2012年10月17日

五年越しの訪タイ 其ノ十二 直感

日頃の習慣とは、おそろしいもんで、嫁と外食する時は、基本的に

僕の『おごり』なんですが、その支払いは、嫁にお金を渡して嫁が

レジで支払うようになってまして。。。

この時も、ついつい降りる前に、彼女に渡したタクシー代100B。。。

結局、お釣りが貰えませんでしたので、交渉でも同じ事でした(^^)


ってか、彼女に説教された分だけ損な気がしたり。。。

彼女なりに「そういうナニか」を僕に教えてくれたような気がしたり。。。


ここで、「釣り返せっ!」と言えない自分の性格にも笑けてきてね(^^;)


訪タイで成長できたような気がしてても、基本的な性格は未だ変われず。。。

また無理に変わらなくても、こんな場面でも笑っていられるならそれもまたええか!

と、思えたりして(^^)





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜





でっ!!!

そんな細かいようで、大切な一コマにも思える・・・

とは言え。。。どうでもいいような話しは、さて置きまして(^^)


彼女とホテルに到着ですっ!!!


「このホテル来た事ある??」

「ナイっ!!初めてナ〜〜キレイナ〜〜!!」


などなど・・・評価は上々のようで(^^)


部屋に入り、テレビを見ながら二人で屋台で買った夜食に食らいつき(^^)

「アロイ・マイ??」

ってな会話から始まって、あれやこれやとお話でございます。



今回が三回目の遭遇という事。。。

えっ〜〜〜????覚えてないナ(^^;)という返事でしたが(苦笑)


二回とも「ショートだけナ」と言われて断られた事。。。

えっ〜〜????ほんとに??(^^;)という返事を頂いたり(苦笑)


だんだんと慣れてくると。。。

そんなこんなあんなどんな??な会話もそこそこ楽しんで(^^)


一人でシャワーです(^^;)


「明日は別の子にしよう!」と思ってる僕は、彼女にどうも遠慮がちで(^^;)

彼女がどうのこうのと言うよりは、僕自身・・・乗り切れてないような・・・

なんか・・・一夜だけ・・・過ごす関係に対応できてない気が(^^)


これもブランク??それとも変なクセ??ですかね・・・


彼女のシャワーを待つ間に・・・睡魔に負けて爆睡(^^;)

「なんで寝てるの〜〜〜??」

「。・。。ふぁい??・。・。・。ふぁぁぁっ!!寝てもうた・。・。」


というやりとりの後、ブンブンでございます。


夜九時頃。。。

今夜は絶対っ一人寝せんぞ!という勢いで半分カジったシアリス!!

彼女をペイバーした後、コーラで流し込んだ残りの半分!!


その効果は絶大でっ!!!


僕の意思とは異なり、ギンギンに弾けんばかりのガッチガチのナニっ!!


しばらく僕からの攻撃を受けた彼女の準備はすっかり整い、

僕のナニを握った彼女は、「オオオォォォ〜!!!!」と発して、

「コンドーム!!」・・・と、一言・・・

「そっ・・そうなん」・・・ギンギンのナニも良し悪しですね(ーー;)


難なく彼女のインサイドに入り込み、あれこれと体位を変更しつつも、

「あかん・・・こりゃ〜〜イカへんで(^^;)」と、ギブアップ宣言っ!


「Okっナ!!」

「アン??イってないナ〜〜!!」

「イってもイってなくても、どっちでもいいよ(^^)」

「なんで??」

「あんたと居れるだけで十分!!それだけでいいから(^^)」

「ア〜〜〜〜ン(^^)」

「ア〜〜〜〜ンって何よ??」

「何もないよ(^^)」


そんな会話の後、少し寝込んでしまった僕は、彼女にまたもや起こされ、


「帰るナ・・・」

「・。。・。ふぁぃ??・。・。。あぁ。・。・帰るんか。・。。・」


時間を見ると、AM5時・・・彼女が服を着ているのを待つ間。。。


「朝九時ナ〜〜!チャトゥチャ・ナ〜〜!」と彼女。。。


そう言われた瞬間・・・僕の心臓の鼓動が、早くなり始める。。。


今日の昼間、彼女と楽しく過ごせるやろか??

もし何かを買う事になったら、素直に買ってあげたい!!

と思えるだろうか・・・と(^^;)


昼間を過ごす上で、【自ら買ってあげたい】と思えるかどうかは、

僕にとって大変重要な事で、またバロメーターでもありまして・・・


そう思うと、心臓の鼓動は警告の鐘のように思えてきて・・・


「明日は、もういいよ・・・僕も起きれそうにないし」

「えっ??ほんとに??」

「うん。。。」


僕は約束した通り、4000Bを彼女に渡した。


「あれ??4000B・・いいの??」という彼女。

「うん。約束したしね・・・」

「うう〜〜〜ん♫」


嬉しそうな笑顔と甘えた声で、彼女は僕に近づき、僕を抱きしめた。。。


一瞬、あれ??カワイイかも??と、思ったものの・・・

やっぱり鐘の音は、鳴り止まず。。。(^^;)


彼女は僕の携帯に自分の番号を登録し。。。

「ほんとに、今日来なくていいの??」

とか。。。

「今夜も会えるかぁ〜??」

と、不安と期待の入混ざった笑顔で確かめて(^^)


コンビニで買ったいろいろな物もそのままに、

「今夜も来るから、置いとくナ〜〜!」

「・・・(^^;)」

「ほな、下まで一緒に行こうか??」

「ワタシ、一人大丈夫!鴨葱、疲れた〜は、寝ろっ!!」


と、最後は命令口調で帰って行きました(^^)


彼女が帰った後。。。

この旅行で、完全に禁煙に失敗した僕は、タバコに火をつけ。。。

心で鳴り響いてた警告の鐘の音を確かめた・・・


明日の行方を知る事は、誰にもできませんが・・・

彼女に対して思う感情は、この時点でも分かったような気がして・・・


セコい話しではありますが。。。

もし何かをネダられた時、『タカラレタ・・・』

そんな風に思ってしまうかもしれない・・・なら・・・

彼女と楽しく過ごせる限界は朝まで!!!やと・・・


心でそう告げてるように思い、僕はその直感に従った。

posted by 鴨葱 at 16:54| Comment(13) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする