2012年10月25日

五年越しの訪タイ 其ノ十七 エピソード 剣道さんの場合

「そろそろ次のバーへ行こかぁ〜!」と、思った矢先。。。

MT君を先頭に、農田君、T西君、剣道さん、K原さん、ご入場!!

僕の斜め前に陣取り、ワイワイガヤガヤ。。。あれやこれやと(^^)

みんなが来たと同時に、出て行くのもどうなん・・・という気がして。。。

MT君は隣に座ってきましたし・・・ロリポップに残ることにした僕。


こういう時ほど、楽しい事件が起こったり起こらなかったりするのが

世の常だったりしますが(笑)


まぁ〜折角残る事にしましたし、

先程からすこ〜〜〜し気になってた子を再度観察。。。


一人だけ入口で、静か〜〜に座ってる子で、ちょっと浮いた存在。


背も小柄で、スレンダーで華奢な感じですから確実に女の子!!(笑)

時々、友達と声をかけ合ってる様を見てると性格も良さげっ!


「今やったら、まだD水さんも【卯月】に居てるかもなぁ〜!」

という焦りもあって、ここで決めるやったらこの子かなぁ〜と、

とりあえず呼んで喋ろうということに!


席が遠いので、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と見つめて、

こっちを見たので、気持ち悪かろうと気にせず笑顔でアプローチっ(==)

すると。。。彼女からは、お返しのカワイイ笑顔っ(^^)

手招きで隣に呼んで、お話タイムっ!!

「名前は??」「何歳??」「なんか飲む??」ってな話の後。。。

「ロングできる??」

「ロングできるけど・・・できない・・・」

「なっ・・なんて??どういう意味??」

「気分が良くない・・・ゴホン・・ゴホン・・(^^;)」

「そらあかんわ・・・」


大人しくて浮いた存在に見えたのは、マイ・サバーイだったんですね(苦笑)

ってか!!!

この時、僕はインフルエンザをうつされたんだと思います!!(><;)


とは言え、この時点では、そんな事は露とも知らず・・・

彼女をリリースし、『もうええやろ!違うバーへ移動しよ!』と思っていると、

農田君が僕の席に来て、

「剣道さんがペイバーするって言うてんねんけどな。。。」

「へぇ〜〜!女の子探してたんやなっ!!」

「いや、急に言い出さはって(^^;)で、お金を先にくれって言われてんねん?」

「女の子のお金??」

「そう!!そんな事あるん??」


ある!今までに一人だけそんな方が居られました。。。

丸森先輩が眉子を初めてペイバーした時。。。料金は先払いでしたな(^^;)


「・・・あるにはあるよ・・・お互い喋られへんねやろ??」

「そう言えば、剣道さん英語ムリやし・・・そうかもやわ」

「じゃ〜後でトラブルにならんように、先払いしてほしいって事やと思うけど・・」

「へぇ〜〜そ〜かぁ!!」

「でも【ハズレ】の可能性・・高いかもよ・・・(^^;)」

「そうなん・・・なんで??」


眉子がハズレやったしね・・・

という説明をするには、話しが長すぎますし(^^;)


「普通はトラブらんし・・その子は割とトラブるって事かなぁ〜という気もするし・・」

「そうか!そうかもやわ!!言うてくるわっ!」

「うん。でも思い過ごしかもやし、軽〜〜い感じでええと思うけど。。。」


折角、決めはったんやし。。。その子次第という事ですし、

と、思うと水を差すんちゃうかな??という迷いもありまして(^^;)


「あっ!!!もうあかんわ!!服着替えに行ったがな!!!!」

「へっ??そうなん??でっ??どの子よ??」

「あの子やん!マツコDXの前に居てる子やん!」

「あっ・・あの子・・・ってか、完全に・・・オカマやんか!!」

「えっ〜〜!!!ウソやん!!あれってオカマなん??ほんまに??」

「冷静になってよう見てみ〜!!日本のオカマにさえいてそうやん(^^;)」

「危なぁ〜〜!!もうちょっとで俺もイキそうやったわ〜どうしよ・・・剣道さん・・・」

「もう遅いやん・・・お金払った後やし・・・」

「そやけど・・・どうする・・・どう思う??言うた方がええかな??」

「もう遅いやろ・・・知らぬが仏って事もあるしな(^^;)」

「ほな・・・一生内緒な!三人だけの秘密やで!」

「そやな・・・そうしよ!!剣道さん、本気で竹刀持って怒りそうやしな(^^;)」

「うん。M上さんとかD水さんやったら、ワザと後で言うたるけどな(^^)」

「ほんまやな!!後で言うても笑ってくれそうやもんな!!」


何も知らないまま。。。剣道さんは、オカマと二人で出て行った。。。


剣道さん 52歳 自営業 既婚者 初訪タイ

その背中からは、今夜こそは〜〜!!という意気込みが感じられました。

訪タイ前から、いろいろと調べて、タイの情報通になってた剣道さんですが、

初日は朝まで過ごせず・・・二日目の相手はオカマ・・・


翌日に聞いた話では。。。

「一緒にお風呂に入りたいっ!」と言うと、1000B請求されたり、何かと金!金!!

と、言われたそうですから、いい思い出とはいかなかったようで・・・


帰国後、あまりタイでの出来事を話したがらない剣道さんです(^^;)

あんなに楽しみにしてたのに・・(^^;)

あんなにワクワクして女の子を探してたのに・・です(^^;)


ひょっとすると・・・剣道さんもどっかのタイミングでオカマだと気づき、

「性悪で、しかもオカマって最悪やんかぁ〜!」と思っているのかも(><)

てかっ!!逆に。。。

ある意味タイのオカマと、気・づ・か・ぬ・間・に・ヤれたんですから、

この苦い経験は、何よりの思い出になったと僕は思いますが(^^)


剣道さんには、は来ませんでした・・・

剣道さん自身がそう思われてるなら、来なかったという事ですから・・・

そう思ってる剣道さんに「あの子、オカマでしたやろ?」とは、死んでも言えません。

剣道さんが下調べをしていた事を知ってる僕は、「じゃぁ〜自由に楽しんで!!」

という思いもあって、やや放置しましたので、もっとアテンドしなあかんかったなぁ〜と

・・・反省しつつ・・・

このブログを最後に、「誰にも言わない」というロリポップで交わした三人の約束を、

墓まで持って行くつもりです(^^;)


でもいつの日か。。この企画が続いて。。

「初訪タイの二日目の子、オカマやってんで!!」と笑いながら剣道さんと話せたら

いいのになぁ〜と願っています(^^)
posted by 鴨葱 at 12:35| Comment(9) | 訪タイ7回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする