2016年10月07日

三日目 ロングの終わりって?

解散した後。。。

ベットでちょっと休憩しながらイチャイチャタイム〜!

彼女が先にシャワーを浴びて、いよいよブンブン〜!


置屋の子のブンブンとは??ってな期待と不安でスタート!!


もっ!!これがまた。。

生尺、玉攻め、乳首、と結構な口撃で、騎乗位では、腰をフルフル!!

気持ちも盛り上がって〜〜〜ってことで、攻守交替!!

ホント・・・楽しいブンブンでした(^^)

まぁ〜ブンブンの好みは個人差がありますし、そのくらいにして。。。



翌朝、8時頃。。。D水さんと朝食会場へ

一緒に、昨夜のベラも来てて、

「このまま居らすの??」

「いやいや・・・帰らす、帰らす!!」

「(^^;)・・・今夜は??」

「鴨葱は??」

「僕はこのまま彼女ですかね〜〜まぁ〜考え中やけど(^^)」

「D水さん、探すなら喜んで付き合いますよ(^^)」

「いや・・・俺も今夜もこの子でええねんけど・・・」

「そうなん!?ちょっとシクったかも〜って言うたはりましたやん?!」

「まぁな・・・そやけど、今夜も待ってる!って言いよるしやなぁ〜」

「。。(笑)。。とりあえずは、帰しますねんね?」

「帰すよ!でもな10時にならな帰られへんって言いよんねん」

「なんでなん??」

「知らんっていうか、家に入られへん!とかなんとかそんな感じで」

「ふ〜〜ん。。。」

「ちょっと聞いて〜な。。。はよ帰ってはほしいねんしっ(ーー;)」


「ベラちゃん、どこに住んでんの?」

「へ??バーに住んでるよ!」

「えっ〜〜〜〜!!あんたバーで寝てんの??」

「そうよ。」

「みんな??」

「う〜〜ん。。アパートに住んでる子もいるけど。。みんなバーよ」



マジか・・・だから置屋っていうの??



・・・『置屋』って、そういう意味なん??



ってか、俺って天然かっっっ?!と自分を突っ込みたくなるような衝動と、

バーで寝泊りしているという驚きで、びっくりしてしもて(^^;)



要するに。。。タコ部屋かいなっ!



あんたら、なんでそんなとこで働いてんの??って気持ちと、

ってことは、ガウも10時にならな帰られへんのか??

っていうか。。。鍵ぐらい持ってへんのかいっ!?って疑問と、

いろんな情報と感情が交差して(^^;)


とりあえず、D水さんの部屋に戻って。。。

「今夜も迎えに行くからね〜」

「何時??」

「う〜〜〜ん。。。5時〜6時!!!」

「OK・ナ〜〜!!」

ってな、D水さんと妖怪人間ベラとのやり取りを見届けて。。。

一旦解散っ!


僕は部屋に戻って、寝ているガウにも聞いてみる事に。。。


「ガウ。。。バーン・ユー・テー・ナイ?」

(あんたの家どこなん??)

「アン??」

「バーン・パック・ユー・テー・ナイ??」

「アァ〜〜ン・・・バー・ナ!」

「(笑)」



そうなんや・・・(^^;)



彼女に何時に帰るのか?と尋ねる前に。。。

いろいろと聞いてみる事に(^^)

仕事は、12時〜深夜1時までの13時間労働

家はなく、ベラと同じでバーに寝泊りしているらしい。。。

実家には7才の子供と、マツコデラックス級の馬鹿デカイ

全然似ても似つかん妹も居てて・・・(写真を見せてくれたので)



なんか・・・彼女の境遇が想像できなくて(^^;)



ってな事を思いながらも、右手は乳を揉んだり摘んだりしてるんで、

「・・・・・・・ブンブンしたいか??」って言われて。。。

「こんな会話の後でな〜〜」との感情とは裏腹に。。。

「そ〜〜ぉ?!ちょっとする??」

でっ!!ちょっとだけやってみたりするわけですが。。。

おっぱいを吸いだしたころ。。。

正気に戻って!!

肝心の。。。

「じゃ〜何時までにバーに帰ればいいの?」

「12時までに帰れば良いと思うけど・・・」


そうか・・・12時から仕事やもんね(^^;)


「今日もPBしてくれるの??」

「うん。するよ」

「じゃぁ〜何時でもOKだと思うけど・・多分・・(^^)」


いや・・・一旦は帰って欲しいんやけど・・・(^^;)

ってか、できれば・・そろそろ・・帰りませんか・・・

って思ってはみたものの、心とは裏腹に。。。


「ほな、昼ご飯一緒に食べてからバーに帰り〜」

「OKナ〜〜!!じゃ〜まだ寝ててもいいの?」

「いいよ(^^)」




毎日、ブンブンしながら13時間労働はキツいやろなぁ〜と(^^)




僕は、この間に、プールサイドに行って、家族に電話したりして、

セブンイレブンでアイスカフェラテを飲んだりして。。。

11時前。。。

まだ寝ているガウを起こすように。。。

「D水さんとマッサージ行くけど・・・どうする?」

「ハァァァァァ。・。・。・鴨葱次第ナ〜。・。・。」

「ガウ次第でいいよ(^^)」

「行ってもいいの?」

「いいよ。そのままご飯に行けるし」

「じゃぁ〜行くっ(^^)」


ってことで。。。


マッサージを1時間した後。。。

セントラルフェスティバルのフードコートで三人で昼食を食べ、

ホテルまでD水さんと戻り、僕は彼女と一緒に置屋へ


店内に入って、ママさんにコーラを注文!

すると、ママさんがコーラの準備をしながらカウンター越しに、

流暢な英語で喋りまくられたけど。。さっぱりわからん。。(ーー;)

ので、「今夜もPBするなら、ず〜〜とPBしたらどうや!」

との申し入れかと勝手に判断っ!(^^;)


まぁ〜僕もそれを聞きたくてってな感じだったので(^^)


僕は、言いたいことをママさんに確認しながら、ゆっくり話していく。

「明日から二日間バンコク行くけど連れて行ける?」

「行けるよ!!」

「三日間ならバーに3,000B、彼女に6,000Bでいいの?」

「いいよっ!あっ!!帰りのパタヤまでのタクシー代はあげてね!」

「うん。。。わかった。。。」

「ガウは??いいの??」

「ママさんがOKなら私はOKだから。。。」


ママさんが、ガウにも同じ内容を説明している。

「2,000B×3日=6,000Bがあなたのものよ」と。。。

あれ??ガウ。。。あんたはなんで知らんの??

一緒になって聞いてるがな!?

「ママさん、なんでガウにも説明してんの??」

「・・・・(^^;)・・・ガウ、今日で仕事して6日目だから」

「マジか・・・」



とにかく。。。

ここでの即決はさけ、ママさんには「考えてみる!」とだけ答えて。。。

「夕方6時くらいに迎えに来るからね〜〜〜!」

「はぁ〜〜〜い!」



ってな感じで、僕の初置屋のロング体験が終わった(^^)





posted by 鴨葱 at 12:00| Comment(0) | 訪タイ10回目(パタヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: