2013年05月14日

訪タイ六回目 やらへんかった事をやるように(ーー;)

すっかりご無沙汰してしまいました。。。

少なからず・・・楽しみにして下さってる方々。。。

申し訳ありませんです(^^;)



ではでは。。。続きをどうぞ〜〜





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜





タニヤリカーで両替した約48000バーツをバックにしまって、

胸に抱えるように、通りまで出て。。。

タクシーで戻るつもりでしたけど。。。

『タクシーより地下鉄の方が安全ちゃうやろか??』

という事で、MRTへ!!!


『誰かが居てれば、絶対タクシーで戻るやろなぁ。。。』

とか。。。

『むしろ!!タクシーで戻ろ〜て提案してるでなぁ。。。』

と、思うと。。


『どんなけビビんねんなっ!!』


と、自分にツッコミながら。。。

も。。。

『まぁ〜〜全財産やしね〜』

とも(^^;)



MRTスクンビット駅からホテルへの道中。。。


ご自慢の赤いアニアリのレザーショルダーを腹に抱えるようにして。。。

『逆に大金持ってますよ〜!ってな、アピールになってへんか??』

と思うと。。。

『落ち着け・・落ち着け・・・どアホか!バレるがな!』

とも(^^;)


まぁ〜何事もなく。。。ホテルへ無事到着ですが(^^)


部屋に着いて。。。

ため息ついて。。。

『一人ってだけで・・・やっぱし不安になるもんやなぁ。。。』

とか呟いて。。。


持ったら持っただけ使う性格ちゅ〜〜のもあって。。。

女の子代+夜の徘徊代+昼間の行動代×5日分+バラ釣り代

を6等分に小分けして、金庫に収める。。。

という生真面目な日本人らしさを持ちわせてる自分を発見し。。。

『このペースで使えば絶対大丈夫やしっ!!』

と、まぁ〜〜以前ならやらへんかった事をやる。。。

と、安心するあたりは。。。何人というより僕の気の小ささかとも(ーー;)


今夜の徘徊代で1000バーツ札をカバンに収めて、

500バーツ札以下をポケットに。。。


さぁ〜〜〜準備万端!!!


よっしゃっ!!!と掛け声一つ呟いて(^^)


ホテルから近いという理由で。。。

少しでも早くゴーゴーへという思いで。。。



ソイカへ(^^)



スクンビット通りの雑踏の中の中をグングンと足早にすり抜けて、

信号待ちがもの凄く長い時間に思えたり。。。

MRTの出入り口から上がってくる人たちの中に、

出勤前の娘はおるまいか??と歩くスピードが遅くなり、

私服を見たいやんか!と、思わず立ち止まってしばらく観察してみたり。。。

中年の変態オヤジやがなっ!!!と自分でツッコんでみたり。。。

「とりあえず。。はよゴーゴー行こうな!!」ってな独り言の声が、

なんとなぁ〜〜〜く丸森先輩の声のような気がしたり。。。


一人ってやっぱし寂しいもんやな。。。


と思うのは、先輩の生霊やろか・・・

てか、さっきの声は絶対に先輩の生霊の声やなと(ーー;)



ソイカに到着し、さぁ〜〜ここからでっせぇ〜〜!!と意気込み全開!


まずは、お決まりのバカラへ

時刻は8時を少し回ったくらいで、それなりに女の子も踊ってて、

お客さんは。。。満席やんかっ!!!とビックリこいて(^^;)


空いてる席を探して回るも。。。

正面のカブリつき席だけしか空いてなく。。。


『この席って結局、見にくいよなぁ〜〜』とは思うも、仕方なく着席(^^;)


すると、すぐにお色気マダムというか、百貫デブの中年おばさんというか、

そのようなお方が近づいてきて、勝手に僕の膝に座り込んだかと思うと、

「あたしゃぁ〜〜!!ええ仕事しまっせぇ〜〜〜!!」

と、すぐさま股間にお尻を擦りつけて、猛アピール


イヤイヤ・・・ぼかぁ〜〜そういうの求めてないから・・・


と、毅然とした態度で、きっぱりとお断りするも。。。


「ほな、なんか飲ませろ!!」

とか。。。

「ホテルどこや??」

とか。。。

「何回目の訪タイや??」

とか。。。


イヤイヤ・・・ぼかぁ〜〜あんたとのそういう会話も楽しくないから・・・


と、毅然とした態度で、きっぱりとお断りするも。。。


「あんたにゃぁ〜〜私がお似合いよ!!」


的な事を、英語でしたので確実に分かった訳ではないけど、

間違いなくそう言われたようで。。。


モチベーションが急降下(ーー;)


。。。コーラを一気飲みして、バカラを退散っ!!


あかん・・・見た目が、えらいオッサンになってしもたんやろか(ーー;)

もしかして・・・思てるより・・・髪の毛・・・薄なったんかな(ーー;)


それにしてもし。。。

いきなりおばさんキャラの百貫デブに拉致られるとは。。。


負の連鎖が染み込みそうな。。。イヤぁ〜〜な空気を拭い去って、

僕は次のゴーゴー。。。隣のシャークに突撃した。
posted by 鴨葱 at 12:52| Comment(4) | 訪タイ六回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

訪タイ六回目 ブサイクなデックサーブ

この旅の初ゴーゴー バカラ で、百貫系のブ魔女さんに捕まり。。。

しかも。。。僕に的を絞った狙い撃ち感もヒシヒシと感じ。。。

「この客は私の客よ〜〜」という空気が、そこそこショックで(ーー;)


テンション・・ダダ下がり・・


しばらくの間。。。バカラの前で。。。

「実際・・・お腹がすっかり中年を象徴してるしな・・・」

とか。。。

「髪の毛が一段と薄なって・・照明の加減で地肌が見えてるんやろか・・・」

とか。。。

「顎だけ伸ばしとる髭に白髪が混ざり始めたからやろか・・・」

とか。。。


・・・ブツブツブツブツブツブツブ・・・


全部やん・・・全部っ・・・完全にオヤジ化しとるんやわ・・・


という現実をバカラの前で、今、気づいたような。。。

前々から気づいてはいたけど。。。

見て見ぬふりしてたような。。。


そんな事を思いつつ。。。


・・・ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ・・・


ハっっ!!

バカラ前の通りで、ポツ〜〜ンと・・・ブツブツブツブツって。。。

キっ・・・キモっっ!!!!!(ーー;)


という事で。。。


・・・気も取り直せぬまま・・・



隣のシャークの暖簾をくぐって、店内の様子を伺って。。。

お客さんの数はバカラに比べれば、空席はあるようですが、

女の子はそれなりに揃ってるような感じで(^^)


仕切り直して。。。

シャークからスタートした事にしよ〜〜とっ!!!

って事に(ーー)



入って右側の手前に座って、デックサーブにコーラを注文。


コーラを届けてくれたブサイクなデックサーブが、

なぜか目の前から移動せず。。。。

目を合わすまいっ!!という抵抗虚しく・・・

「女の子を選べよ!」

「どんな子が好きやねん??」

と、催促し始められて・・・(^^;)


終いには。。。


「私・・どうよ??」


「・・・・・・・・」




ゴーゴーバーってこんなに喋りかけられる感じやったっけ??

それとも。。。

中年のイケてないオヤジが一人で来たもんやから、

鴨が葱しょってるように見えてるんやろか??

或いは。。。

あんた一人かいな。。可哀想に。。喋ったるわ。。。

てな、感じでしょうか??


というか・・・

どうもシュールというか・・・悲観的な空想に駆られてるような気も(^^;)



ブサイクなデックサーブに何かと喋りかけられたり(ーー)

しばらく女の子を眺めたり。。。

ブサイクなデックサーブに何かと喋りかけられたり(ーー;)

目が合う娘と微笑みあったり。。。



そんな時間を。。。

ただ。。。ただ。。。そんな時間を過ごして。。。


まったく選べてる気ぃ〜〜するかぃっ!!!!!!って事で。。。


真剣に今夜の相手を探し始めるも。。。

どの子もこの子も皆一緒に見えてきたがな(ーー;)

という・・・選べない症候群に陥りかけて。。。


なぁ〜〜〜〜んか・・調子狂うわ・・・


よしっ!!!

どうせ、ブサイクなデックサーブにつきまとわれるのなら・・・と、

ここは、この子に照会してもらおう〜〜と!!

という、他力本願もええとこな事を思いついて(^^;)


「なぁ〜〜!あんたの好きな子、連れてきて〜な」

「え??好きな子??」

「うん。優しくて可愛くて、朝まで大丈夫な子やで!!」

「OK・ナ〜〜!!」



ウシシシシシシシ〜〜〜〜


アイツ、どんな子、連れて来るんやろか??



しばらく待ってると、ブサイクなデックサーブが連れてきたのは、


おいおいおい!!

カワイイやんか!!!


ドリンクをブサイクなデックサーブにも奢ってあげて、

その子と三人で話してると。。。


あれれれれ??

朝まで無理〜〜〜って事が判明っ!!!


「おぃおぃおぃ!!朝まで無理やって言うてんで!ちゃんと聞いてるか?」

「え??そうなん。。。でも可愛いでしょ??」


でも可愛いでしょ!!って。。。

優先順位がちゃうねん!!優先順位が!!(ーー;)


「朝までイケる子、連れて来てぇ〜〜な!!」

「OK・ナ〜〜〜」


ほんまかいな!!!頼むでしかし!!!


一人目の子には、ドリンク一杯でお引き取り頂いて。。。


次に連れて来たのは、なんと三人!!!


しかも!!!!ついでみたいに。。。

僕の席の並びに座ってた子も誘ってるし!!!

その子も僕の方を見て、少し考えて。。OKってな顔でこっちにきたし!!


結局四人に!!!


あんた。。。絶対、適当に誘ってるよね。。。


てか。。。さっきの彼女の表情。。。

もしかして。。。

面接されてるんは僕の方でしょうか??(ーー;)



結局、その四人とブサイクなデックサーブとで、飲み始めて。。。


今回は四人中の二人は、朝まで大丈夫ってなご返事でしたけど。。。


なんとなく。。ノリ的に・・・でしたのでお断りして!


一人には、猛アピールされたんですけど。。。

「ショートだけな!!」という条件付き・・・

しかも顔が、まぁまぁ・・・というか・・ボチボチというか・・・

可もなく不可もないような感じで(^^;)


お断り・・・した・・にも関わらず。。。

「ナ?ナ?ナァ〜!!!!ペイバー・ナ!!!」

と、商売熱心に何度も猛アピール。。。

「イヤイヤイヤ。。。朝までがええねんて!!」

と、何度もお断りしてるのに・・・

「ダメェ〜〜〜!!ショートだけな!!!」

と、笑顔で粘り腰を見せる彼女(^^;)


そんな会話にも。。。

朝までOKなはずの二人は、無関心なご様子で。。。


どうも・・・悪循環(ーー;)


ただ。。このブサイクなデックサーブは、しゃべり始めると、

割とおもろい子で、それなりに楽しくて(^^)


タカラレテル・・・・というなら、腹もたちますけど・・・

タカラレタル!!というのなら、まるで腹もたてへんもんやなぁ〜

という《自分》も発見して(^^)


ただ・・今回は・・ご縁がなさそうなので・・


シャーク撤退っ!!!


そのまま・・・何件かのバーを回るも・・・

どうもピンとこない感じで。。。


携帯で時間を確認するとPM10時30分・・・


そろそろソイカも潮時でしょうか。。。

それともソイカでもっと探しましょうか。。。


ん〜〜〜〜ん・・・悩むし。。。やや焦るがな。。。(ーー;)


一人だと自由に行動できるので、気楽やけど、

話し相手がおらんので、悩むと悩むよなぁ〜〜(^^;)


とまぁ〜〜言いつつも・・・

それなりのバーは覗きましたし。。。

気分一新で、ナナプラへ向いました(^^)

posted by 鴨葱 at 15:30| Comment(8) | 訪タイ六回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

訪タイ六回目 心地よき場所

ソイカでは、好みの子を探してたのに。。。

オヤジ化した自分自身と遭遇するという思いもよらない事態に。。。


マジで!!!!


気分を一新したいっ!!というのもあって、一目散にナナプラへ!




ナナプラに到着すると・・・

速攻で、レインボー2へ向かうところですが・・・


ナナプラ内に一歩踏み込んだ途端に。。。

なんか【懐かしさ】みたいなのが、こみ上げてきまして(^^)


休憩がてらに、立ち止まって。。。


ゆっっっくり。。。と。。。回りの空気を吸い込んで(^^)


また帰ってきたでぇ〜〜!!!


と、大声で叫びたいような衝動と。。。

なんとも。。。心地いい気分を!!!

ニタニタニタニタ

しながら満喫っ(^^)


なんやかんや言うても、ナナプラが好きなんやわ!!

ナナプラでしか感じられない何かを僕は感じとるなっ!!

という事を。。。。


ニタニタニタニタしながら実感して(^^)


やっぱり僕って・・・キモいな・・・というのも、自覚して(ーー;)



ちょっと気持ちも落ち着いたあたりで。。。

女の子を探すのに、本腰を入れて(^^)


レインボー2の暖簾をくぐり店内へ!!!


お馴染みのコーラを注文。。。


コーラが届くのを待つ間。。。


踊ってる子やら、店内をウロチョロしてる子やら、席に座って喋ってる子やら

をチェックしまくりながら。。。


「そろそろ決めたいっ!!」

そんな焦りと。。。

「今回もできれば同じ子と五日間、過ごしたい!!」

そんな風に思える子との出会いを求め。。。ると。。。

構えすぎて、オモイ・・オモイ・・・てな、空想にしたりつつ(^^;)


もうそこそこで・・・撤収しよかな。。。


という気に(ーー)


うう〜〜〜ん・・何かからの脱皮でしょうか??


それとも。。。


中年オヤジの始まりでしょうか??


みんなキレイな子ばかりなんやけどなぁ〜〜

敷居が高いというのか・・・

距離感を肌で感じるというのか・・・



今までそんな事・・・思ったことなかったけどなぁ・・・と(ーー;)



こりゃ〜レインボー1.2.4やバカラでは、楽しめんな・・・

なぁ〜〜んて思いつつも(^^;)


やっぱりレインボー1も4も3も。。。という順で回りまして(^^;)


最後にロリポップで締めるというお決まりの五軒セットを完了すると。。。

もうPM11:30を回ってて・・・


いつもの僕なら焦りに焦りまくるような時間で・・・

いつもの僕なら睡魔に襲われ・・・集中力が欠落し始める時間帯で・・・


この日も、やっぱり焦りまくって、集中力も無くなりかけてましたが・・・


・・・この時の自分を文章で表現するなら・・・


やっぱり。。。


必死のパッチっ!!!


くらいの表現が的確かとは思いますが・・・(ーー;)



なんか・・・ナナプラって・・・居るだけで楽しい!!

ってな余裕も感じてて(^^)


ここで、余裕を持って、ゆっくりと居心地のいい子を探そう!!!


という結論に至り、そう思うと、心機一転っ!!!

女の子を選ぶ基準がはっきりと分かったような気もして。。。


今までの時間は、今までの復習・・やったんじゃなかろうか・・

という気もしてきて。。。




僕は2階の端から順に、暖簾をくぐり始めた。。。





posted by 鴨葱 at 16:45| Comment(4) | 訪タイ六回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

訪タイ六回目 心地よき場所(2)

二階に上がると、端から順に。。。というか。。。


ぶっちゃけ!どこから順に回ったのか・・・

イマイチ覚えてないんですけど・・・


兎に角。。順に暖簾はくぐったはずで(^^;)


ファンタジア、G-SPOT、エンジェル・ウィッチ、には座ったと思いますが・・・



記憶にあるのは・・・


「やっぱりレインボーって・・・レベル高いよなぁ〜〜」という現実(^^;)



二階を一通り見て、三階へ上がろうか。。。








と・・・したその時っ!!












バーの前でイスに座ってる子と目が合う。。。













彼女の方へ近づいて行く。。。













少し笑顔を見せようとする僕。。。














でも目線はソラされてて。。。













通り過ぎる瞬間に。。。














目が合って。。。













お互い自然に笑顔になって。。。













笑顔のまま彼女を通り過ぎて。。。













五〜六歩進んだあたりで。。。













大きなジェスチャーでひょうきんに腰から振り返ると。。。














彼女はこっちをまだ見てて。。。













大げさに振り返った僕を見て笑い始めて。。。














その笑顔に笑顔で応えて。。。













僕はそのまま階段を上がり。。。。













階段途中の踊り場でもう一度振り返ると。。。













彼女はまだこっちを見てて。。。











その時は笑顔じゃなくて。。。













僕も大げさじゃなくて。。。












三階に上がり、二〜三歩進んだあたりで。。。













彼女の笑顔が気になりだして。。。。













笑顔じゃない彼女の表情も気になりだして。。。














さっきまでの一瞬一瞬が走馬灯のように脳裏に焼き付けられてる気がして。。。













引き返して。。。














踊り場手前で、顔だけで覗き込んで見る。。。













と。。。。














彼女はまだこっちを見てて。。。














覗き込んだ僕を見て嬉しげに笑いだして。。。














そんな彼女に、自然と手を振って。。。














騒々しいナナプラ内の、とあるバーの前。。。。














階段を降りながら彼女を見つめてると。。。














彼女を包む全ての景色が、当たり前にある自然のようで。。。














ほんの一瞬の出来事だったけど。。。














そんな風に出会えたような気がして。。。
















見っっっけたっ!!!!














そうか。。。














僕のやりたい事って。。。














僕が探してた子って。。。。














そういう事か。。。。














何や・・・単純な事やったんやんか!!!













そう思いながら・・・彼女に手を惹かれて僕はバーの暖簾をくぐった。
posted by 鴨葱 at 17:00| Comment(8) | 訪タイ六回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする