2012年10月16日

五年越しの訪タイ 其ノ十一 三度目の遭遇

最後のチャンスに一人寝を覚悟しつつも入ったバー。

店内を見回しても、なかなか良い子が見当たらず・・・


う・・ん・・・今夜は無理かもな〜〜という焦りが(^^;)


まぁ・・・そもそもみんなをアテンドして、疲れ切っとんねんわ!!

という理由にも何にもならんような言い訳と。。。


MT君とのゴーゴー巡りが、

何一つとして、共感できず・・・時間を共有してる楽しさもなく・・・


なんか・・・

選びづらいぞっ!!と・・・・


完全に人のせいにして・・・(^^;)



そんなこんなのこの状況。。。明日もどうなるか分かりませんし。。。

一人寝だけは、どうしても避けたいっ!と必死のパッチで女の子を観察っ!


すると。。。

ステージで踊る一人の女の子を発見っ!!

そう言えば・・・今までに二回、彼女を呼んでるけど・・・

一度もペイバーした事ないな〜〜と(^^)


した事がないというより・・・毎回・・・「ショートだけナっ」て言われて、

断られてるんですけどね・・・(^^;)


まぁ・・・見ている限り・・・まるで僕を覚えてない様子ですが(^^;)


しばらく。。。楽しそうに踊っている彼女を眺めていると。。。

僕が扇いでる扇子を渡せ!!とジェスチャーです。


扇子を取られるというのは、よくある事と言えば、よくある事ですが。。。

僕の扇子を持って笑顔で踊る彼女を見ながら。。。

扇子で話をするきっかけを作ってるんやろな〜と思いつつも、

少し大人になったようにも見えますが、以前とかわらない笑顔は

健在で、彼女を席に呼んで話す事にする。


彼女とは三回目の遭遇ですし、時間も時間ですから・・・

単刀直入に、横に座るなり即効で。。。

「ユー・ドゥワイカン・トゥン・チャーウ・ダイマイ??」

(朝まで一緒に居れる??)


「Ok・ナ〜」


えぇ〜〜!!なんでやねん??ショートだけやったんちゃうの!!

時間も時間やしね。。。という事やろか。。。と(^^)


「明日、チャトゥチャ行くんやけど、一緒に来れる??」

「ウウ・・・ン・・・何時??」

「朝、九時!!」

「早っ!!!なんで九時なの??」

「友達が12人居てて、時間が決まってるから(^^;)」

「ウウ・・ン・・・OK・ナ!でも一度帰るナ!Okマイ??(^^)」

「うん!いいけど。。。それで4000バーツでいい??」

「うん。OK・ナ〜〜!」

「よしっ!!じゃ着替えといで!!」


「MT君、ペイバーしたで(^^)」

「マジで!!でもあの子やったらM上さんの子の方がカワイイで!」

「イヤイヤ・・・・美人コンテストちゃうから(^^;)」

「でも負けてんで!ええの??」

「だから勝ち負けちゃうから・・・(ーー;)」


とは。。。言えども。。。


一人寝は避けたい・・・とか・・・

前回の子が居てないし・・・とか・・・

MT君から早く逃げたい・・・とか・・・

こういう状況でなければ、ペイバーしてへんかもな〜・・・


という気持ちも事実ですが・・・(^^;)


まぁ〜〜〜これも弾丸訪タイなりの過ごし方かなぁ〜とも思い。。。

今まででのやり残し。。忘れ物。。そんな感のある彼女とのひとときを。。。



『今日はこれが精一杯っ!!』と、心に決め彼女をペイバー(^^)



なぜか・・・ついて来たMT君と三人でコンビニに寄った後。。。

メータータクシーを探していると。。。

「テーメ寄るけど・・・ホテルに直接帰る??」

という声が後ろから聞こえたような気が・・・(ー^ー)


僕は「100Bでもええよ!はよ乗ろっ!」と彼女に催促!

彼女は「お前はバカか!ここから100B、ダメでしょ!!」と・・・

そういう問題ちゃうねんと・・・(^^;)


結局、彼女がメータータクシーを捕まえて。。。


到着するまでの間、僕は彼女から「もったいないでしょ!」とか

「何でもOKはダメでしょ!!」と、説教され続けるのでした(ーー^)




posted by 鴨葱 at 12:36| Comment(6) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

五年越しの訪タイ 其ノ十二 直感

日頃の習慣とは、おそろしいもんで、嫁と外食する時は、基本的に

僕の『おごり』なんですが、その支払いは、嫁にお金を渡して嫁が

レジで支払うようになってまして。。。

この時も、ついつい降りる前に、彼女に渡したタクシー代100B。。。

結局、お釣りが貰えませんでしたので、交渉でも同じ事でした(^^)


ってか、彼女に説教された分だけ損な気がしたり。。。

彼女なりに「そういうナニか」を僕に教えてくれたような気がしたり。。。


ここで、「釣り返せっ!」と言えない自分の性格にも笑けてきてね(^^;)


訪タイで成長できたような気がしてても、基本的な性格は未だ変われず。。。

また無理に変わらなくても、こんな場面でも笑っていられるならそれもまたええか!

と、思えたりして(^^)





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜





でっ!!!

そんな細かいようで、大切な一コマにも思える・・・

とは言え。。。どうでもいいような話しは、さて置きまして(^^)


彼女とホテルに到着ですっ!!!


「このホテル来た事ある??」

「ナイっ!!初めてナ〜〜キレイナ〜〜!!」


などなど・・・評価は上々のようで(^^)


部屋に入り、テレビを見ながら二人で屋台で買った夜食に食らいつき(^^)

「アロイ・マイ??」

ってな会話から始まって、あれやこれやとお話でございます。



今回が三回目の遭遇という事。。。

えっ〜〜〜????覚えてないナ(^^;)という返事でしたが(苦笑)


二回とも「ショートだけナ」と言われて断られた事。。。

えっ〜〜????ほんとに??(^^;)という返事を頂いたり(苦笑)


だんだんと慣れてくると。。。

そんなこんなあんなどんな??な会話もそこそこ楽しんで(^^)


一人でシャワーです(^^;)


「明日は別の子にしよう!」と思ってる僕は、彼女にどうも遠慮がちで(^^;)

彼女がどうのこうのと言うよりは、僕自身・・・乗り切れてないような・・・

なんか・・・一夜だけ・・・過ごす関係に対応できてない気が(^^)


これもブランク??それとも変なクセ??ですかね・・・


彼女のシャワーを待つ間に・・・睡魔に負けて爆睡(^^;)

「なんで寝てるの〜〜〜??」

「。・。。ふぁい??・。・。・。ふぁぁぁっ!!寝てもうた・。・。」


というやりとりの後、ブンブンでございます。


夜九時頃。。。

今夜は絶対っ一人寝せんぞ!という勢いで半分カジったシアリス!!

彼女をペイバーした後、コーラで流し込んだ残りの半分!!


その効果は絶大でっ!!!


僕の意思とは異なり、ギンギンに弾けんばかりのガッチガチのナニっ!!


しばらく僕からの攻撃を受けた彼女の準備はすっかり整い、

僕のナニを握った彼女は、「オオオォォォ〜!!!!」と発して、

「コンドーム!!」・・・と、一言・・・

「そっ・・そうなん」・・・ギンギンのナニも良し悪しですね(ーー;)


難なく彼女のインサイドに入り込み、あれこれと体位を変更しつつも、

「あかん・・・こりゃ〜〜イカへんで(^^;)」と、ギブアップ宣言っ!


「Okっナ!!」

「アン??イってないナ〜〜!!」

「イってもイってなくても、どっちでもいいよ(^^)」

「なんで??」

「あんたと居れるだけで十分!!それだけでいいから(^^)」

「ア〜〜〜〜ン(^^)」

「ア〜〜〜〜ンって何よ??」

「何もないよ(^^)」


そんな会話の後、少し寝込んでしまった僕は、彼女にまたもや起こされ、


「帰るナ・・・」

「・。。・。ふぁぃ??・。・。。あぁ。・。・帰るんか。・。。・」


時間を見ると、AM5時・・・彼女が服を着ているのを待つ間。。。


「朝九時ナ〜〜!チャトゥチャ・ナ〜〜!」と彼女。。。


そう言われた瞬間・・・僕の心臓の鼓動が、早くなり始める。。。


今日の昼間、彼女と楽しく過ごせるやろか??

もし何かを買う事になったら、素直に買ってあげたい!!

と思えるだろうか・・・と(^^;)


昼間を過ごす上で、【自ら買ってあげたい】と思えるかどうかは、

僕にとって大変重要な事で、またバロメーターでもありまして・・・


そう思うと、心臓の鼓動は警告の鐘のように思えてきて・・・


「明日は、もういいよ・・・僕も起きれそうにないし」

「えっ??ほんとに??」

「うん。。。」


僕は約束した通り、4000Bを彼女に渡した。


「あれ??4000B・・いいの??」という彼女。

「うん。約束したしね・・・」

「うう〜〜〜ん♫」


嬉しそうな笑顔と甘えた声で、彼女は僕に近づき、僕を抱きしめた。。。


一瞬、あれ??カワイイかも??と、思ったものの・・・

やっぱり鐘の音は、鳴り止まず。。。(^^;)


彼女は僕の携帯に自分の番号を登録し。。。

「ほんとに、今日来なくていいの??」

とか。。。

「今夜も会えるかぁ〜??」

と、不安と期待の入混ざった笑顔で確かめて(^^)


コンビニで買ったいろいろな物もそのままに、

「今夜も来るから、置いとくナ〜〜!」

「・・・(^^;)」

「ほな、下まで一緒に行こうか??」

「ワタシ、一人大丈夫!鴨葱、疲れた〜は、寝ろっ!!」


と、最後は命令口調で帰って行きました(^^)


彼女が帰った後。。。

この旅行で、完全に禁煙に失敗した僕は、タバコに火をつけ。。。

心で鳴り響いてた警告の鐘の音を確かめた・・・


明日の行方を知る事は、誰にもできませんが・・・

彼女に対して思う感情は、この時点でも分かったような気がして・・・


セコい話しではありますが。。。

もし何かをネダられた時、『タカラレタ・・・』

そんな風に思ってしまうかもしれない・・・なら・・・

彼女と楽しく過ごせる限界は朝まで!!!やと・・・


心でそう告げてるように思い、僕はその直感に従った。

posted by 鴨葱 at 16:54| Comment(13) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

五年越しの訪タイ 其ノ十三 58.3%の確率

翌朝七時頃。。。MT君から電話をもらい一緒に朝食会場へ!!


みなさんもお揃いのはずですから、昨夜の出来事の結果発表ですね!!


今回は大人数ですから、ここを楽しまないとね!!(^^)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




「鴨葱!!おはよ〜〜〜!!」

「M上さん!おはようございます〜!昨夜のカワイイ子、どうでした??」

「どうもこうもあるかいな!!(^^;)」

「なんでですの??」

「それがやな〜〜生理なっとんねんがな!!」

「えっ〜〜!!マジですか??」

「そうやん!ちょっと触っただけで血〜出てきてやな(^^;)」

「(笑)」

「あんたがキツく触ったせいやっ!!とか言うしやで!!」

「(ーー^)・・・ほんまは無茶苦茶したんちゃいますの??」

「してへんっちゅ〜〜ねん!!指も入れてへんわ(^^;)」

「(笑)。。。で??アテッサから二人でどこへ行ったんですか??」

「二人でバッポン?とかいうとこのゴーゴー!」

「へぇ〜〜!!ゴーゴー行ったんですね!」

「そこがおもろ〜て!彼女をほったらかしにしたんがあかんかったかもなぁ〜」

「(笑)なんでですの??」

「それから、喋りよらんし・・・手は繋がんし・・・」

「挙げ句の果てに、風呂から出てきたら、ごめんなさいっ!!とか言うて・・・」

「へっ??」

「ごめんなさいっ!お母さん病気!!とか言うてやな〜(^^;)」

「(笑)」

「これかー!鴨葱が言うてたウソ八百で帰りたがるっちゅ〜ヤツやな〜と(^^;)」

「まぁ〜〜〜基本的には珍しいケースやと思いますけど(^^;)」

「ほぉ〜〜か?!ほんだらアタリやで!ある意味アタリっ!!(爆笑)」

「(爆笑)そうですか〜〜(^^)あの子がね〜〜でもあれはしょうがないですよ!」

「そうやんな〜〜(^^)ええ子っぽかったもんなぁ〜ほんまに!!」

「うん。M上さんが違う子にしてたら、僕があの子にしてましたよ!」

「ほな、二人ともすっかりあいつに騙されたな!ギャハハハハ〜〜!!!」

「ですね〜〜〜!ギャハハハハハ(^^)」



騙されたぁ〜と言いながらも、それでも笑ってるM上さんは、

初訪タイを十分に満喫しながら。。楽しそうで〜!

僕は、やっぱり女の子選びは難しいと実感です(^^;)



「あぁ〜〜鴨葱、おはよ〜〜!!」

「あっ!剣道さん!!どうでした??昨日は??」

「それがやな〜〜三時頃、帰りよったがな!!」

「えっ〜〜??なんでですの??」

「分からん・・一緒に風呂入って洗っても〜〜て・・・」

「洗ってもらったんですか!!スゴイですやん!!」

「そうなん??」

「僕なんて、一人シャワーですょ(^^;)・・・ほんで?なんで帰ったん?」

「知らん・・・ヤることヤったら帰るって言い出して(^^;)」

「なっ・・なんでやろ??ちゃんと朝まで約束してました??」

「してたがな・・・(ーー^)」

「ま・・まぁ・・・そんな子も居てますよ!!」

「でもハズレっちゅ〜〜ことか??・・・(ーー^)・・・」

「いや・・・どうやろ・・・急に用事できたんちゃいます??」

「そんなアホな事あるかいな!(ーー^)」

「でもM上さんも帰られたみたいですよ!しかも生理ちゅ〜オマケ付き!(^^)」

「・・・そうなん(ーー;)・・・で??お前は今までに帰られた事あるんか??」

「いや・・・僕はないですけど・・・」

「ほな・・・なんで俺はいきなり帰られとんねん!!!(ーー^)」

「・・・知らん・・・ハズレちゃうか(笑)」

「じゃぁかましわっ!!(ーー^)」

「・・・(怖)・・・」




剣道さん・・・本気で怒ってるがな・・・(^^;)

同じような事が起きても、その受け止め方はそれぞれですな!




「おはよ〜〜鴨葱っ!!」

と、声をかけてくれたのはD水さん!


「あぁ〜〜D水さん!!ってか女の子と一緒ですやん!」

「そうやね〜〜〜〜ん!(^^)」

「昨夜は楽しかったんですね!鼻の下がのびのびですやん!」

「でへへへへへ〜〜!!楽しかったわ〜〜(^^)」

「そうですか〜〜!!今日はどうしますの??」

「夕方まで、彼女と一緒に居るわ〜〜自由行動でええねんやろ??」

「もちろんですよ!!夕方5時にホテル集合ですから!」

「分かった〜〜(^^)」


D水さんの横を見ると、コーヒー君も女の子と一緒!!


「コーヒー君はどうすんの??」

「ご飯食べたら、彼女、帰りますよ!」

「そうなん??」

「はい!僕は朝まででいいんで(^^)」



そうか・・・まぁコーヒー君が女の子を、連れて帰ってるだけでも

今までからは考えられない事やから、楽しんでるんかもな!と(^^)




結局・・・朝までの約束で、朝まで過ごせなかったのは。。。

波平さん、K林さん、剣道さん、棟梁さん、M上さん。


波平さんは、三時にヤり終えた後、「飲みに行くぞっ!」と誘われたものの、

「無理無理っ!!」って、断って帰って貰ったらしい。。。

まぁ〜年配組は、翌日六時からゴルフですしね!

ただし・・・帰られたけど、女の子には満足はしてはるようで、

「一緒に飲みに行きたかってんけどなぁ!」と思ってはるようで、帰られた!

とは思ってない様子なので、本人がそう思ってるなら、それで十分!!

何もいう事はないでしょう(^^)



K林さんは、アテッサの後、波平さんら年配組と居酒屋に行き、

ホテルに戻ると、部屋に入るなりお金を請求されて、嫌気がさして

お帰り頂いたらしい・・・

まぁ。。K林さんの場合。。。人を楽しませない人柄というか。。。

KKK的というか。。。余計な事しか言わない性格というか。。。

指摘したらキリがありませんので、なんとも言えないとこですが(苦笑)



棟梁さんは、女の子が風邪気味だったらしく、ウツされたら最悪という事で、

ヤルことヤって(^^)・・すぐに帰ってもらったらしい。。。



結局、約束通り、朝まで過ごせたのは。。。

Y田さん、コーヒー君、清太、T西君、D水さん、農田君、K原さん。

と、12分7の確率(苦笑)


5人は、何らかの理由で帰られてるという事に。。。


【アテッサ】・・・朝までの約束が守られる率 

58.3%・・・


かなり確率が悪い気がしますけど。。。どうなんでしょうね??

まぁ〜お互いの相性というのもありますので、これだけで決めつけるのは

正解ではない気もしますが(^^;)



でっ!!

この朝まで過ごしたメンバーの内、夕方まで過ごす事にしたのは。。。

D水さん、農田君、K原さん、T西君。

この四人は満足顔で、みんなとは離れた席で朝食中も楽しそうで!!


女の子と朝を迎えられなかったメンバーも、それぞれ話が尽きないようで、

また、「あいつら上手い事、ヤリよったなぁ〜〜(^^)」

と、他のお客さんには、遠慮しがちに盛り上がる朝食会場!!!


「鴨葱っ!!今夜も頼むで!!最後の夜やからな!!」

「はい!!」


他の方々も、それぞれに経験された昨夜の出来事に、話は尽きず(^^)

上手くいった方、失敗したかも?という方、その思いはそれぞれのようですが、

昨夜の出来事と今夜にかける思い・・・

みんなすっかりタイにハマったええ顔したはるなぁ〜〜と!!


この確率は100%のようですな(^^)





posted by 鴨葱 at 12:58| Comment(11) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

五年越しの訪タイ 其ノ十四 春の訪れ

朝食は、なんやかんやと盛り上がり、あれやこれやと話は

尽きずでございましたが、昨夜の女の子を連れて行動するのは、

農田君、K原さん、D水さん、T西君。

その内、朝から完全に女の子と二人で自由行動するのはD水さんとT西君。

農田君とK原さんは女の子連れでも、僕らと一緒に団体行動。


BTSに乗って、ウイークエンドマーケットへ!

みんなでウロチョロウロチョロ。。。僕のいつものコースを散策。


暑さに負けた頃、タクシーにてMBKへ!!


ここでK原さんと農田君の女の子連れとは、完全に別れて行動!

とは言えども、同じMBK内をウロチョロしてますので、どちらも時々見かける

訳ですが、それがまた楽しそうに笑いながら、手〜なんか繋いで!

二人共、そんな顔!普段見たことないで!!ってな表情で!!

一安心やら、羨ましいやら(^^)


K原さん 51歳 既婚者 初訪タイ

彼が選んだのは、屈託のない笑顔が持ち味の色白のちょっとポチャ子!!

決して美人とは言えませんが。。。とても明るい女の子です!

彼女の笑顔を見るK原さんは、鼻の下が足の先まで伸びとりまして〜〜

彼に突然訪れた、蒸し暑い雨模様の。。。でございます!!(^^)



農田君 43歳 既婚者 訪タイ三回目

彼が選んだのは、大人しそうで優しそうでスレンダーなカワイイ子です!

彼は前二回ともMT君と訪タイしてますので、昼もMT君の呪縛から抜けられず、

今回、初めてのお昼デート。。。でございます!!(^^)


「初訪タイでD水さんもT西君も、女の子と自由行動して凄いわ!!」

「ほんまやな〜(^^)」

「俺なんか三回目でやっと念願叶ったわ!!昼も一緒って楽しいな!」

「(笑)あんたの顔見たら分かるわ!農田君、楽しそうで羨ましいわ!!」

「デヘヘへへ〜〜!そう?そうなん??羨ましい??」

「うん。。。」

「俺も鴨葱君が羨ましかってん!!」

「そうかぁ〜〜!!!(笑)ほな、今回やり返されたな(^^)」


彼は、昨夜、今朝、この後ホテルに戻ってから、と

合計三発ヤったんやそうです(^^)


で!!!

お腹が減ったので、フードコート前の【鉄板 おいしい】にて昼食。

農田君もK原さんも来て・・・結果的に全員集合ですが(^^;)


その後も、PM2:00までMBK内を自由行動!!


彼女へのお土産を買った僕は、よっぽどホテルに帰ろうかと悩むも、

もしもの場合を考えて、さずがに帰れず・・・時間潰し・・・

集合時間になっても待ち合わせ場所に来ない方々を、それぞれ回収して(^^;)


「これで揃った??あれ?MT君は?誰か探してくれてんの??」

「まだ来てへんで!」

「ほんまに??まぁ・・・ほっといても大丈夫やけど・・・」


と、言えども「何してんねんな!」と電話をかけると、


「もうホテルに戻ってプールに入ってる〜!!」

「あぁ・・・そうなん・・・そりゃ〜よろしいな(ーー^)」



ホテルに戻りシャワーを浴びて。。。

二時間程度、「寝てよかな!」と、思ってウトウトウトウトしてると。。。


Y田さんから電話。

既婚者 金融機関を定年間近の59歳  初訪タイ


「鴨葱!昨日の子って、今日も呼べるんやろ??」

「呼べますよ!電話番号聞いてます??」

「聞いてる!ちょっと電話貸してくれへん??」

「いいですよ!ほな、部屋行きますわ!!」


「もしもしY田やけど・・・分かる??」

「そう!分かるかぁー!ほんで〜今日も来れる??」

「そう〜!来れる!!ウフフ〜〜♫」


「ほな・・・・・・・鴨葱。。。どうしよ??」


「七時にホテルのロビーでどうですか??」

「そやな!!よしっ!七時にホテルのロビー!分かる??」

「ウフフ〜〜♫そう!分かる!ほな、七時にな!」

「えっ??うん♫うん♫うん♫そうかそうか!よっしゃ!よっしゃ!!」

「そうか!そうか!ほな七時な!バイバイ〜♫」


「Y田さん、えらい楽しそうやけど『うん♫そうか!よっしゃ!』って何ですの?」

「ん??・・・知らん!ナニ言うてるか・・さっぱり分からん(^^;)」

「適当かぃっ!(^^;)」


という事で、Y田さんの本日の女の子確定っ!!

「しかし・・鴨葱〜!これは楽しいわっ!!(^^)」

「ですよね〜!ほんまに!!!」

このオヤジにも電話越しにの知らせが来たようで(^^)




夕方、五時になりターミナル21のMKにて二日目の夕食。


T西君やD水さんの昼間の行動をみんなで聞きながら冷やかして。。。

農田君が、夜、朝、夕方、三発ヤったという恐るべし性欲を笑いながら。。。

そして。。。

みんなと昨夜の反省と、今夜の期待に胸躍らせる会話を楽しみながら。。。



さぁ〜〜いよいよ今夜のスケジュールを発表ですっ!!



「食事中〜スイマセン!!今夜なんですけど!!」

「パッポンで買い物するチームとカラオケチームに別れますが・・・」

「うん。。。」

「一旦、皆さんでソイカで、ゴーゴー体験してもらいます!」

「うん。。。」

「そこで基本的な事を説明しますので、よろしくお願いします!」

「うん。。。」


「その後、カラオケチームは僕と、パッポン買い物チームはMT君と行動して下さい」

「なんでや??今夜はゴーゴーちゃうの??」

「えっ??剣道さん・・・カラオケ行きたくないの??」

「今日はゴーゴーのはずちゃうんか??」

「まぁ・・・そうなんですけど・・・カラオケに行きたい人が大半で(^^;)」

「俺はゴーゴーでええけどな!」

「じゃぁ・・・とりあえず行ってから考えましょか??」

「そうなん。。。まぁ・・ええけど・・」



「鴨葱っ!!」

「なんですか??波平さん!!」

「Y田さんに聞いたら、昨日の子にするらしいがな!」

「はい!電話して七時にホテルで待ち合わせですわ!」

「俺も昨日の子にするわ!!電話貸してくれ!!」

「いいですよ!」


という事で、波平さんも決定(^^)


波平さん 57歳 歌って踊れる自転車屋 初訪タイ

このオヤジにもが来た・・・のは良いんですけど・・・


「どうでした??」

「うん。。。三十分くらいで来るって!!」

「今から三十分!!!・・・タイの子の三十分くらいって・・・(^^;)」


ほとんど食事は終わってますし、MKの予約は七時まで・・・

21の前で全員で、彼女が三十分で来るかも?を待つ事に(^^;)


「波平さん、それ無理無理。。。」

「なんでや??」

「タイの子って・・時間通りに来るのが奇跡やから(^^;)」

「そうなん・・・」

「波平さん、その子と一緒にゴーゴー行きますん??」

「もちろん!!行くがな!!行った事ないし!!」


行くんええけど・・・みんなで待つ気かいな・・・(^^;)


posted by 鴨葱 at 14:24| Comment(10) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

五年越しの訪タイ 其ノ十五 二日目のタニヤ

波平さんの子を全員で待つような事もできませんし。。。。

もう一度、彼女に電話をかけ、バカラ前に待ち合わせ場所を変更(^^)


Y田さんとは21前で別れ、全員でバカラのソイカへ向かいます。


ソイカの前で。。。

「オオォォ〜〜ここもスゴイやんか〜〜!」

と、メンバーの方々!!


通りを通り抜け、バカラに到着すると、まだバーはオープン前。


前のテラスで、みんなでグダグダ喋りながら、

「おい!鴨葱、あれはオカマか?」

「そうですよ。キレイですよね〜」

「うん。無茶苦茶キレイがなっ!!」

ってな話をしていると、時間通りに波平さんの子が登場っ!!


バカラがオープンしたと、デックサーブに教えてもらい店内へ!


踊ってるのは、たったの五人。。。。

説明するには、丁度いい感じですが、やや拍子抜け(^^;)


「ほな、みなさん!!よろしいでしょうか??」

「うん。。。」

「カワイイ子が居たら、番号なり、直接その子に言うなりして、隣に座ってもらいます」

「うん。。。」

「隣に座ったらドリンクを奢ります!」

「うん。。。」

「気に入ったらペイバー、あかんかったらチップ渡して、さようならという流れです!!」

「うん。。。」

「Okなら、女の子との費用は交渉して下さい!」


と、こんな感じで説明し、しばらくダンスを見た後、シャークへ移動!


同じように簡単に説明し、

「それでは、このままゴーゴーに残る人??」

剣道さん、T西君、農田君、波平さん、K林さん。


「パッポンへMT君と買い物に行かれる方??」

コーヒー君、K原さん、清太、棟梁さん、M上さん。

(買い物は、MT君が知ってるお店があるらしく彼が担当と決まってまして)


「カラオケへ行かれる方??」

D水さん。


結局、三方に別れるような流れに。。。(^^;)


今夜は最終ですから、みなさんに納得できるまでしっかりアテンドして

おきたい!と思ってると同時に、MT君とはなるべく離れて。。。と(^^;)


でっ!!。。。

僕とMT君の二人しか居てへんのに三方となると、どうするべ・・・

と、悩んでいると。。。


ここで、訪タイ三回目の農田君が、「ゴーゴー組は俺が面倒みるで!!」

という心強いお言葉!!!

「昨日、三発ヤってるし、今日はどっちでもええしな!」

という事で、農田君に任せる事に!


四人づつに別れてタクシーに乗り込みバッポンへ!


その道中に、昨夜の子から電話が。。。

「ハロォ〜〜(^^)」

「ハロォ〜〜(^^)」

「ユー・テー・ナイ??」

(どこにいるの??)

「ナン・タクシー!!パイ・タニヤ・ドゥワイカン・プーアン・な!」

(タクシー!!友達とタニヤに向かってんねん!!)

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・・」

「・・・あれ??ハロー??」

「・・・ハロ〜〜(^^;)」


てな感じで、微妙な『マ』を感じながらも、今夜のお誘いでした。


・・・彼女でもええねんけど、今夜は新規やな!!


と、この時、決めましたが、わざわざお断りするのもなんですし。。。

どこでどうなるか分かりませんので(^^;)


「今夜、また電話するよ〜〜」という有るような無いよう約束を交わしてる内に、

パッポンへ到着ですっ!(^^)


買い物をしない僕とD水さんの二人は、一足お先にタニヤへ!


D水さん 50歳 既婚者 初訪タイ 

お互いの父上が幼馴染で、今でも週に4日は遊んでる仲良し!!

という・・・そんな間柄(^^)


「今夜はどんな子にするんですか??」

「今夜は巨乳にするつもりやねん!!」

「へぇ〜〜!昨日の子はどうでしたん??」

「あかん。。まな板やったわ!それにええ子やねんけど、若すぎて(^^;)」

「しっくりけぇへんかんったんですか??」

「そうやんねん。。。良い子やねんけどな。俺にはちょっとな・・・(^^;)」

「ほな、今夜はじっくり選ばなあきませんね!!」

「そうやけど、考えすぎてもあかんし・・・という気がすんねん!!」

「へぇ〜〜!」

「こういうのは、直感が大切やと思うねん!!バシッてきた子にするわ」

「なるほど〜〜そうかもしれませんね(^^)」


「今夜は僕のいつものやり方で行きますんで、ついて来て下さいね!!」

ってな訳で、次から次へと見るだけタダな方式で覗いて行く。


時々出会うカワイイ子に声をかけ、ロングが可能かを確認したり、

日本語が話せるかを確認したり(^^)


お互い探しながらのカラオケ巡りは、実に楽しいっ!!(^^)


ここで買い物を終えたMT君から電話が入り、合流する事に〜!


お店の前で待ち、そのままカラオケ店へ!!


お店には、女の子が15〜16人。

「日本語〜〜〜!!!」

という下りで、元気よく手を上げる女の子達。


早速選ぶ、M上さん、棟梁さん、コーヒー君・・・


「ん??コーヒー君って女の子、要るん??」

「え??要りませんよ。カラオケ歌おうと思って(^^)」

「そうなん・・・ええけど、戻ってけえへんかもよ(^^;)」

「マジで!!ほな、止めとくわ!!」


この時、すでに女の子と座ってましたので、その子に

邪魔した感じに思われ、エライ怒られましたが。。。(^^;)



一階に降りて。。。

このまま全員でウロチョロするのもどうなん?という気がして、

「今夜の相手を探してる人???」と確認すると。。。

結局、D水さんだけで。。。

そのまま二人でカラオケ巡りを再開する事にっ!!

MT君、K原さん、コーヒー君にはソイカへ向かってもらった。

まぁ・・・結局、ラジャホテルでロシア人を見に行ったんやそうですが(^^)



カラオケ店をまたまた何件か回り、ついにD水さんの好みの子を発見!

しかも三人も居るようで(^^)

「鴨葱〜〜どうしよ〜〜〜決められへんわ!」

「バシっときた子にしときなはれ!さっき言うてましたやん!!」

「それが・・・三人ともバシッとくるから、困っとんねん(^^;)」

「(^^)ほな、じっくり考えて!ここが今夜の勝負時ですよ!!」

「フフフン!!分かっとる!!」


「・・・・・・・・・・」

「・・・・・よしっ!あの子にする・・・・かなぁ・・・ど〜〜しよ!!」

「ガクっとなるがな!!」

「・・・・よしっ!!今度こそ!!あの子にする・・・か〜〜??」

「どっ・・どないやねんな!!おもろすぎるがな(^^)」


僕はD水さんの決めたくても決められず、悩みに悩んで、

女の子を指差す指が、最終的に顔のあたりで曲がってしまうその姿に


爆笑!!!(^^)


「D水さん、汗っ!汗っ!!(^^)」

「あかん・・・決められへん・・・でもあの子にしよかな」

「どの子ですん??」

「ロングスカートの子!!」

「ママさん!!あの子にするって!!」

「あっ!!ちょっと待って!!スカートめくって足見せて!!」

「スっ・・スカート??今??ほっ・・ほんまに??」

「うん!!チチはデカイけど足もゴツいかもしれんしな!」



会話が聞こえたのだろう!!スカートをめくって足を見せるその子!

顔はやや苦笑い(^^;)

僕らの会話を理解できてるようで、日本語能力は高そうだ。


D水さんはその子に決め、一緒に座ることなくペイバー決定っ!


「ええの??30分でも座ったら??」

「かめへん!どうせ気ぃ使ってチェンジようせんし、決めたら決めたや!」

「そうですか!!男前で気持ちええわ!!(^^)」


「鴨葱はどうすんねん??」

「僕はゴーゴーへ行きますわ!ここからは一人行動です!!」

「そうか!世話かけたな!ほなホテルの近くまで戻るん??」

「戻りますよ!」

「ほな、ついでに日本食屋教えて〜な!!」

「いいですよ!!一緒にタクシーで行きましょ!!」



タクシー内で、三人で交わす会話がもの凄く楽しくなってきて(^^)

自称29歳で、名前はギーちゃん!

大人の女性で、可愛らしさもある美人!

よくしゃべって、ええ子やなぁ〜と好感の持てる子だ。


彼女の影響を受けてか(^^;)


しもたぁ〜〜〜!あのままカラオケで僕も決めてたら良かったかもな〜!

と、ちょっと後悔・・・まぁ〜それもアリかも?程度ですが(^^)


ただそう思うと。。今回はどうも空回り・・負の連鎖を感じます(^^;)


ホテルからは、ちょっと遠いけど、二人を【卯月】で降ろして、

僕は一人ナナプラへ降り立った。


最終日ですっ!!!

ここからは自由に行動すんど!!という意気込みでナナプラに入場!

早めに決めて、D水さんと【卯月】で合流やっ!!(^^)


とっ!!!その時!!!

僕の携帯電話が、鳴り出した・・・
posted by 鴨葱 at 12:47| Comment(6) | 訪タイ7回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする