2013年07月16日

訪タイ六回目 四日目 なんで・・・分からないの・・・

アリサに、ず〜〜〜〜と「キレイだね〜〜!」と言い続けた夜。。。

なるへそなぁ〜〜!喜ぶもんやなぁ〜〜!!

と、いう事で(^^)


「アリサ〜〜スワイ・なぁ〜〜チンチン・なぁ〜!エヘヘへ〜!」

「アアアァァ〜〜ン。。。パーク・ワン・ナ〜〜!エへへへ〜!」


ホントに。。。

「キレイやでぇ〜!」って言うてるだけなんですけどね〜

アリサも。。。

「口が上手いなぁ〜〜!」

或いは、

「上手い事言うて〜〜!」

って感じでしょうか・・・

まっ!雰囲気だけは解りますので(^^;)


だいたい解かれば、そんでえんです!!!


そういう言葉遊びが心地良く、楽しいわけで(^^)



喜んでくれている。。。。

その照れ笑顔を見たくて。。。

その照れ笑顔は、「カワイイやんか〜!」

と、僕もホントに思えてて。。。


いい循環ですよね〜〜〜!(^^)






〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜






タニヤからソイカへ


N君の希望で、バカラへ!


バカラには、アリサのルームメイトが居るらしくて、席に呼んで、

一杯奢りまして(^^)


N君が女の子を選定してる間、アリサと彼女は楽しそうにお喋りして。。。


僕は、N君と。。。

「どんな子がええん??」

「あんな子はどう??」

「なぁ〜〜。。。鴨葱君、バカラにもオカマって居てるんかな??」

「さぁ〜〜どうやろ。。。でも。。居てると思た方がええやろな〜」

「鴨葱君、見て分かるん??」

「分からん・・・分からん子はホンマに分からんし・・・」

「アリサなら分かるやろか。。。」

「さぁ〜どうやろな・・・」



アリサの友達が、一応・・N君に「私、どう??」ってなアピールをして、

断られて。。。

「じゃ〜〜〜ね〜〜〜!!バイバイ〜〜!!」

と、お別れした後。。。


「ここもみんなキレイやね〜〜」

「ううん・・・アリサがキレイやで〜〜〜」

「またまたぁ〜!!上手い事言うて〜〜〜!!」


『ニャハハハハハ〜〜〜』


ってな会話と。。。


「もしN君が、オカマをペイバーしそうになったら言うてなぁ〜」

「え??オカマか?オカマじゃないか?分からないの?」

「うん。。。分からないな。。。」

「えぇっ〜〜??・・・分からないの・・・」

「うん。。。分からないよ。。。」


「・・日っ・・日本人はオカマ分からないか??・・・」

「なんで・・・分からない・・・」

「なんで・・・・分からない・・・」

「なんで・・・分からないの・・・」

「ペイバー・・・危ないでしょ〜よ??」

「・・・(苦笑)・・・」


と、「分からない」ってキーワードにエラい驚かれまして(^^;)


バカラを出て。。。


「昨日寄ったロングガンのダンサーをペイバーしたら〜」

「えっ??」


あっ・・あれは・・・オカマとちゃうんかいな・・・


と、やや違和感を覚えながらも・・・

その提案は、どの道スルーして。。。(^^;)



何軒か覗いた後。。。


ソイカを後にして。。。


僕達は、ナナプラへ移動(^^)


レインボー2へ入店し。。。


「アリサ〜〜スワイ・な〜〜」というやり取りを楽しんで(^^)


遂に動き出したN君。。。


「鴨葱君、女の子呼ぶわ〜〜」

「はいよ〜〜〜!」


N君が席に呼んだのが。。。


オカマ??(^^;)


おぃおぃ!!N君、その子はもしやオカマやないか?


とは、なかなか言い出しづらい席に座るオカマ(^^;)


アリサが気づいたようで。。。


僕の手に合図を送ってくれるんで。。。

僕も合図を返して。。。二人でうなづいて(^^)


「N君、その子は日本語喋れるん??」

「ううん。。。無理みたいやで」

「そう。。。その子ってデカない??」

「へ??デカい??」

「うん。。。元々はチンコ付いてたんちゃうかなぁ〜と」

「え??うそや〜〜ん!!オっ。。。」

「あかん!!それを言うたらその子に分かるかもしれんから!」

「そっっ・・そうなん!!分かったらあかんの??」

「イヤ・・それは分からんけど・・多分・・そういう事やと思う。。。」

「アリサもそう言うてんの??」

「うん。。。絶対っぽいよ(^^;)」

「えぇ〜〜この子が・・・??・・・」

「多分やけどね。。。でも・・・オカマでも気にいったらええんちゃうん!」

「あかん!あかんっ!!何言うてんの!!」

「(笑)」

「あぶなぁ〜〜〜!!よしっ!!リリースするわ〜!」


ということで、N君、オカマを回避っ!!!


アリサもなんでか。。。一安心のご様子で(^^)


「なんで?日本人はオカマと分からないの???」

と(^^;)


「鴨葱君、あの子はどうやろ??」

「あの子は大丈夫やろ。。背も小さいしって程度の見立てやけど(^^;)」

「アリサは何て??」

「大丈夫っやって(^^)」

「じゃ〜あの子にするわ〜〜」


って流れで、N君 ペイバーっ!!!


ショートで遊ぶタイプの彼は、そのままホテルへ戻りますので、

ここでお別れ〜〜〜!


僕らも、しばらく露天商をウロチョロしてから。。。

部屋へご帰還ですっ!(^^)
posted by 鴨葱 at 11:46| Comment(2) | 訪タイ6回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする