2013年04月05日

訪タイ六回目 意気込み

今回は五泊六日。。。N君は三泊四日


 
一日目  夕方バンコク到着

二日目  一人

三日目  一人

四日目  夕方N君と合流

五日目  バラマンディ釣り

六日目  鴨葱 帰国

七日目  N君 帰国


というコトで。。。今回、前半は念願の一人旅っ!!


それに、前回の訪タイ五回目からは、約一年半ぶり。。。

うッひゃひゃひゃひゃひゃ〜〜!!

マンモスうれピーっ!!!とこっそり叫びたい気分です!!!



毎回一緒だった丸森先輩と豆太。。。


二人が邪魔やったとは言いませんが、一人で行動することに飢えてた僕は、

出発前からすっきりした気分を味わっておりましたっ!!



・・・と、いう事は、やっぱし邪魔やったんやね・・・多分ね(ーー;)







〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜








【2011年 9月23日 (祝) 秋分の日】


「ほな、行ってくるでぇ〜〜!!」

「ハイハイ・・・いってらっしゃ〜ぃ!あっ!!毎日電話してや!」

「う・・うん ・・・ 分かってるって(^^;)」

「なんやの??その ・・・ の『ま』は?」

「へっ??ナニ?なんの『ま』も・・ないよ(^^;)」

「ふぅ〜〜〜ん・・・まぁ〜いいわ・・気ぃつけて行っといでな(^^)」

「おぉ!!!留守は頼んだで(ーー)」


「うん!!あっ!鴨葱君、メガネ持った??」

「おっと!あぶなぁ〜!メガネ!メガネ!!よう言うてくれた(^^;)」

「前に忘れた言うて、エライ凹んでたやろ??」

「えっ??凹んでた?そうやったかな?(^^;)」

「うん。。。景色が見られへんから難儀したわ〜!言うてたやん?」

「へぇ〜〜景色が・・・そんな事言うたかな・・・(急に汗が・・)」

「えぇ〜??鴨葱君、メガネ忘れて困ったって言うた事忘れたん?」

「いや・・・それは覚えてるんやけど。。ほら。。景色とか。。そっち(汗が大量に・・)」

「えっ?そっちって?どっち?・・・見た景色を忘れたん??」

「・・へっ?・・いや??・・ほら??・・・そ・・そう!そうやん??」

「そうって??ナニが??」

「えっ?・・いや・・ほら・・うっうわっ!時間ないわ!とっ・・兎に角行ってくるわ!」

「ああ。。。そう。。ふ〜〜ん。。。」

「じゃぁ〜達者で暮らせ〜〜!!」

「。。。うん。。まぁ〜ええわ!気ぃつけてねぇ〜〜!」




出発前の思わぬ不意打ち。。。

・・・というか・・・

自ら仕掛けた地雷を踏みかけた気分です(怖)




でっ!!

会社に寄り道して。。。

机に隠してあるタイ語をまとめたノートを取って関空へ!!




お気に入りのCDを聞きながら、関空までの道のりを走っていると。。。

段々と訪タイの実感が湧いてくる。。。


タイはもう目の前やな〜〜!!!

ニャハハハハハハぁ〜〜〜!!!


昨日までとは、明らかに違うモチベーションに浮き足立って。。。

非日常的は、時間の再来に吸い込まれそうになっていく自分。。。


おぃおぃおぃ!!

まだバンコクに着いてへんちゅ〜〜ねんっ!!!

ガハハハハハハハハハ〜〜!!!



訪タイが決まってから今まで・・・彼女への後ろめたさか・・・

嬉し過ぎるし〜〜!ってな感情を押さえ込んでた分だけ

関空へ向かう道中で、一人になった途端っ!!!

完全にスイッチONっ!!!



今回のスケジュールは、後半にN君と合流するという。。。

完全な一人旅よりも、むしろ僕には理想的な日程っ!!

それに、今回は、もうひとつの趣味でもある釣りもする。


そやけど・・・

バラマンディって写真で見ると大丈夫そうやけど・・・

雷魚もナマズもキモい、へなちょこフィーシャーマンやからなぁ〜


実物は、気色悪いんやろなぁ〜〜(〜〜;)


・・・そもそも・・・養殖池ってどんなとこよ???・・・

ホンマに・・・釣れるんやろなぁ〜〜

こっちには、アリバイがかかっとんねんっ!!!

頼むでっ!!!ほんまにっ!!!




そう!!そう!!!!それに〜〜釣りより何より。。。

女の子との出会い!!!これに尽きるわなぁ〜(^^)

前回の五回目からは、約一年半ぶりの訪タイやからなぁ!!!!


なんか・・・考えただけで・・・緊張してるや〜ん〜俺〜(〜〜;)


こっちもこっちで、へなちょこやからなぁ〜〜ぶっちゃけ(ーー;)

しかし・・・あっっという間の約一年半っやったな〜〜!!!

その間、個人旅行では、アンヘレスにも行ったけど。。。

治安、交通の便、女子レベルなどなどなど。。。

どう考えても。。。

アンヘルスよりタイの方に軍配が上がるのは、否めまへんで!!


デヘヘへへへへへ〜〜〜!!!!

もっっっのすごぉ〜〜楽しみっ!!



・・・・次回、いつ訪タイできるか・・・予定が立てへんしなぁ・・・・

一年半ぶりのバンコクやし。。。

前半は念願の一人旅やし。。。

バラマンディ釣りするし。。。。

タイ語も前回よりは、少しぐらいは成長してるはずやし。。。



な〜〜んか!!総決算って感じやんかぁ〜〜〜!!!



朝11時過ぎ発の便なので、今日の夕方にはバンコク入りかぁ〜〜!


初日の夜が勝負やなぁ。。。


そうかぁ!!今夜かぁ〜〜!!

エへへへへへへへ〜〜〜


どこから行こかなぁ〜〜〜!!

デヘヘへへ〜〜〜(^^)



ん??・・・・・・・そうか・・・・・・


今回は総決算かぁ・・・


・・・総決算なぁ・・・

・・そっ・・総決算って!!!!




ただの旅行やん!!

趣味っ!!趣味っ!!!!

そう思って肩の力を抜いてみる。。。んですけど・・・


あかん・・・出発前に・・・えらい事イメージしてもうた・・・ww

・・なっ・・なんか・・モノ凄いプレッシャーやがな・・・(自爆)


posted by 鴨葱 at 11:21| Comment(6) | 訪タイ6回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5泊中3泊1人ってうらやましいです。
その後に気の合う友達と合流したら楽しい報告会もできるし。

私は集団旅行ばかり、しかもなぜかガイド役ばかりで、、、自由時間が無くて、、、次こそは1人旅って思ってます。
鴨葱さんの行動、1人旅の参考にさせてくださいm(__)m
タイ語会話も書いてもらえるとすごく参考になります。鴨葱さんのブログで読んで覚えたタイ語、実際に使ってますよ(^^)v
Posted by ともぞう at 2013年04月06日 08:01
お久しぶりです。
2011年9月ですか。
私も同じ空気吸ってました。
2011年9月14日から26日までの12泊13日で訪タイしてたんですよ。
相変わらずの一人旅だったのでもっと早く知り合えていれば一緒に遊んだんですけどね。
この訪タイではスクンビットソイ33のGOYACULUBUに入り浸って、そこの女の子と2泊3日でサメット島に行ったりしてたんです。
もっとも、それじゃあ鴨葱さんの念願の一人旅が出来なくなっちゃいますね。
この先の記事も期待してます。
お元気で。
Posted by PhetKasem at 2013年04月06日 18:42
ともぞうさんへ

そうなんですよ!集団旅行もそれなりの楽しさはありますけどね〜!でもそればかりだとストレス溜まってしまいますしね!!かと言って完全な一人旅だと寂しいですしね(^^)

僕とともぞうさんは丁度いっしょくらいのどんぐりの背比べなんでしょうね!
それに・・・頂いてるコメを読んでると、なんとなく状況が似てますしね!(笑)

僕の一人旅が、ともぞうさんの参考になるかどうか(^^;)でもタイ語は参考になってるんですね!!ただし・・・独学ですので、もし間違ってたらスイマセンよ(笑)
Posted by 鴨葱 at 2013年04月08日 13:15
PhetKasemへ

そうだったんですか!!もっと早くタイムリーにブログを始めてたらよかったですね!!!!

現地で合流できたかも〜ですね〜(^^)

確かにPhetKasemさんとも合流してたら、一人旅にはならなかったかもですが、どちらかと言うと、毎度のお馴染みの三人組に飽き飽きしてた感じっていうのが、正直な気持ちだったかもしれませんので(苦笑)
へぇ〜〜〜〜〜!!!!女の子とサメット島ですか!!!!羨まし過ぎますわ!!!
Posted by 鴨葱 at 2013年04月08日 13:23
鴨葱さん こんにちわ。

「マンモスうれピーっ!!!」ってすごく年代を感じますねぇ。逆に今は旬かな?芸能界復帰した様ですし・・・。

何はともあれ念願の一人旅、おめでとうございます。私はいつも完全一人なので、鴨葱さんやともぞうさんの様な団体旅行もしてみたい気もします。初めてタイに行く人をアテンドして、一緒にタイに沈めてしまうのも楽しそうですねぇ。
Posted by nana3級 at 2013年04月10日 08:52
nana3級さんへ

いやぁ〜〜この時はほんとに一人旅に憧れてたというか・・・三人で行けば行くほどストレスを感じてましたし・・・nana3級さんのように一人で行かれてる方が、羨ましくてしょうがなかったです(^^)

僕のようなお世話好きというかお節介なタイプは、団体旅行の方が合ってるという気はしますけどね(苦笑)ただし・・・ジレンマとどう向き合うか・・・がつきもんですけどね!!
Posted by 鴨葱 at 2013年04月10日 13:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: