2012年10月31日

五年越しの訪タイ 其ノ二十二 バトンタッチ

【最終話】です。


二泊三日の旅行を約一ヶ月も書いといて、まだ足らんのか??

という気もしますが、毎度の事ながら【あとがき】も書きます。


帰国してからの経過を書いてこそ!!とも思いますし・・・(^^)



ではでは、どうぞ!!




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・〜・〜





昨夜は結局・・・一人寝でした・・・

いろいろと考え過ぎたというか・・・

誰かのペースに飲み込まれたというか・・・


まぁ・・・アテンドをやりきった感は少なからずありますが、

結論的には、12人+MT君・・・・人・・・多すぎですわ(^^;)



でっ!!!


帰国日の朝食会場です。


あっ!!という間の滞在も終わり。。。

もう帰る・・・というのに、昨夜の出来事に話は盛り上がりまして(^^)


M上さんは、初日は可愛かったけど生理中〜

そして二日目は。。。

「鴨葱、昨日の子って覚えてる??」

「まぁーなんとなく。。。なんで??」

「オカマさんやったと思う??」

「えっ??なんでですの??」

「イヤ・・・奥に当たらへんし。。。なんかそんな気がすんねん!!」


えっ?オカマさんのアソコって奥ないの??

それどっからの情報??

てか・・・あんた・・どこに挿したんや??


「見た感じ女の子のように思いましたけど。。背は高かったけどね( ̄ー ̄)」

「・・・(^^;)カラオケにもオカマの子は居てんのかな??」

「さぁ〜どうなんでしょう??何人かは紛れてるかも・・・」

「そうか(笑)どっちでもええねんけど、知らん間に越えたんかなって(^^;)」

「なるへそ(笑)でもオカマさん?と思ったならオカマさんですよ(^^)」

「やんな!!ガハハハ〜〜〜ハァ・・・ア・・・越えた・・・越えてもたわ」

「ある意味。。。二日連続でアタリで、良かったやん!!」

「ハハハハ・ハ・・ハハ・・・そっ・・それ以上・・・言わんといて(ーー;)」


他の方々もエロエロな出来事、今回の体験に思いを馳せて。。。

笑顔で話す皆さんの姿が、これまでのボランティア旅行とは、

一味も二味も違う手応えの証だと感じ、また何よりの成果かと(^^)


フッと離れたテーブルに目をやると、D水さんとギーちゃんが朝食中。

僕が手を振ると、二人とも笑顔で手を振り返してくる。


「鴨葱、D水の顔、見た〜?笑って、手ぇ振って、アホ丸出しやで!」

「・・・羨ましいなら、素直にそう言いなはれ!(^^)」

「そらぁ〜羨ましいよ!昨日は夕方まで。。今日も朝まで過ごしとるやろ?!」

「そうですね!!」

「しかも今日のはエライ美人やがな!!アイツが一番楽しそうやで(^^)」

「ねぇ〜〜〜!!」


と、まぁ〜聞こえてへんのをいい事に、みんな言いたい放題で、

昨夜の皆さんの出来事を、笑い合いながら一通り聞き終えた頃。。。

朝食会場を、先に出て行くD水さんとギーちゃん。

ギーちゃんは僕に、【ハイタッチ】でお別れして(^^)



チェックインを済ませて、バスに乗り込んで空港へ。。。

思った以上に大渋滞に飲み込まれて、その間も話しは尽きず。。。


「鴨葱君は、タイの子に電話したりするん??」

「うん。すんで!!コーヒー君、電話したいの??」

「いや・・そうじゃないねんけど・・・次、来た時もその子にするんの??」

「それが毎回ちゃう子やねんけどね・・・(^^;)」

「ほな、なんで電話すんの??」

「ん?その子と話したい気持ちと、電話の向こうはタイかぁ〜〜って(^^)」

「なるへそ〜〜〜そういう事かぁ(^^)」


一度訪タイするだけで。。。

それなりに会話や、思いが伝わる事が単純に嬉しい。


「貯金しよかな・・・四泊したら旅費ってナンボいるん??」

「泊まるとこにもよるけど。。。僕は9万円くらいかな」

「9万かぁ〜〜後は現地のお金やんな??」

「そうやね!後は過ごし方次第やから(^^)」


てな、話まで(^^)


年配組も、昨夜一人寝したK林さん以外は、納得の初訪タイだったようで!

「これはおもろいわ!!そりゃ〜また来たなるわ〜!!」

と、口々にそんな感想を(^^)




空港に着くと、時間ギリギリ(ーー;)

大急ぎでお土産を買いあさって、それぞれにゲート前に集合って事に!

「飛行機、また寒いやろな〜〜??」なんて言いながら、

職業【馬主】の金持ちM上さんは、アルマーニでカーデガンを5秒で購入・・・

あんた選んでへんやろ??ってなスピードで。。。

僕やったらユニクロでヒートテック買う時でも、もうちょっと悩むで(^^;)



土産が必要ない僕とD水さんは少し早めにゲート前に到着。

「D水さん、ギーちゃんの電話番号聞いてます??」

「聞いてるよ。アイツ勝手に登録しよったがな(^^)」

「ほな、まだチャージあるし、電話してみませんか??」

「ん??でも寝てるって言うてたしな・・・でも電話してみるわ!」

「うん!」



少し離れたところへ移動して、電話をかけるD水さん(^^)



人ごとではありますが、空港でかける電話って、最後の別れのその最後。

「忘れないでね〜〜!」と、未練たらしい・・・と言えばそうですし(^^;)

山下達郎でも流れそうなシュチュエーションを。。。っていうか。。

自ら。。キモい中年オヤジを堪能できる『ひととき』じゃないかと思うと、

電話してみる価値はあるんじゃないかと(^^)



D水さんが笑顔でギーちゃんと話しています。



僕はその姿を遠目から眺めながら。。。

こういう姿が見たくて。。。

こういう気持ちを伝えたくて。。。

このメンバーと訪タイしたかったんじゃないかと。。。

伝えたくても、体験しないと伝えられない。。。

感じてほしくても、来なければ感じられない。。。

僕自身もちょっと忘れかけてた。。。こういう姿。。。



二年後も訪タイ・・・あるんでしょうか(^^)



皆さんが、また訪タイしたい!と思えるような旅行になってればなぁ〜と、

願うばかりですが。。。

『何が楽しいのか?!』

それを見つけられるかどうかは、結局・・その人次第(^^)

こればかりは、いくらアテンドを頑張ってもどうにもならんという気がします。


例えば。。。もしD水さんの二回目があるとしたら。。。

その背中を押してるのは、紛れもなくギーちゃんの存在でしょう(^^)

僕はそういう瞬間を、今、遠目から眺めています。

『頑張れっ!!ギーちゃん!!後は頼んだで!!』


と、朝食会場で最後に交わした【ハイタッチ】を思いだしながら・・・

僕はタイ伝道師としての任務を終えた気がした。



 
鴨葱 in アジア  五年越しの訪タイ  おわり
posted by 鴨葱 at 15:55| Comment(4) | 訪タイ7回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする