2012年05月21日

訪タイ四回目(1) 【序章】

それでは、訪タイ四回目 出発前の【序章】です(^^)


今回は昼間も女の子と過ごすつもりですから、

デート気分で出かける場所も探してみました。


小さな離れ小島 【コ・クレット】への小旅行!!


二人に提案しましたところっ!!


「どこやねん??そこ??何があんの??」

「・・・・・・・」

「どうやって行くねん??ちょっと遠〜ないか??」

「・・・・・・・」


と、観光好きな二人にさえイマイチな評価でした・・・(ーー)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)


にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ







三回目の帰国後もタイボケが抜けず・・・

ポッケェ〜〜!とした日々を過ごしておりました(^^)



それも月日が過ぎれば、自然と現実に引き戻されるわけですが、

今回は四回目の出発を想像しては。。。

ニタニタニタニタ

「次はもっと楽しめるはずっ!」という期待に妄想が膨らみ、

前回の訪タイで掴んだ自分なりの楽しみ方に胸を躍らせ、

一皮剥けたような気持ちで次回の訪タイを心待ちにしていました。


当然!!!

気に入った子が見つかれば、ずぅ〜といっしょに過ごすつもりでした。

ん??元い。。。

「過ごせればいいなぁ〜」、「そんな子が見つかればええなぁ〜〜!」

と思っておりました(^^)






いよいよ出発前の打ち合わせ。。。

いつも通り豆太の家に三人で集合!!


日程は今回は四泊五日。。。


豆太も先輩も休みさえ調整すれば一週間は滞在できるそうで、

「鴨葱!もっと休み取れんか??」と、そんな希望もあるようでしたが(^^;)


そんな要望は、サラァ〜〜〜と受け流して。。。これ以上は無理やしっ(ーー;)


日程もホテルもそれなりに決まり、打ち合わせは順調に進みました。

ただ。。。三人の遊び方に違いが見え始めていました(^^;)


「先輩、今回はどうするか決めてますん??」

「一応、決めてんで!」

「どうしますの??」

「初日はカラオケ、ほんでワンかな〜〜って。。。」

「確かに先輩はワンちゃんと居る時が一番楽しそうやね!」

「そうか!!豆太はええとこ見とるなぁー」

「まぁー喧嘩ばっかりやけど(笑)それが逆に合ってる気ぃするしね!」

「せやろか!ほな、やっぱりワンやな!」

「僕は新規の方がええと思いますけどね!」

「そう??」

「もちろん!ワンちゃんと仲直りしてるんやったらいいんですけどね!?」

「ん??仲直り??・・・なにそれ?」

「おもっっきり!怒られてましたやん!?」

「あぁ〜あんなん問題ないよ!」

「そっ。。そうなん??仲直りしたんや?!・・・」

「別にしてへんけど、大丈夫!大丈夫!!」


「それより鴨葱はどうすんの??黒服子か??」

「ううん、僕は新規です!」

「黒服子、あかんか?」

「彼女がどうとかいうよりゴーゴー巡り&新規の子って感じですな!」

「そうか!!新規か??ほな、カラオケ行こうや!」

「え??聞いてた?ゴーゴー巡りしたいねんて!豆太と行きなはれ!」

「えっ??・・・マジでか・・・」


「ほな・・・豆太、行こうや!」

「俺はブサ子が居るし!初日の夕方五時にバーへ迎えに行くねん!」

「えっ?それからずぅ〜〜〜と帰るまでブサ子かいな??」

「そうやで!!初日に全額ペイバー代払ってゴーゴーは終了!」

「マジでか??思い切りのええやっちゃなぁ〜!」

「うん!違う子いく気ないしね!!朝から晩までブサ子と居るわ〜♪♪」

「ふぅ〜〜〜ん!すごいな(^^)」

「で??・・・ほな・・・俺は誰とカラオケ行くねんな??」

「・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

「女の子選ぶだけやし・・・一人で気楽に行けまへんか??」

「いやいや一人はキツイって!!ナナからソイカで限界!」

「・・・・・・・(苦笑)・・・・・・・」

「・・・・・・・(苦笑)・・・・・・・」

「まぁ〜確かに・・・カラオケに一人って寂しいわな(^^;)」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「ほな!僕も行きますわっ!酒屋で両替もしたいしね」

「よっしゃ!ほな鴨葱!頼むで!!」

「うん!僕ももう一回カラオケに挑戦してみますわ!!(^^)」

「ちゃんと要領よく行けるように調べとくわなっ!」

「うん・・・でも行く店決めて行くんやったら、その店教えて下さいね!」

「よっしゃ〜!鴨葱もネットで女の子選ぶんか??」

「迷わんように店探しときまんねんっ(笑)」



と、まぁ〜そんな感じで、

豆太はブサ子と擬似恋愛

先輩はカラオケで新規探し&ワンちゃん

僕はゴーゴーで新規探し



と、まぁ〜いう風に、二人もこれで三回目の訪タイですし。。。

それぞれの成長と共に、遊び方に違いを感じるようになっていました。


そしてこうなると。。。。

それぞれが遊びたいように、一人で行動するしかありませんわな(^^;)


今回は付き合えても、次回、その次、そのまた次と。。。。

結局、一人行動が無理なら。。。

そろそろ三人ってのも限界かなぁ・・・って感じになってしまいますしね・・・

それに僕自身も。。。「一回、一人で訪タイしてみたい!」

という気持ちが大きくなってたんだとも思います(^^)

この頃は、とにかく。。。

二言目には「一人で行ってみたい!」と豆太と話していましたし、

豆太もそう思っているようでした(^^)

お互いに行きたい場所へ行きたい時に行けない窮屈さってのを

感じてたんだと思います(^^;)



と、まぁ〜そんな訳で。。。

タイ滞在中の過ごし方や遊び方に『違い』がハッキリし始めた頃ですな。


ただ。。。この先、どうなるにせよ。。。

「今回は先輩を少し鍛えやんとあきませんな!!」

と、そんな思いを抱いて、四回目出発当日を迎えました。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 14:56| Comment(2) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

訪タイ四回目(2)豆太がブサ子に決めたわけ!

毎度のように関空初の夜中便で出国っ!!

フライトは、約六時間ちょっと。。。

その間、いろいろ妄想したり友達と話し込んだり・・・


まぁ〜要するにヒマですわな(^^;)


そんなフライト中の何気ない一コマ


【豆太がブサ子に決めたわけ!】です。




その前に。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ






何度も書いてますが、今回は同じ子と全日過ごすつもりですから、

最初の女の子選びは重要ですわな!!

でも自慢じゃないけどモテたこともないし、

騙すより騙されるタイプやし・・・(ーー)

当然いっしょに過ごしてみないと分からない事はあるわけですが、

出来れば・・・慎重に無駄なく見つけたいってもんです。


で、僕以上にモテたことがないはずの豆太・・・

豆太は帰国後もブサ子と電話で話したりして、

擬似恋愛モードへ突入っ!!


「一足お先〜〜」ってな余裕顔が、にくそいっ!!



そんな豆太に。。。

愚問と知りながら・・・素朴な疑問が頭を過ぎる。。。

豆太はなんで今回もブサ子に決めたんやろか??

その決定打はなんやったんか??

・・・また・・・そんなモノがあったのかどうか??


フライト中のヒマ潰しに豆太に聞いてみた。


「豆太〜なんで今回もブサ子にするんや??」

「えっ??どういうこと??」

「ん〜上手く説明しにくいんやけど・・・どこが良かったん??」

「ブサイクやのに!!ってか??」

「ちゃうがな!ブサ子がブサイクかどうかはもうええわ!!」

「えっ?そうなん??」

「お前が気に入ってたらそんでええがな!」

「うん。。。まぁな。。。」

「聞きたいのは、今回もブサ子にする理由やん」

「理由??理由かぁ・・・」

「そう!!最初は好みでって感じやろうけど。。。」

「今回もブサ子にする理由なぁ〜」

「そう!なんか決定打的なブサ子のええとこ!あったんかなぁ〜と思って!」

「うん!まぁ〜な〜ニヤニヤニヤニヤ〜」

「やっぱりあったんや!!何??なに?ナニ??ニヤニヤしてんと教えて!」

「しゃ〜ないな〜」

「うん!うん!!うん!!!」

「実はブサ子なぁ〜〜」

「うん!うん!!うん!!!」

「足の爪切ってくれてん!」

ムフフフフ〜〜しかも10本全部っ!どんなもんじゃぃ!!


「・・・・・・・・・・・・」

「あれ?あれ?まさかの無反応・・・」

「・・・・・・・・・・・・」

「あれ??鴨葱!聞いてる?寝んなって!!」



豆太・・・お前の弱点は足の爪やったんか・・・

そっ・・そんなヤツ。。。初めて聞いたわ。。。



それでは今回もスクンビットのホテルにチェックイン!!

いよいよ!メインのナイトライフです。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:27| Comment(2) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

訪タイ四回目(3)ジャーマンビア

ホテルを出発しナナに向かう道中。。。

今回初めてジャーマンビアに立ち寄りました。

ご存知の方も多いとは思いますので詳細は端折りますが、

まぁ〜要するにファラン御用達の援交カフェですね!


これまでの訪タイで豆太も丸森先輩もテーメーには縁が

ありませんでしたし、早い時間からやってるジャーマンビアへ

行ってみることにしたんですな!


それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ






「どこにあんねんな??そのバー?ビア?カフェ?この際なんでもええけど!」

「・・・多分Soi7あたりを曲がって、すぐのはずやねんけど(^^;)」

「あ!あった!あった!ここやわ!!」

「ここ??・・・なんかアウェイな感じで入りづらいな・・・」

「ホっホンマやな・・・な〜んかちょっとヤな感じ・・・(ーー)」

「まぁ〜初めてやからそう思うだけやって!入ってみまひょ!」



店内に入ると思ってたよりフロアーは大きくて、まだ夕方なのに人も多い。

僕達は空いてる席に座り、バーテンダーのおばちゃんにドリンクを注文。


「それじゃ〜今回の訪タイを祝して〜」

『かんぱ〜〜〜〜い!!』



ドリンクを飲んで少し落ち着いて、ゆっくりと女の子を観察。

テーメーのように不自然に立っているという感じではなくて、

女の子達もカウンターに座ってドリンクを飲んでいる。

テーメーよりも自然な感じで。。。

「こっちの方がええがな!!」という率直な感想!!


ただ年齢層が高くレベルはやや低い。。。

『なるへそ〜!確かにファラン好みの子が多い気がすんな〜』

と、知った風な顔で納得してみる(^^)


ん??そう言えば。。。

そんな子が好みのアホぉ〜が一人。。。僕の横にも座っている。。。


「おいおいおい!よぉ〜け女の子居てるやんか!」

「ホンマですね。思ってたよりキャパでかいっすね〜」

「なぁ〜鴨葱?ここってどんなシステムなん?」

「テーメーといっしょで個人交渉ですわ」

「ふ〜〜!ん??さっきからあの子とめっちゃ目ぇ合うんねんけど。。。」

「どの子ですん??」

「ほら!あの子!!こっち見てるやろ??」

「まぁ〜あれは・・・【後輩の後妻のおかん】って感じやけどね」

あんたはペタジーニ的なエロをお望みか??


「うわ!また俺のこと見てるで!」

「・・・・・・・・・・・・」

「いやっ!こっちの子とも目ぇ〜合うがな!どないなってんねん??」

「・・・・・・・・・・・・」

「なぁ〜鴨葱、この子ら全部OKなんか??」

「まぁ〜あんたがキモい!って言われへん限り(笑)」

「・・・てか、おぃおぃおぃ!ちょっと待ってや〜!みんな俺のこと見てんがな!」

「・・・そ〜なん?(笑)幸せな人やな!」

「いやいやちゃうって!ホンマにずーっと見てんねんて!!」

「分かってるよ。そやけどそれは先輩が見てるからちゃうの?」

「え??そうなん??でも目ぇ〜合っても反らせへんで!!」

「そら〜いちいち反らしてたら商売にならんやんか(^^)」

「いや!また合ぉ〜たわ!!うわっ!こっちもや!!」

「え??・・・あの若い子は僕の事見てるんちゃう?」

「ちゃう!あの子も俺を見とるよ!!」

「そ〜ぉ?・・・僕と目ぇ〜合ってるけどな〜」

「いやいや・・・俺を見てるって!絶対や!!」



「なんも・・・全部先輩じゃなくてもええんとちゃうの?・・・」

「なにがや??」

「こっち見てたら一人占め!みたいな事言わんと、僕にも楽しまして〜や」

「・・・俺を見てるんやからしゃ〜ないやん・・・」

「・・・そんなモン誰見てるか分かるかぃな!」



「・・・で?・・・実際のとこ・・・ナンボくらいやろ??」

「さぁ〜ショートでB1000とかB1500とかちゃうの?」

「ホンマに〜??」

「多分・・・でもちゃんと話しせんとあかんのちゃうかな??」

「日本語話せる子おるかな?」

「・・・ここにはまず居らんやろね〜」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「でも気になるんやったら聞きなはれ!」

「いや〜やめとくわ。。。」

「・・・僕は聞かへんよ。そろそろ自分のことは自分でやりや!」

「。。。そっそうなん。。。」

「英語だけの眉子でも、どうにかなってますやん?」

「うん。。まぁ。。ジェスチャーやけどな」

「ほな、ジェスチャーでええやん」

「うん。。。まぁ。。。」

「僕の英語も大概デタラメやねんし!雰囲気!雰囲気!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


今回の旅行は本当に必要な時にだけ手を貸す。

そう言う旅行にしよう!と決めてきた。


まぁ〜ここはちょっとハードルが高かったかもですが(^^;)



それでも先輩は。。。

自分を見てる(本人談)女の子たちがおもろくてしゃぁ〜ないようで、

「あの子も見てる!」「この子も見てる」!とブツブツブツブツ言いながら、

周りをキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロ・・・・

その様は絵に書いたようで・・・「初めて来ました!」と一目で分かる(^^)


ジャーマンビアに入って四十分が過ぎた頃。。。

「もう五時やし〜そろそろナナ行きましょか?」

「え?豆太〜ちょっと待ってや!なんか後ろ髪引かれるわ〜」

「声掛けますの??」

「いや・・・どうしよ・・・」

「早よ決めやな、ほっといてナナ行くよ」


先輩が声さえかければ、あとのフォローはするつもりで、

さりげなくじっっっと待ってみる。。。


先輩は悩みに悩んで・・・迷いに迷って・・・

どんなけ考えんねんなっ?!ってくらい考えて・・・


最終的には豆太から。。。

「グズグズグズグズし過ぎやって〜〜俺だけでも行くで!!」

「もうちょっと居らしてぇ〜な??」

「無理!無理!!中途半端な先輩待ってたら明日なるわっ!」

「居るんやったら鴨葱と居り〜な」

「いや!それはないわ!僕も行くで!!」

と、タイムアップ!!


結局、誰一人声を掛けることなく退散する事になりました。

先輩も「声を掛けたいけど掛けれない・・・」っていうんじゃなくて、

ほんまに後ろ髪を引かれてるだけのような感じですし(^^)


豆太的には早くナナへ行ってブサ子と会いたかったんでしょうな。

イライライライラしてましたから(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:44| Comment(0) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

訪タイ四回目(4)丸森先輩のタニヤローラー作戦 T

ジャーマンビアを出たあと、ナナへ到着した三人。

約束の五時より三十分遅れで来た豆太を待つブサ子は。。。

「遅いよぉ〜〜!豆太ぁ〜〜!!」

と、この日を心待ちにしてた事が手に取るように分かる嬉しそうな笑顔!

が・・・

微妙なキモさで残念です(ーー)



でも久しぶりに会ったブサ子は元気そうで、そんな彼女の笑顔を見てると

僕も嬉しくなったりして。。。

遠い異国のタイに自分が来るのを心待ちにしてくれてる女が居る!

ってだけでも。。。豆太がちょっと羨ましく思えて(^^)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ





僕と先輩はこのままタニヤに行くには少し早いってことで、

二人でオープン前のゴーゴーを見ながら中庭のビアバーで

ボケっ〜〜と過ごしておりました。


しばらくすると。。。

どこからともなく現れた女の子とゲームで遊び始めた先輩。。。


僕は気にせず周りの景色を見ながら、そのままボケっ〜〜〜と。。。


ふと気がついて・・・時計を見ると六時半・・・

あかん!ボケっとし過ぎた(^^;)


「先輩!そろそろタニヤ行きましょか??」

「えっ?あぁ〜うん・・・ちょっと待って!」

「・・・・・・・・・・・」


ゲームを楽しむ先輩は、なんか・・もの凄く楽しそうで(^^)


「そろそろ七時前でっせ〜〜」

「えっ?あぁ〜うん・・・ちょっと待って」

「タニヤ行くの??どうすんの??」

「うん・・・ちょっとゲーム中で。。。これハマるわ!(苦笑)」

「・・・じゃ〜僕はゴーゴー行ってきますね〜(^^)」

「えっ?えっ??えっ???あかんて・・・タニヤ行こ行こ!!」

「ほな!早よせぇ〜〜ちゅ〜〜ねんっ!!」



タクシーでタニヤに到着し。。。

酒屋で両替を済ませ、今回も用意してきた手書きの地図を見ながら

歩き始める先輩。


「ちょっと見てみ!この地図!!」

「んっ?。。。!!!!!!!!!!」


そこには店の名前と場所、女の子の名前と番号、日本語の可・不可。。。

女の子は好みの順にランキングされ、店までの地図もバッチリ書き

込まれている。


「鴨葱!これで完璧やろ??どんなもんじゃぃ!!」

「うん。。。なんて言うか(苦笑)スゴイですよ。。。」

「そやろ!こんなけあったらサクラもヘタクレもないで!」

「うん。。。そやね。。。今夜の先輩は、なんか刑事みたいやで(^^)」

「おぉ!名づけて【タニヤローラー作戦】や!!」

「あ・・そうなん・・・名づけたんや(^^;)」

「我ながら完璧の作戦やで!」

「そうでんな(^^;)」

「お店入って、番号を言うて、居らんかったら次々行くからな!」

「よっしゃ!」

「ほな、一軒目はランキング一位の子が居る店からな」

「あぁそうか!カワイイ子の居る店順にルートも決めてんのか(笑)」

「あたり前やがな!」

「へぇ〜〜〜〜いろんなやり方あるんやな〜」

「でもな、写真とちゃうやんけ〜〜って場合もあるやろし!」

「ホンマは日本語喋られへんのかぃって場合もあるやろし!」

「ショートだけって子も居るやろし!」

「うん。。。なるほど。。。そこまでは分からんわな〜」

「そうや!そこはちゃんと会ってみやなな!」

「へぇ〜〜〜!前回とは大違いの成長ぶりやんか!!」

「うん!そやろ!!これやったらムダなしやで!!」

「うん!ホンマやね(^^)」

「よしっ!ほな一軒目行くどっ!!」


そんな訳で、先輩渾身のアイデア 【タニヤローラー作戦】で、

一軒目に入店です。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:37| Comment(0) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

訪タイ四回目(5)丸森先輩のタニヤローラー作戦 U

前回の反省を踏まえて。。。

出発前、ネットで下調べした女の子の情報を頼りに、

先輩なりの試行錯誤 【タニヤローラー作戦】が決行っ!



ぶっちゃけ作戦の成果より。。。

先輩がネットで選んだ女の子はどんな子か??

そればかりが気になって・・・

先輩には悪いけど。。。もう笑う準備ができてたで!(^^)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ







ランキング一位の一軒目に入ると。。。

まだ店は準備中〜といった感じで、女の子が揃ってない様子。

「いらっしゃいませ〜〜」の声も聞かず。。。

先輩は早足で女の子が集合しているボックス席へ一直線っ!!!


そして。。。

仁王立ちっ!


メモ書きを顔の前に持ち、大きな声で!!!

「No.ホニャララ〜のチョメチョメちゃ〜〜ん!!いらっしゃぁ〜い?」

と、桂三枝のモノマネで髪をかきあげた(^^;)


「・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」


あっか〜〜ん・・・おっさん無茶するで!!完璧にスベっとるがな!!

僕は見てはいけないモノを見てしまったような気がして(笑)

一歩後退・・・も・・・かなり恥ずかしい気分(ーー)


先輩の声で店の奥からママさんが出てきて・・・

「彼女まだ来てないナ!でももうすぐ来るっ!!ホントです!」

「そう・・・鴨葱はどうや??ええ子居るか?」

「うん・・・まぁ選べるけど・・・次、行きまひょ〜」

「そうか・・・ほな、ママさん!後でまた来るわっ」

「はい!でもホント・・・すぐ来ると思いますナ〜」

「よっしゃ!じゃ〜またすぐ来るわ!」


外へ出た先輩は、呼び込みの声もなんのその・・・

地図を見ながら突き進みランキング二位の二軒目へ!!


「先輩!タイ人に桂三枝はあかんて!スベっとるがな!」

「いや〜なんか焦ってもうて、いつものクセが(笑)」


二軒目に入ると、鋭い眼光で店内を確認し一直線でお姉さんの前へ!!

汗が流れる顔の前でメモ書きを持ち、何かを発表するような大きな声で〜

「No.ホニャララ〜のチョメチョメちゃ〜〜ん!居てるかぁ〜?」

と、さっきと同じ下り・・・(ーー;)


あかん・・・これやったら三枝ちゃうだけでさっきといっしょやがな!

しかも小太りのキモい田舎っぺ大将〜って感じやし(ーー;)


完璧に空気がスベっとる!!


僕は友達じゃないよ〜的な雰囲気で。。。三歩後退・・・


結局。。。ここにもランキング二位の子は居らず・・・

「ママ??彼女っていつ来るん??」

「分からないナ〜でも、ほかの子もカワイイよ!」

「鴨葱!・・・・あれ?鴨葱??どこ行った??」


僕はドアの前で「うん」と頷いて店を出た(ーー)


外へ出てきた先輩は、足早に歩き出し・・・ってか小走りやね(^^;)

「急ご、鴨葱!!もっかい一軒目に戻るわっ!」

「・・・うん」

「すぐ来るような事言うてたし、なんちゅ〜ても第一位やしなっ!!」

「・・・でも、ママさんに普通に聞いた方がええで」

「え??なんでや?この方が分かりやすいがな!」

「いや・・・完璧スベってますやん・・・」

「え??今のはウケ狙ってへんで??」

「三枝知らん人らに、三枝止めても一緒やんか??」

「・・・ん?・・・あぁ〜〜そうか(笑)」

「それに・・・あれはどう見ても田舎っぺ大将にしか見えへんで!!」

「アホなこと言うなや〜(笑)。。誰が田舎っぺ大将やねんっ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・ホンマにか?・・・・・・」

「・・・・しかも汗ダクでキモいし・・・・」



一軒目に戻ると、さっきのママさんが出てきて、

「彼女!来たナ!!今メイク中ナ〜ちょっと待って下さい」

「よっしゃ〜〜!!!!一位ゲットやでぇ〜〜!!!!」

「うん!戻ってきて正解でしたね!!田舎っぺ大将目撃されてないしね(^^)」

「やかましわっ(笑)でも座る前に彼女、見たいとこやけどな。。。」

「まぁ〜よろしいやんか!とりあえず座りましょ!」

「うん。。。」

「アナタはどの子、しますか?」

「えっと〜〜〜〜!この子でお願いします〜」


さぁ〜いよいよランキング一位の登場です!

先輩が選んだ一位ってどんな子やろか??

想像するだけで・・・既に顔はニヤけてたで(^^)

僕達は席に案内され、一位が来るのをドキドキしながら待った。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 11:00| Comment(2) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする