁ〜出ましたよ(^^)」

「出てるんやんっ!!」

「まぁ。。。(^^)」

「出やんでも、まぁ〜ええか!くらいの性欲やのに出てるやん!」

「まぁ。。。(^^;)。。。ヤってないって・・・全然??」

「うん。。。」

「乳も吸うてないの?」

「吸うどころか。。。揉んでもないがな(ーー;)」

「なんでそんな事に。。。(^^;)」

「・・・言葉の壁やな・・・(ーー;)」

「・・・言葉の壁って・・・脱がして吸うだけやがな・・・(^^;)」

「それがハードル高いっちゅ〜とんねん!(ー^ー)」


あの子のボタンは知恵の輪かっ??(^^;)


「昨日の晩、11,000Bくらい使ったで」

「ほんまですか?ほな僕も同じですよね・・・」

「まぁ〜こんなもんやと思うけど・・・ヤらんと帰っとるからね(ーー;)

「・・(^^;)・・凹むわな」





ホテルのベランダからの景色です(^^)

IMG_0536.JPG






しばらく部屋で休憩してたり、嫁と娘に電話をかけたりして時間を潰し。。。

「10時くらいになって、マッサージ行きましょか」

ってことで、ホテルからセカンドロード側に歩いてすぐの

イエローマッサージっていうお店へ

見るからに、安心・安全なアンマ屋さんです(^^)

アンマ中に、N君から電話をもらい昼ご飯をご一緒に〜ってことで、

昨夜の反省会を含め、四人でN君オススメのステーキ屋さんへ


IMG_0482.JPG



たしか・・・150Bだったかと(^^)

450円のステーキですからね。。。

特に、肉にうるさいわけでもないし、食通でもないので、

コスパは、十分でしたね(^^)

僕はまた食べても良いと思えるくらいでしたけど、

D水さん曰く・・・「あんなもん捨てる肉やっ!ゴムかちゅ〜〜ねん!」

ってことなので、口の肥えた方には、オススメできません(^^;)


P8.jpg





「昨夜は、パタヤの洗礼を受けたわぁ〜〜」

「舞い上がっても〜〜て、わけわからんかったし」

「それに〜たかられすぎたって!(^^;)」

「ほんまやなぁ〜」

「ほんで〜パタヤって高いね。。。(^^)」

「楽しみ方をわかっとらんのやろうけど・・・」

「あの後、他のゴーゴー行ったんやけど。。。」

「うん」

「ショート終えの子らが帰ってきてて、結構可愛い子居てたで」

「そ〜〜かぁ〜〜!」

「なるほど〜ショート帰りのピークっちゅうのがあるかもなぁ〜」

「あっ!せやせや。。。N君、たて替え代払うわ〜なんぼ??」

「3,500Bやったわ(^^;)」

「3,500Bーーーっ!!エラい高いやないの??」

「せやろ?おかしいな〜と思たんやけど・・・」

「そこまで飲んだ??」

「1人2杯くらいちゃうの?」

「さぁ〜どのくらい飲んだんやろか。。。」

「鴨葱君、一人900Bでええんちゃいます??」

「ん??。。。うん。。。まぁ。。。」


ん??もしかして・・・僕のPB代も払ってるんちゃうか??

ほんでもう一人付いて来たんやろか(^^;)


「鴨葱、そんでええがな!一人900Bで(^^)」

「りょっ・・・りょ〜〜かい(^^;)」


「でっ。。。今夜は鴨葱君どうするん?」

「今夜はLKメトロっていうの?そっちから行こかなぁ〜と」

「N君行ったことあるん?」

「ないねん」

「とはいうても、暇やしSOI6の置屋行ってからにするわ」

「置屋には何時頃行くの?」

「6時頃行こかなと思ってるから、置屋で待ち合わせよか(^^)」

「了解っ!」


「おね〜〜さん!チェックビンっ!」

「はぁ〜〜い」

「ここは、僕が払っとくわ〜(^^;)」

「そうなん??そんなんええのに〜」

「鴨葱君、ごちそうさま〜〜」



ってことで、昨夜の反省と今夜の予定が決まったところで、

一旦、ホテルに戻って休憩です。


posted by 鴨葱 at 12:00| Comment(0) | 訪タイ10回目(鴨葱inパタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

初日 WS ペイバー&食事

どこに行くでもなく。。。四人でWSをあてもなくブラブラしながら、

行き交うファランや異国の方々に目を向けて。。。


たしか。。。初めて訪タイしたときに行った水上マーケットで見かけた、

タイ人女性とファランのカップルを見て。。。

「ファランってなんでそんな事ができんの??」

って、思ってたなぁ〜〜って。。。

単純に、「アメリカ人てスゲ〜〜〜!」とか。。。

「めっちゃっ!!金持ちか??」みたいなね(^^;)

タニヤとかゴーゴーとか。。。知らんかったしね(^^)


パタヤにもたくさんの異国の方々がおられて。。。

漠然とではありますが、はっきりとその空気感を感じて歩いていると。。。

呼び込みのおね〜さんに拉致られて店内に押し込まれるD水さん(^^;)

で、店内は連れ込まれるほどガラガラなのかというと、

そうでもなくて・・・

やっぱり一番奥の席しか空いておらず、

そこで休憩している女の子と同席することに(^^)


このパターン何回目??(^^;)


とか、思いつつ・・・それなりに楽しい時間を経過して・・・

テキーラ祭りが、なんでか始まって(^^)


飲めない酒を無理矢理飲んで・・・ちょっと酔っぱらって・・・

チェックビンしよかぁ〜となったら、D水さんも酔ってて・・・

「鴨葱〜もう疲れたからここで決めてご飯行こっ!」

「ほな、そうしましょ」ってことに


PBしてご飯食べるとなると。。。ちょっと金が足らんっていうか

全然足らんわ・・

それにD水さん、PB代金+女の子の5,000Bも先払いさせられとるし(^^;)


ってことで、両替所へ

なんでか1万円札がポケットにあって、1万円=3390Bにて両替


お店に戻ると。。。

「お金ないやろ。。。明日の清算でええよ!」

と、嬉しい言葉をN君から頂き、金額を確かめずお任せに(^^)


N君がチェックビンを済ませた後、僕は僕でPB代金を支払おうと

すると、リーダー格の女の子から、いろいろと説明を受けるが、

全然チンプンカンプンで(^^;)


ただ、「もう少し待てば1,000Bになるから待て」ということだけは、

なんとなぁ〜〜く分かったので、少し待ってると、

隣に座ってた子が、一緒にご飯に行きたいと言い出して、

5分待っただけで浮いた500Bがあるし、そこに500Bを乗せるだけ

なんで、「まぁ〜いいかぁ〜!!」と、5人で食事に行く事に(^^)



で、チェックビンし、お店を出て、N君とたっかんとはここでお別れし、

レストランへ向かうも。。。

「あれ??もう一人おるがな(^^;)」

「なんで女の子4人も居てるん??」

「ん??アライ・ナぁ〜〜??」

と、聞いてるのか聞く気がないのか・・・生半可な返事(^^)

コミュニケーションの取れない子と食事しててもおもろないし。。。

結局、ご飯も残すことになるし。。。

まぁ〜〜ええかぁ〜!となって大勢で食事する事に!





で。。。

シーフードレストランに到着っ!!

で。。。

よくよく考えてみると。。。

残り2,000B程度しか持ってないことに気づくっ!!



絶対、お金足りませんよね(^^;)



「D水さん、金足らんで!」

「ほんまやな〜〜〜ってか、なんでこんなに女の子居てんの?(笑)」

「分からん(笑)」

「で、どうする??ホテルに僕と女の子と二人で取りに帰ろか??」

「そやなぁ〜ちょっと様子見て、値段次第でそうしよか」

「女の子に借りてもええしね」

「そやな」


P10.jpg


↑このスーパーサイヤレディは、D水さんがPBした子

また19才とか言うてたと思います。


D水さんは、元ヤンレディース系のスナックで働いてそうな美人が

好みなので。。。

「ちょっと若すぎた〜」

と、店を出るなし、言うたはりましたけどね(^^;)



で、僕の方はというと。。。

これまた微妙な感じで(ーー;)


優しい子でしたし、Hの方もなかなか反応がナチュラルで良い感じで、

相性も良かったんですけど・・・

なんか全体的に・・・微妙っていうか・・・(ーー)

いっしょにご飯食べてても楽しくないなぁ〜と(^^;)


みんなで食事を済ませ、他のテーブルに来ているお店の子も居て、

挨拶をしたり、「かんぱ〜〜い!」ってなことがあったり。。。


でっ!チェックビンっ!!

「やっぱり二人の全財産足しても、800Bほどお金足らへんわ!!」

「どないしょっ!!!」

なんて言ってると。。。


連れてきた子らが、不足の800Bを「出しますよ(^^)」ってことに!


で、食べ残しというお土産を持って、お店に戻って、

バーの前で女の子に1000B渡されて、「私をPBしてくれ、帰りたいっ!」

と頼まれて、お店に入ってPBした後、ソンテウに乗ってホテルへ(^^)


まぁ・・・そのソンテウ代も女の子持ちでしたが(^^;)


二人共一銭もなくなったからね(^^)


で、ホテルに戻って、疲れきってるD水さんの「解散っ!!」の号令で、

部屋飲みすることもなく。。。


パタヤの初日・・・

ながぁ〜〜〜〜〜い一日は終わりました(^^)




posted by 鴨葱 at 12:00| Comment(2) | 訪タイ10回目(鴨葱inパタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

初日 WS 横に座られ、追い込まれて、撃沈っ!

初めて訪れたパタヤの風景に、胸を躍らせてドキドキしてた僕は、

初訪タイした時と同じような気持ちになってて。。。

WSまでの道中、行き交う人々を眺めながら。。。

パタヤ。。。

どんな世界が待ってるんやろか〜〜!!

楽しみすぎるがなぁ〜〜〜!!


って感じで、WSを看板を潜り、向かうわ一軒目。。。


バカラへ

「とりあえずバカラ行きましょか?」

「バカラ?どこでもええよ」


ソイカのバカラを知らないD水さん。。。

今回で、訪タイ9回目なんですけどね(^^)

行く気もないとこに興味なしっ!てな潔さが凄いです。

ナナプラも初回に1度見学に行ったきりだと思うので、

「レインボー」と言っても分からないと思います。


ただし、逆にタニヤ漬けの男であって、タニヤを歩くと、

あっちこっちから「パパ〜〜来てたの〜??」と、声をかけられる。

本人は、本気で嫌そうだけど(^^)


そんなD水さんの初パタヤ

英語はもちろんタイ語もダメなD水さんは、

「ハードル高いって(^^;)」っが口癖のようになってて。。。

「バカラには日本語話せる子居てるやろか?」

「さぁ〜呼んで聞いてみやなしゃ〜ないで」



バカラに入ってカウンターとトイレのある一番奥の席に案内される。

「こんな席あきませんね〜選ばれへんがな」

「ちょっと見えづらいわな(ーー;)」


とはいえ。。。超満席で他に座る席なし

女の子のレベル 星★★★★☆

「調査によると、この店はPB800B、朝まで5000Bが妥当なことみたいですわ」

「そうかぁ・・・結構すんな。。。みんな日本語無理やろか」

「さぁ〜〜どないですやろ」


5分もすると、女の子がD水さんの横に、勝手に座って、

「一杯いいですか?」との催促。。。

D水さん、基本嫌とは言えない性格で、「なんでやねん?」と、

言いつつ一杯進呈、そのままペイバーの催促へ移行し、

結局、店を出るハメになって(^^;)


次のお店へ

名前は忘れたけど、ポケモンみたいな衣装で踊ってまして、

衣裳の好みはさておきまして、

超満席で女の子のレベル 星★★★★☆

ただ、やっぱり座る席に恵まれず。。。


横に座られ、追い込まれて、D水さん撃沈


「D水さん、追い込まれたら、あきませんね〜」

「俺、Mやから、どうしてもこんな感じになってまうねんわ」

「(笑)」


ここでN君から連絡をうけ、合流っ!!

ビーチクラブ、

ハッピー

スーパーガール

を覗いたと思いますが、座るに至らず。。。

「後で来ようかぁ〜」ということで、


Iron Clubへ入店。

満席で女の子のレベル 星★★★☆☆

三つ半でも良いくらいかもしれませんが、ほとんど見れず。。。

また席に恵まれず、4人で一番奥の席に(ーー)


それぞれに、呼んでもないのに女の子が4人営業に現れて、

1人がドリンクを承諾すると4人がOKってな感じになって、


横に座られ、追い込まれて、全員で撃沈(^^;)


「次行こっ!次っ!!」

ってことで、「そろそろ本腰で探そう〜〜!」という掛け声のもと。。

「ず〜〜〜と本腰でしたよ!!」というお決まりのセリフで頷き合い、



本命のセンセーションへっ!!

満席で女の子のレベル 星★★★★★

ここは超満員でありながら、ステージ正面の後列に陣取ることができ、

「ここで決めましょっ!!」ってことに(^^)

「参考までに、PB1,500B、朝まで5,000Bやと思いますよ」

「PB1,500Bって、えらい高いんちゃうの?」

「高いですよね・・・ほぼ倍やもんね」


ただし、女の子の数は、約120名

6回転するそうで(^^;)

一同。。。

「そらまた、よ〜〜〜け居てんねんなぁ〜〜」と(^^)


それぞれに気に入った子を隣に呼んで、トークタイム!


僕も良いなぁ〜と思う子を呼んだんですけど、

席を外した途端に、服に着替えて違う男に連れられて行きました。。。

もうすでにカスタマーが付いてたのね(ーー;)


他にももうひとり。。。

小柄で目が合うと笑顔が可愛い子に心が惹かれたんですけど。。。

惹かれたんですけど・・・呼んで話すほどか・・・とか、

呼んだら呼んだで、多分PBするやろなぁ〜とか、

サヌークさんみたいに、ゆっくり探したいしなぁ〜とか、

そもそもPB1,500Bって高ないかっ!とか。。。


D水さんも三人ほど呼んで話してたようですが、

「日本語あかんから、無理やって。。。」

ってことで、日本語話せる子をリクエストするも、一人しか居らず、

容姿も巨漢で。。。見ただけでリリース(^^;)


「120名も居てて。。。どないなっとんねんっ!!」ということで、

チェックビンっ!!


次に向かうことに(^^)
























posted by 鴨葱 at 08:00| Comment(0) | 訪タイ10回目(鴨葱inパタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初日 ソンテウ

今回、僕たちが泊まったsoi6 1/2にあるディスカバリービーチホテル

にチェックインっ!!

新館と旧館があって、僕らは新館のホテル




チェックイン後、前日入りしているN君&たっかんと連絡っ!

ご飯を二人で食べるらしく、


「鴨葱君、どうする?」

「14時間も妄想とお預けくろてるから、先にWSに行くわ〜」

「そう〜了解です(^^)」

「腹減ってんねんけど・・・PBしたおね〜さんとでも食事しますわ(^^)」

「じゃ〜後で合流しましょ!」

「はいよ〜」



てな訳で、せっかくのお誘いでしたが、これ以上のお預けは精神衛生上

良くないとの判断で、お断りして(^^)



いよいよWSへ向かうためビーチロードへ



「D水さん、ソンテウってすぐにわかるんやろか?」

「わかるん・・・やろ・・・簡単やって何かに書いてたで」

「うん。。。書いてたね。。。僕も見たけど」


ってな話をしながら、ビーチロードへ出る10mほど手前で、


プーっプー!!!


クラクションの方を見ると、ソンテウであろう車の助手席に乗ったおっさんが、

僕たちの方を見て、「はよ乗れ〜乗れ〜〜」のジェスチャー(^^)


「そっ!!そんな感じなんっ??」


ってな感じで乗り込むと、すぐに走り出すソンテウ。。


「D水さん、なんかしらんけど乗れたね(^^;)」

「何なんって感じやけど、乗れたな(^^;)」


海岸沿いを走る道中。。。

初めて潮風を感じるタイ。。。

次々に乗り込んでくる乗客たち。。。

様々な国籍を持つ者たちで乗り合うソンテウ



僕の前に座る若い娘と母親であろう現地タイ人親子

この母親は娘に、パタヤという夜街をどう説明してるんやろ・・・

大阪には、信太山や飛田新地なんかもあるにはあるけど。。。

僕の近所には、そういう大人の繁華街がないわけで、

ってか、スナックさえないからね(^^;)

大阪とは思えん田舎臭さを残しとるから(^^)

余計、そんなこと思うんかな(^^;)

今から女の子を探しに行く男が言うことではないけど。。。

この子がもし僕の娘ならパタヤをどんな風に説明するんやろか・・・

ってか、わざわざ説明せんでもええか(^^;)


ってなことを漠然と感じながら、

気持ち良い潮風をうけ、走り続けるソンテウ


「鴨葱、気持ちええなぁ〜〜〜!!!」

「D水さん、最高ですなぁ〜〜!!!」

「ええとこ、連れてきてもうたわ〜〜」

「いやいや〜まだ何もしてないけど、ええとこでんなぁ〜」


潮風を感じながら気持ちよく、やや乱暴に走るソンテウ

大きめのトゥクトゥクって感じでしょうか(^^;)


「WS手間にきたら、ブザー鳴らしておりますよ」

「よっしゃ」


WSのちょっと手前で、誰かが鳴らしたブザーでみんなが降りていく。。。


僕らもここから歩こかぁ〜てな暗黙の頷きで降りることに(^^)



いよいよ。。。

待ちに待った。。。

WSのゲートを。。。

潜ります。。。。(^^)v





posted by 鴨葱 at 08:00| Comment(0) | 訪タイ10回目(鴨葱inパタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする