2012年09月04日

鴨葱 in アジア 序章(其ノ三)

会合の翌日。。。

早速、僕は毎年温泉旅行を依頼してる波平副長の知り合いの旅行会社の

担当者 米やん(女)に見積依頼。

「もしもし!米やぁ〜〜ん!鴨葱ですぅ(^^)」

「あぁ〜鴨葱さん、どうされたんですか?」

「今年から旅行の幹事になりまして、タイで見積りして欲しいねん」

「タイっ!!海外でもいいんですか??」

「うん!!二泊三日ならいいみたい!!」

「へぇ〜!じゃ〜行程の打ち合わせに伺ってもいいですか??」


てな事で、MT君も職場に呼んで、仕事中にも関わらず打ち合わせ(笑)

基本、昼間の行程はほとんどMT君にお任せしつつ、できるだけ端折る

ような方向性だけは、しっかり提案して(^^;)


それと。。。

「二日目の昼は、バスに女の子を乗せるから、米やん頼むで!」

「えぇ〜〜〜バスに女の子乗せれるかな・・・(ーー)」

「バスに乗せれな値打ちないがな(ーー^)」

「多分・・・アカンと思います・・・(^^;)」

「マジで・・・一回現地に聞いてみて!頼むわ・・・(ーー)」

「・・・ハイ・・・(^^;)」



で、見積りと行程表と、「女の子をバスに乗せるのは絶対無理です!!」

という米やんからの回答も頂きまして(ーー;)


翌月の会合へ。。。


見積書をK林さんに渡し、行程表とパスポートの申請用紙も配って、

「できたら次回にはパスポートも持ってきて下さるようお願いします〜」

という風に、タイは僕に任せとかんかぃ!!という段取りの良さで、

メンバーには一切不安を与えぬようデキル男を演出っ(^^)


行程については誰からも要望は無く、基本的にはお任せだったものの、

K林さんをはじめ一部の幹部から、「夕食と一軒目のカラオケは皆で!」

という・・・夕食は皆で!というのはやむ終えない!とは思いますが。。。

「なんでタイに温泉の二次会を持ち込むねんな!!」と言いたくなるような

条件が付けられて・・・(ーー^)


「あきませんて!それがおもっきりの足枷になるんやから(^^;)」

「でもな!これは懇親旅行やねんし!(ーー^)」

「イヤ・・・でも次から次へ行かんと・・・片付いていけへんし(^^;)」

「あかんぞ!一軒ぐらい付き合え!!懇親会やと思ってな!!」



いっ・・・意味が分からん・・・ってか・・・意味は分かるけど・・・

『ちゃうねんて!!!』と。。。

『カラオケは来年の温泉旅行の時でええやんか!』と。。。

と言いたい衝動を、グッと堪えて説得っ(ーー;)



「でも七時から一時間、カラオケで拘束するのはあきませんて(^^;)」

「なんでや??一時間は年寄りと付き合えや!!」

「・・・その一時間が大事やねんて(T_T)・・・」

「なんでやねん!カラオケ行こう言うてるだけやがな(^^)」

「・・・・・・・・・・」


何でそんなにタイで二次会したいねんな??

とも言えず・・・説得は失敗・・・やむなく承諾(ーー;)


・・・そんな人の気も知らず(^^;)

お気楽にメンバーは、テンション上げ上げなんですけど(^^)

雰囲気的には、海外ならどこでもいい!ってな感じでして、

まぁ・・・これはありがちな温度差かと・・・(ー^ー)


で!!逆にタイに行ける!!って事で、テンションが高くて乗り気

なのが、この時はまだ訪タイしてない農田君。

それにMT君と二回目の訪タイを済ましてる清太。

そしてこの計画に陰ながら尽力してくれている幹部の一人剣道さん。

剣道さんはタイに関していろいろと噂を耳にされてるようで、訪タイに

意欲的で、いろいろとエロエロな事を聞きたいようでして(^^)



会合の後の宴会で。。。

僕とMT君は、ゴーゴーについて説明。。。


「ふ〜〜ん。。。ほなB600と女の子代とチップがB100いるんやな?」

「うん。まぁ〜それが基本ですね!」

「ふ〜〜ん。。。よう分からんけど・・スゴそ〜〜な・・気がする(^^;)」

「まぁ・・・ピンときませんわな(^^;)」

「ぶっちゃけ。。。ピンとけえへんな(^^;)」


「(笑)結局、風俗産業と言ってしまえば、それまでなんですけどね」

「うん。。。」

「そこには一言では語り尽くせないドラマがあるんですよね!」

「ふ〜〜ん。。。もっとピンとけえへんわ(笑)」

「(苦笑)・・・・・・」


「・・・で??鴨葱は何語で喋ってんねん??」

「英語ですけど。。。日本語でもいけますよ!」

「ほんまに?日本語通じんの??俺は英語無理やで!」

「大丈夫です!カラオケ街がありまして〜カクカクシカジカです」

「ふ〜〜ん。。。ほな、カラオケは一時間でB600いるんやな??」

「まぁ〜お店によるけど、そういう事ですね!後はどっちも同じですわ」

「ふ〜〜ん。。。まぁ・・・ピンとけえへんけどな(^^;)」

「・・・(^^;)まぁ・・・行きましょ!百聞は一見に如かずですよ!」

「そうやな!それしかないわな!案内頼むで!(^^)」

「任しといて下さいっ!」


訪タイ経験者の清太も加勢して(^^)

こういう話は、一旦火がつくと話は尽きませんしね!!

話を聞けば聞くほど、期待に胸を躍らせていく初訪タイ組の方たち。

説明だけでも、宴会の盛り上がりはハンパなく最高潮へ!!!

夜分まで参加メンバーとのタイ話しは続いたのでした(^^)



逆に・・・僕はメンバーと話をすればするほど・・・

完全に自分が楽しむ事を諦めていかざる終えず(^^;)

16人中13人が初心者ちゅ〜〜事の大変さ。。。(魚水不参加の為)

完璧にアテンドできるのが僕とMTの二人という現実。。。


二年に一度は、『無料でタイへ!』と目論んでいる僕は(笑)

今年は思い切って『捨てる』という覚悟も必要かと、その決意

のようなモノも胸に秘めた夜となったのでした(^^)



会合のあと。。。

僕は幹部からの出された条件に頭を悩ませる日々が続くことに(^^;)


『カラオケで一時間過ごす』という簡単なようにも思える条件なんですけど、

実際に夜の行程を考えると。。。


「MT君!七時前にタニヤに居るには、五時に夕食を食べ始めなあかんで!」

「ほんまやな(^^;)」

「でもな!むしろその事よりも、夕食場所からバスでタニヤに移動して。。。」

「うん。。。」

「問題はカラオケ行ったその後・・・どうするかやで(ー^ー)」

「ん??」



年配組をタニヤからどのように移動させるか・・・

『女の子が一緒でも単独で移動は無理やぞ!!』という年配組からの

声まで聞こえてくるくらいタイに対して不安を持ってる彼らに、個人的な

移動が期待できそうもないのは明白でして。。。(ー^ー)


それは。。。

どちらかがカラオケに付き合い続ける事を意味する訳で(ーー;)

「これはヤバイんちゃうのかぃ??」という危機感のもと、

僕ら二人は、何度となく検討を重ねた。。。


検討を重ねた結果。。。二つの案が浮上する。。。


一つは、タニヤ近辺に宿泊。。。

年配組にはホテルの近くで遊んでもらうという『僕らが動く案』。。。

ただし・・・僕ら自身がスクンビットを外して楽しめるかということ(^^;)


もう一つは、スクンビット近辺に宿泊。。。

「いつも通りの僕らを楽しんで貰おう!」という『年配組が動く案』。。。

この場合、必ずタニヤからの移動が伴いますし、どちらかが一夜を

年配組と付き合い続けるハメになる恐れがある(^^;)


二日間しかない夜に、二日ともカラオケで一時間過ごすという条件は、

結局、宿泊先まで左右する事となってしまい・・・(ーー^)


僕ら二人は、頭を悩ませ続ける。。。


。。。そんなある日。。。


K林さんから僕を震撼させる電話がかかってきたのでした。


「もしもし〜K林さん、どうしましたん??」

「鴨葱、タイ止めとこか・・・」

「えっ〜〜〜〜〜??」


どういうこっちゃ!(ーー^)
posted by 鴨葱 at 16:06| Comment(0) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: