2012年11月26日

2010年2月某日の頃

皆様方っ!!

たいへんご無沙汰しておりました(^^)


ちょっと休憩しよ〜〜!と、思ってると・・思ってる以上に長くなりました。


特に忙しかったというわけではないんですけど。。。


ぎっくり腰になってしまいまして、前後の土日を合わせて9日間も仕事を休んだり、

奥さんから「妊娠したんちゃうかな?エへへ♫」という衝撃的な話しがあったり・・・

で、気持ち的にアタフタ、肉体的にはジィーーと安静にしておりました。


でっ!!


家でジィーーーとしている間。。。

久しぶりに友人に会った時の事を、思い出しまして。。。


。。。その時の小話です。。。




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




「お互いにオッサンなったな〜」

「あはははは〜〜〜」

と、初めは思い出話しや、アホ〜やったなぁ〜という楽しい会話。。。

「実は離婚してな〜〜〜」なんて話も今時珍しくもないので楽しい会話。。。



離婚してから、4〜5年の間は、コンパしまくって、タイにハマりつつ・・・

結局、再婚しました!!ってな近況報告を(^^)


そもそも【違う生き方】になってると感じてますから。。。

タイに誘うつもりも、分かってもらうつもりもない訳ですが(^^;)


「そんなにタイの何が楽しいの??」と聞かれましたので答えました。


多少・・・力が入ったかもしれませんが(^^)


一通り聞き終えた彼は、「お前も子供作って早く大人になれよ!!」

という予想もしてなかったセリフが。。。


僕なりに・・・僕なりの大人の階段を登ってるつもりなんですけど・・・



「明日はどっちだ??」






〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜






それでは、その階段をズルズルズル〜〜〜〜〜〜と、遡りまして・・・

バナーの彼女との訪タイ五回目から帰ってきたあたり。。。


【2010年2月某日】・・・そのあたりへタイムスリップ(^^)


この2010年というのは、2月にタイ、10月に済州島、そして今回と。。。 

年間三回海外へ出かけた年で、今、思い返してみれば、仕事的にも、

恵まれてた時間というか。。。独身を謳歌してた

そういう年でございましたな〜〜(^^)




ではでは〜〜どうぞ!!






〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜





2010年 2月某日。。。

帰国後、すぐにN君に電話をかけて、次回の訪タイのお約束(^^)


五回目出発前は、一人で訪タイしたい!!という思いも強かった僕でしたが、

帰国後は、その思いさえ肩に力が入ってたなぁ〜という気もしたりで(^^)




「もしもし!N君、帰ってきたでェ〜!」


そのN君。。。お忘れかもですが、僕たちをタイにハメた極悪人でありまして(^^)

別の地域ではありますが、同じボランティア仲間でコンパ仲間!!

1973年生まれの独身!僕より五つ下のしっかりモノです。


訪タイ五回目出発前のファミレス会合で、「次回は一緒に〜〜」という約束を

交わしてまして、意気投合してましたので(^^)


「お帰りです〜〜!イヤイヤ〜〜お疲れでしたな(^^)どうでした??」

「最高でしたわ!(^^)」

「デヘヘへへへ〜〜!よろしいなぁ〜!!」

「やっぱりタイって最高やわ!!次は、ほんまに一緒にどう?」

「いいですね〜!でも土日休めんし、現地集合でどうです??」

「うん!それで十分!!ほな、週だけ合わせよか??」

「そうしましょ!そうしましょ!!」


てな感じで、トントン拍子に話はドンドン進んで(喜)


いろんなタイ話し、お互いの過ごし方等をダベリに一人暮らしのN君宅へ

行ったり、行ったり、行ったりの楽しい時間を過ごしておりました。


僕は訪タイ五回目から帰国してからは、滞在中を思い出してみても、

まさに『僕なり』に充実した時間がタイで過ごせるようになったなぁ〜と、

自己満足しておりました。


・・・とは言っても・・・

今回の訪タイで、何事も『三歩進んで二歩下がる』んやな・・・

と実感ですし、今では勘違いやったんかな??とさえ(^^;)


まぁ〜何はともあれ・・・一年もブランクができると、そんな事になるとは。。。

この時点では露とも知らず・・・


「よしっ!こっからやで!!かかっていくぞっ!!」てな意気込みで、

次回の訪タイへ胸を躍らせておりました(^^;)



その一方で。。。

「ええ加減に結婚せんかぃ!」

というプレッシャーが、理不尽にもあっちからもこっちからも。。。


と、まぁ〜〜そんな状況下でもN君との訪タイ計画を進めて行くのが、

まぁ・・・要するに独身だった特権でしょうね(^^;)


兎に角、モチベーションと勢いだけはキープして。。。

『結婚してからも訪タイが続けられるような・・・もっともらしい理由・・・』を、

独身の今、既得権として準備しておきたい!と考え模索してもおりました。


この時はまだ独身。。。

このままなら、何の問題もなく訪タイできるんでしょうが。。。


既婚者になると、このペースでリピートして訪タイするのは、至難の業で、

また、もっともらしい【理由】を見つけるのは、ほぼ不可能かと(^^;)


何の説明もせずに「タイ行ってくるわ〜〜」くらいで行けるなら・・・

何も考える必要がないわけですが、少なくとも僕と彼女の場合は、

何らかの【理由】がいる・・・(ーー;)


旅費という現実もありますが・・・訪タイを続ける【理由】に、苦しんでる方は

多いのではないかと(ーー)




でっ!!!


頭を悩ませ、全ての方に万能かどうかは別として。。。

これがもっともらしい【理由】かどうかも・・・さておいて・・・(^^;)

旅行以外のもう一つの僕の趣味・・・

バス釣りを絡ませるという【理由】で、訪タイする事にした訳です。

厳密に言うと、タイにバスは生息してませんので、『バラマンディ』という

『幻の魚』が対象魚ですが(^^)



でっ!!!

釣りの話は、この際・・・割愛致しまして(^^)



「タイにはバラマンディという幻の魚がおるんやでぇ〜〜」

とか。。。

「開高健って知ってるか??」

とか。。。


彼女を洗脳していく日々を過ごしてたある日・・・

N君との訪タイ計画が進んで、話も盛り上がってたある日・・・

の事でした・・・
この記事へのコメント
待ってました〜!!
Posted by nana3級 at 2012年11月26日 12:54
nana3級さん、お待たせしました(^^)
Posted by 鴨葱 at 2012年11月26日 14:29
再開! 待ってました!! 鴨葱さんって1968年生ですか? 
訪タイ理由が必要ってわかります。鴨葱さんは「バラマンディ」作戦ですか。ちなみに私はメコンオオナマズ作戦を展開しています(笑) 
Posted by ともぞう at 2012年11月26日 22:04
待ってました!!バラマンディは昔、現地ツアーで行きましたわ!釣った魚を料理してもらいビール飲んでハンモックで寝てマッタリしました!しかし、デカイのであんまりおいしくなかったですわ!
Posted by ビリー at 2012年11月27日 08:40
ともぞうさんへ
1968年生です。ともぞうさんも同じくらいですか??
メコンオオナマズ作戦なんですか(笑)
二回、三回ならまだどうにか行けるんですけど・・・それ以上になると、理由を考えるのが、ある意味一番問題ですもんね(苦笑)


Posted by 鴨葱 at 2012年11月27日 09:07
ビリーさんへ
お待たせしました(笑)
ビリーさんも行かれてるんですね!!
僕の場合、釣りはマッタリできるスタイルに限りますので、ハンモックで寝て〜なんて楽しそうですね!!
Posted by 鴨葱 at 2012年11月27日 09:11
私も’68生まれです(^^)v お互い、オッサンになってもがんばってますね!(笑)
私はメコンオオナマズ作戦、バラマンディ&ジャイアントスネークヘッド作戦、知り合いの付き添い作戦などを理由にしています。
Posted by ともぞう at 2012年11月28日 00:03
おお〜〜
待ってました!!
これから楽しみ増えますw
Posted by こうちゃん at 2012年11月28日 09:00
ともぞうさんへ
同じ年やったんですね!!確実にオッサンになってますが、お互い頑張りましょうね!!
ひょっとすると知り合いの付き添い作戦(またの名を人のせい作戦)が、次回の訪タイ理由なんですね!!(笑)
Posted by 鴨葱 at 2012年11月28日 09:02
こうちゃんさんへ
ありがとうございます。そう言われると嬉しく思いますが、期待しすぎないで下さいね(^^)
Posted by 鴨葱 at 2012年11月28日 11:55
付き添い作戦&宿代出させる作戦なんですが、手配が面倒で、、、ギブアップしたくなってます(^^;)
家や周りの視線無視して、ひとりバンコク旅行に行きたい気持ちが強まってます(笑)
Posted by ともぞう at 2012年11月28日 14:56
ともぞうさんへ
家や周りの方々の声さえ気にしなくていいなら、絶対ギブアップですよね(^^)
手配が面倒で、、、って気持ち分かりますが、次に繋がると思って頑張って下さい(笑)
Posted by 鴨葱 at 2012年11月28日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: