2012年10月15日

五年越しの訪タイ 其ノ十 共感も共有もできないと(3)

ナナプラに到着すると。。。一目散にゴーゴーへ!

と、思っていると。。。


「鴨葱君、ナナバーガー食べへん??」

「へ??食べ・・・へんな(苦笑)」


まぁ〜ハンバーガーを食べる時間ぐらい待つ余裕はありますよ・・・

ありますけども・・・

ハンバーガー喰うてる場合ちゃうしっ!・・・はよ行きたいわっ!!

というのが正直な気持ち(笑)

「あの〜〜先にレインボーに行かせてもうてもええかな?(^^;)」

「うん。。。まぁええけど。。。急ぐの?」

「いや・・・急ぐわけやないねんけど・・・」


あんたがハンバーガーを食べる姿を見とくよりは急ぐし・・・ヒマでもないわ!

と、ちょっとイラついてしまう・・・(ーー;)


それに『急ぐの??』と、言われると、僕だけ必死みたいやしね・・・


ってか、普通この状況なら女の子を優先に探してるわけで。。。

ペイバーしたら、屋台やコンビニでなんなと買って〜〜ってなイメージが漠然と

あったりして。。。

こんな会話には、ならへんように思うんですけど、これは僕の焦りでしょうか・・・・


余裕ないんかな・・・って、こっちが恥ずかしなるわ!!(ーー;)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




ナナプラ前。。。時間は11時を少し回ったくらい・・・

MT君がナナバーガーを完食し。。。

お決まりのナナプラ一軒目はレインバー2から入店!!



時間的にええ子は残ってないかもな〜〜と思いつつ・・・

店内やステージを眺めていると、あらあらどっこいっ!!

カワイイ子がいっぱい居てますし!!


でっ!!!明るい笑顔でお喋りしてる女の子を発見っ!!


しばらく観察・・・・


時々目が合い・・・微笑み合いつつも・・・さらに観察・・・・


よしっ!!あの子を呼ぼうっ!!


って事で入って5分で、その子を席に呼んでお喋り〜〜!


あれっ??タイ語でどう言うんやったっけ??


・・・もう英語でええわっ・・・何語でも通じたら一緒やし!!(^^;)


「キャン・ユー・スピーク・イングリッシュ??」

「リトル・ナ」

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」



あれっ??なにこれ??会話が続かんぞ!!(ーー;)



それでもしばらく話した後。。。朝までは無理って事で、彼女をリリース・・・

ナンボ一年ぶりでも・・・緊張してんのかなっ(ーー;)

と、己にツッコミつつも・・・これもまた現実の僕でして・・・



リハビリが必要かもね・・・(ーー;)



「MT君・・・次、行きまひょか??」

「うん。レインボー4でもいい??前来た時、カワイイ子居ってん!!」

「なんやて〜!!そっ・・それを先に言わんかいなっ!!(ー^ー)」

「そうなん??」

「そうなん??じゃなくて・・・居ったらペイバーですか?デヘヘ〜!」

「イヤ・・・ペイバーはせえへんけど・・・鴨葱君、見るかなと思って!」


見るかなって・・・こっ・・ここは動物園かっ!?

何しに見に行くやねんなっ!!

自分の女を探さんかいっ!!!と(ー^ー)


「そっ・・そうなん・・意味分からんけど・・まぁ・・もし居ったら呼んで見たら??」

「うん・・・まぁ・・・」

「ま・・ま・・まぁ・・とっ・・とりあえず行こか・・・」



いちいち・・・ボヤきたくなる衝動をグッと堪えて(^^;)



って事で〜〜!!!!

レインボー4へ!!


しばらく店内を見渡して・・・

「やっぱ!居らんな〜〜!!」

「そうかぁ〜〜残念やな〜〜」

「ちょっと、見てきてええ??」

「おぉ〜〜!!ええよ!ええよ!!行ってきて!なんなら連れといで!」


頼むっ!!連れてきてくれっ!!ほんでペイバーしろっ!!

との願いも虚しく・・・


「見てきたけど居らんわ・・ええ子も居らんし・・・」

「(くそっ!)・・・そうでっか(ー^ー)」

「ほな、次、行きますか??」

「そやね!」


次に向かった先は、前回ペイバーした子が居るバー!!!


やっと到着ですっ!!!(^^)


店内に入り女の子を見回して・・・

ママさんが僕に気づいて・・・って、言っても一年前の事ですけど。。。


「アナタ〜〜覚えてるナ〜〜!いつ来たの??」


っていう程度なんですけど、覚えてもらえてると嬉しくて(^^)


「今日来た!!アリサ、居てる??」

「アリサ??・・・あぁ〜〜アリサ・ナ〜〜辞めたっ!!」

「やっ・・辞めたんかいな・・・」

「うん。今、田舎に帰ってるナ・・・アナタ名前は?」

「鴨葱〜〜!」

「鴨葱ナ!アリサに言っとくよ!!今日は他の子選ぶナ〜!」

「・・・うん・・・まぁ。。。ママさん!一杯飲んでね!!」

「ありがとうね!!」


やっぱり・・・アリサに電話して予約しとけば良かったかな〜〜と。。。

中途半端な気持ちで、中途半端な時間で、中途半端な行動と、

経験不足がもたらした結果かと反省しつつ・・・凹みつつ・・・

・・・ほんとに辞めたのなら、そっとしとこ〜という気もして・・・



アリサに幸運を!!と(^^)



「鴨葱君、ようここで選んだな・・・珍獣ばっかりやんか(^^;)」

「(^^;)・・・でも居心地ええねん。今日も時間あったら他の子選んでるかもよ」

「ほんまかいな!!カワイイ子居てへんやんっ!!」

「確かに今日は、珍獣ばっかりやけど・・・」

「・・・でも、明日もきっと珍獣ばっかりちゃうの??」

「まぁね(^^;)・・・何が楽しくて、どこがカワイイかは、人それぞれやから(^^)」

「そっ・・そうやけど・・・なんもわざわざ・・・(^^;)」


その瞬間・・・・僕の脳裏には、豆太の顔が自然と浮かんだりして(^^)


確かに・・・何もわざわざこのバーで!という気はするけど。。。

今の僕なりの楽しみ方なんやろ〜という気もする。。。

と、思うあたり。。。

僕もMT君に負けず劣らずクセあるんやろなぁと(苦笑)




まぁこれは誰とも共有できんでもええけどね!(^^)




バーを出て・・・それからいろいろとウロチョロしつつ・・・

時計を見ると・・・時間は既に00時30分・・・

この時間から、探すのって厳しいな〜〜と、一人寝を覚悟(ー^ー)



僕は、今夜のシメ!!ここでダメなら諦めよっ!!

そんなつもりであるバーに入店した。


バーに入る前・・・「なぁ〜!なぁ〜!!帰りにテーメ寄る??」

と、いうMT君の声は聞こえてないフリして・・・・


posted by 鴨葱 at 10:41| Comment(6) | 訪タイ7回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする