2012年10月09日

五年越しの訪タイ 其ノ六 14名様ご案内で〜す!!

スリウォン通りから、タニヤ通りに入った御一行(^^)


「おおぉ〜〜!!日本のスナック街やんか!!」


初めてタニヤを訪れた方々の反応は、人それぞれかもしれませんが、

僕が初めてタニヤを訪れた時は、タイに日本のスナックが存在している事

自体に、大変驚きました(^^)


今回の田舎っぺメンバーも、僕同様にタニヤの町並みにびっくりしつつ、

かなりテンションが上がっているご様子!


「そのまま真っ直ぐに進みますんで〜〜!」

「おいおいおい!女の子、よう〜け居てるがな(^^)」

「。。。聞いてます??」

「聞いてるっ聞いてるっ真っ直ぐな!うわっ!あの子カワイない?」

「うん!あれはカワイイわ!!」

「えっ??どれよ??」

「あの子!右端の!!」

「ちょっと待って〜〜どれ??あれ??」


と。。。口々に喋りまくってて・・・全然、前に進まない状態(^^;)


「見るだけタダな〜〜!!!」


と、女の子に呼び止められて拉致されるメンバー達(笑)


連休でもない普通の週末ですし、通りは思った以上に・・・というか、

今までで一番、人通りが少なくちょっと寂しいくらいで。

そこへ、通りがかったど素人丸出しの大所帯ですから、さぞかし鴨が葱を

しょってるように見えたんでしょうね。


その勧誘も激しくて・・・(^^;)


「鴨葱、どうする??行く??」

「まだ、金持ってへんがな!両替もしてないのに(^^;)」

「あっ!そうか・・・」

「後で来たらよろしいやん!(^^)」

「そっ・・そうやな・・・そうするわ(^^;)」


メンバーが周りをキョロキョロ見回しながら進むので、

超スローペースながら、タニヤリカーの前に到着っ!!


レートは、一万円=3940バーツ!!


「ほな、ここで両替ですね〜〜!」

「酒屋やんか??」

「うん。ここでできますんで、僕に付いて来て下さい・・・ん??」

「・・・隣の両替所の方が、10バーツ・・・レートええやんか!!」

「ほんまやわ・・・こんな事もあるんやな(^^;)・・・」



全員が両替を済ませたのを確認し。。。

いつもエレベーター前で、見かける呼び込みのチーママに声をかける。


「ママさん、アテッサやんな!全員で14人やけど、女の子居てる??」

「そうです〜アテッサですぅ〜!!14名ですね!女の子いっぱいナ〜!」

「いつ聞いても、いっぱいナ〜〜言うて!ほんまかいな(^^)」

「ホントです!!(笑)」

「(笑)ほな、案内よろしくね〜!」


トランシーバーで店内に連絡するおばちゃん!!

僕達がエレベーターで上がるまでの間に、女の子にひな壇に座るよう

指示がされる段取り。


「みなさ〜〜ん!!順番にエレベーターに乗って来て下さいね!」

「おい!おい!!エレベーター乗るんやって!お前、先行けや!」

「なんでやねん!お前が先行けって!」

「・・・・・・・・・・・・・・・」



メンドクサイので年配組の方々を無理矢理、エレべーターに押し込んで、

年配組から順に店内へ引っ張り込んで(^^)


ひな壇の前に行くと、女の子がズラ〜〜〜〜と三列に端から端のそのまた

端まで並んでいる。


「おおぉぉ〜〜〜!!!!スゴイやんか・・・(^^)」


(確かに・・・今までで最高に揃ってるんちゃうか!!)



メンバーもその数に、一見で圧倒されている様子だ。

「ほな、波平さんから、前に来て!!」

「えぇ!!うっ・・うん。。。」

「日本語〜〜〜!!!」

「ハァ〜〜〜〜イ!!!」

「うわぁ〜〜!!!」

「波平さん、どの子にします??」

「そっそっ・・そやな〜〜あの子にするわ!!」

「(早っ!!)ほな、あの子とボックス席にどうぞ!!」


「次の方〜〜K林さ〜〜ん!どうぞ!!」

「おっおぉ・・・」

「日本語〜〜〜!!!」

「ハア〜〜〜〜イ!!!」

「ほな、俺はあの子にするわ!!」

「(また早っ!!)ほな、波平さんと一緒に座ってて下さい!」


「ではでは、次の方〜〜!Y田さ〜〜ん!どうぞ!!」

「日本語〜〜〜!!!!」

「ハァ〜〜〜〜イ!!!」

「俺は、あの子で(^^)」


年配組・・決断、早っ!!!(^^;)




と、思っていると。。。中堅から若手になってもその勢いは衰えずっ!!!

この調子で、次から次へと順調に決めて行くメンバー達。


ほっほっ・・ほんまに・・そんでええの??

と、こっちが心配になるくらいの勢いで決まっていう(^^)


女の子もドンドンテンションが上がって、アピール合戦へっ!!!


でっ!!結局、メンバー12名中、11名が女の子を選ぶという展開っ!

ぶっちゃけ!!予想外で驚きを隠せない僕とMT君(^^;)


恐るべしアテッサ!!!


と共に。。。二次会のコンパニオンでも選んでるつもりやろか??

と、やや心配にもなる。。。


今から思うと・・・テント君も、神近も、丸森先輩も・・・圧倒されてか。。。

一軒目で選んでたなぁ〜〜!という初心者特有の現実を思い出す(^^;)



結局、アテッサで選ばなかったのは、M上さん、ただ一人。。。




「僕とM上さんは別の店に行くから、MT君にここ任せてもええかな?」

「うん。ええよ〜!」

「もし・・・誰かがリリースして違う店に行くんやったら電話して!」

「えっ??もう戻ってけえへんってこと?」

「わっ・・分からんけど・・・なんで?戻る方がええかな??」

「鴨葱君もカラオケで決めるん??」

「まぁ〜ええ子が居てたら一応。。。その線もあるかなという気やけど。。。」

「そうなん?初日からゴーゴー行くって言うてたやん?!」

「まぁそのつもりやったけど。この後の展開もあるし、決めてるようで決めてないし」

「・・・そやけど、俺、鴨葱君とゴーゴー行こうと思てたんやけど・・・」

「そうなん(^^;)・・・ほな、MT君も女の子選ぶことにしたん??」

「ううん。女の子は要らんわ」


(いっ・・要らんのかいな!!なんかめんどくさいな。。。)


「ほな、僕らも早く決まるか、誰かが次の店行くんやったら戻るわ」

「そうなん。。。」

「(ーー;)・・・ほな、どっちにしろ戻るわ。。。」

「うん。分かった〜」

「ほな、ここは任せたで!!みんなの様子、チェックしててな!」

「了解っ!」



僕はMT君に、お任せしM上さんを連れて、アテッサを後にした。


『任せたで!』と、いう意味にくい違いがあった。。。というか、

MT君の不思議さに気づくのは、僕がアテッサに戻った後。。。

でしたが(苦笑)

posted by 鴨葱 at 14:40| Comment(4) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

五年越しの訪タイ 其ノ七 ボラれてるんでしょうか?

アテッサを後にしたM上さんと僕。。。


「鴨葱、何か悪いな〜〜(^^;)」

「イヤイヤ・・・二人だけっていうこの展開が予想外ですから(^^;)」

「・・・確かにみんな決めるん早かったよな〜〜」

「ねぇ〜!ビックリです!でもここからは、ゆっくり選んで下さいね」

「よっしゃ!!どこでも行ってや!!」

「カラオケ覗きながら・・・先にバッポンのゴーゴー見てみます??」

「うん。。。任せるわ!!」



と、いう事で、ピンクパンサーに向かうつもりで、僕はスリウォン通りに

向かって歩き始めた。



その道中。。。二〜三軒のカラオケ店を、覗くだけ覗いて。。。

「みんなカワイイな〜!」ってな話をしながら歩いていると、

「あかん!鴨葱、あの子ドンピシャやわ!!」

「何もあかん事あれへん(^^;)・・・そんな子探してるんやし!!」

「なんか・・見つけてええのか?あかんのか?という気もするやろ(^^)」

「女の子探しの終わりって事やしね(^^)」

「そうやん。楽しみが一つ減った感じ(^^)」


初訪タイやのに、すっかり楽しめてますな(^^)


「(^^)。。。でっ!どの子??」

「あの端に座ってる子!!」

「うわっ!!ほんまにカワイイわ!入りますか??」

「入ろっ!」


僕ら二人が入ったのは、【かおり】・・多分そんな名前やったかと・・・

店内に入ると、女の子も見た感じ、10人くらいのお店で、

僕もそこそこカワイイ子を選んで、個室へご案内される。


M上さんの選んだのはミィちゃん。

日本語が話せて、色白でどことなく穏やかで、ちょっと品さえあって、

気立ても良さそうで・・・

と、なかなかこんな子見つからへんで!!というそんな子。


僕が選んだ子は、名前は忘れましたが、ちょっとポッチャリ気味で・・・

ってか、なんでかカラオケでは、ポッチャリ路線・・・

そんな傾向があるようです(^^;)


僕はM上さんの邪魔をすまいと思い、ポッチャ子といろいろ話していると、


MT君から電話(^^)


「もしもし〜どうしたん??」

「それが朝までが3500Bで、夕方までが7000B!!って言うねんけど?」

「えっ??ほんまに??えらい高いやないの??・・・値切ってみ!」

「そうやんな・・・」

「12人も居てるんやし・・・みんなで値切ってみたらええんちゃう?」

「分かった(^^;)・・・また電話するわな」

「・・・よっしゃ!」



・・・・・・えらい値段がちゃうな・・・・・・



「なぁ〜ポチャ子、朝までやったらナンボ??」

「3500Bな!」

「夕方までやったら??」

「7000Bな!」

「ほんまにぃ〜〜??いつからなん??」

「分からない・・・ワタシ働いてる時から、ず〜〜とナ!!」

「・・・そうなんや・・・」


四人で、しばらく話していると。。。

またまたMT君から電話!


「夕方まで6500Bになったんやけど・・・どうやろか??」

「そこからは、それぞれに任せるしかないやろね」

「でも6500Bでも高ない?」

「ここで聞いても7000Bって言われたで(^^)」

「そう!ほな、値上げしたんかな・・・」

「・・・分からん・・・でもここからは個人交渉してもらうしかないわ」


そう言って、電話を切ると。。。


「鴨葱、もうこの子にするわ!」

「もう決まりですか??」

「朝までしかあかんらしいけど、この子で決めるわ!!」

「ほな、アテッサに戻りましょか・・・」



でっ!!

一旦、アテッサに戻ります。


朝まで4000B・・・夕方まで5000B・・・

これが僕の知ってる相場やったんですけどね。。。


不況時代と円高相場の流れか・・・

それとも・・・ロングの7000B・・・ボラれてるんでしょうか(ー^ー)


posted by 鴨葱 at 11:10| Comment(6) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

五年越しの訪タイ 其ノ八 共感も共有もできないと(1)

M上さんの子も無事に決まり、三人でアテッサへ!!


一旦、アテッサに来てもらったM上さんですが。。。


「もう二人でどっか行ってきますか??」

「そうやな。。。かまへんか??」

「いいですよ!彼女が中に入っても楽しないでしょうし(^^)」

「そうか。。。そうしよかな。。。」

「僕らも適当に出かけますしね」

「ほな、そうさしてもらうわ(^^)」

「じゃぁ〜明日の朝まで、お達者で〜〜!!」

「おおぉぉ〜〜!!!」


M上さんは、彼女と二人でバッポン方面へと消えて行った。


初訪タイのM上さんですが。。。僕より旅慣れてる感じもありますし、

失敗を笑える懐も感じますし、勝手に楽しめそうですしね!!

ここからは、好きにさせろっ!!ってな余裕がありましたし(^^)




でっ!!!



今さら書くような事か??という気もしますが・・・(^^;)

今回の旅行では、常につきまとった思いでもありますし・・・


要は、MT君とのタイでの過ごし方の違い・・・なんですけどね!


あまりに違うと、気持ちの共感どころか、楽しい時間の共有もできない

もんやなぁ〜という・・・分かりきったお話です(ーー^)



まぁ・・・ボヤキだと思って下さい(笑)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




僕は、御一行のいるアテッサの個室へ

中に入ると、それぞれ女の子と一緒に座って、カラオケやら踊ってるやらで、

大盛り上りっ!!(^^)


「おおぉぉ〜〜!鴨葱、どこ行ってたんや??」

「他のカラオケ店へ調査に(^^)」

「そんな事してんと、まぁ〜歌い〜な!」

「・・・(^^)歌ったら、波平さん、踊ってくださいよ!!」

「よっしゃ!歌って踊れる自転車屋っちゅ〜とこタイ人にも見せたるわ!」

「(笑)。。。」

「前は、済州島で韓国人に見せたったさかいな!俺も国際的やで!(^^)」

「(笑)。。。」


「ん????・・・」


「あれ??あれ??MT君。。。女の子は??」

「居てないよ。」

「えっ??選んでないの??」

「うん。別に要らんしな(^^)」


要る要らんじゃなくて・・・あんた一人で退屈ちゃうん??


「・・・(^^;)・・・で??誰か女の子チェンジしたん??」

「してないよ。そんなんするん??」

「いや・・せんでもええけど・・・聞いたった?」

「ん??聞いてへんよ」

「・・・次の店に行きたいって、人は??」

「う・・・ん・・・どうやろ・・・聞いてへんけど・・」



女の子を呼ぶでなく・・・みんなと過ごすでもなく・・・

今まであんた何してたんや??(ーー;)



僕は一旦、個室を出て、この後の展開をどうするか・・を考える。

お店を移動するならそろそろやろか・・・と、思っていると。。。


「鴨葱君、もうこのままゴーゴー行こか??」

「えっ!なんでや?次のカラオケ行きたい人も居たはるで!!」

「・・・でも、盛り上がってるで(^^)」

「そっ・・それは宴会として・・・やろ??」

「え??その流れでええんとちゃうの?」

「まぁ。。。でもここからが女の子探しの本番やんか」

「そうなん??これで決まりちゃうの??」



それを見たり聞いたりしててほしかったんやけど。。。

MT君は、女の子と遊ばんから、分からんのかもな(^^;)



みんなが盛り上がってる個室の前にあるボックス席には、

米やんとモンさんが宴会の終わりを待ってくれている。


「もう米やんとモンさんに任しとこ〜〜や!!」

「・・・・・・・」



ここでみんなと別れたら中途半端やんか・・・と、いう気持ちもある。

あるにはあるけど・・・

思いもよらない自由時間ちゃうの!とも正直思う(笑)



そもそも、今回の訪タイでの過ごし方です・・・

今回は、女の子を選ぶ時間は、ほとんど無いやろな〜〜と思ってましたし、

二泊の弾丸ですから、じっくり選ぶよりも、前回の子との再会を楽しむのが

ええかも(^^)  (まだ訪タイ記は書いてませんが・・・)

というのがあって、訪タイ前から、時間が出来たらその子のいるナナプラへ

行こう!と、MT君と話してたんですけど(^^)



・・・確かに話は、してたんですけど(^^;)



このままタニヤで女の子を探して、みんなで居酒屋とかへ行った方が

楽しいんちゃうか!?・・・と思い始めて(^^)


「MT君って、ほんまに女の子要らんの??」

「ん??要らんな(^^)」

「そっ・・そうなん・・・なんで??(^^;)」

「コンドーム付けたら、チンチンの立ち悪しな・・・」

「それは僕も一緒っ!でもがっつりセックスせんでもええちゃうの??」

「んんん・・・でも要らんわ(^^)」



みんなの楽しい宴を見てんのに・・・なんで要らんねんやろ??・・・

あんたは参加したくないのんか??と・・・(ー^ー)



「・・・・MT君!」

「うん。ナニ??」

「前回の子に会いにナナプラ行くか・・・カラオケで選ぶか悩んでて・・・」

「うん。。。」

「今夜はカラオケの子がええかなぁ〜と思ってんねん!」

「そうなん??」

「うん。前回の子とも約束してないし、居てるかどうかも分からんし・・・」

「えっ!ほな、今からカラオケ行くん?ゴーゴーちゃうの??」

「うん。。。まぁ。。。決めてる訳ちゃうねんけど」


・・・それをいつもなら、ウロウロして自分で決めるんですけど・・・

話してみても・・・それさえ、彼には伝わらないっ!!と(^^;)


伝わるどころか。。。逆にMT君はというと、

女の子を探すために・・行き先を考えて。。選んで。。悩んで。。とかって

のがありませんので、昼間同様に行動が計画的で、ゴーゴー巡りの後、

最後はテーメでシメて2時頃ホテルへ帰るという・・・お決まりのコースと

パターンを持ってはるようで(^^;)



・・・夜もほんとに観光的なノリなんやな・・・



と改めて思うと、この後の予定を話しても、全然・・噛み合わへんし・・・

でも・・行動は共にって感じで、一人で探しに行くなんてありえへん・・・

ってな空気で(ー^ー)



「ほな、ナナプラ行こか・・・」

「うん。でも先にソイカ行こうや!!」

「ガクっ!!となるわっ!!(笑)なっ・・なんで??」

「ナナプラ行ったら、もう終わるやん!!」

「そっ・・そうかもやけど・・・(ー^ー)」


そりゃ〜〜〜〜!!!女の子探してるんやし・・・

ええ子が見つかれば、ゴーゴーでもカラオケでも終わりますし・・・

ってか、

寧ろ・・終わる為に探してるんやし!そこがゴールでしょうよっ!!



もう〜〜〜!!めんどくさっ!!!!!って、なってきた僕は、

「ほな、ソイカに行きまひょか!!」・・・と(^^;)



みんなのアテンドを終わりにしてまで・・なぜかソイカへ・・・

カラオケでもなく・・・ナナプラでもなく・・・一人でもなく・・・

女は要らん!と言うMT君に合わせて・・なぜかソイカへ・・・



なんやろ・・・楽しないわっ!(ーー^)



と、釈然としないまま・・・僕はMT君とタクシーに乗り込んだ。
posted by 鴨葱 at 11:00| Comment(4) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

五年越しの訪タイ 其ノ九 共感も共有もできないと(2)

ソイカに向かう道中のタクシーで。。。


「みんな楽しそうやったなぁ〜〜〜」という彼。。。


「鴨葱君!ばっちりアテンドできて良かったな!!」

とか。。。

「みんなが個人行動できると楽なんやけどな〜!!」

とか。。。

「で??明日はどうする??」

とか。。。



普通の会話なんですけどね・・・

なんでか・・・会話さえ、噛み合ってない気が(^^;)




ソイカに到着した僕らは、まずはバカラへ。

このままではあかん。。。と思い、僕はMT君と話しこんでみる事に!


「相変わらず・・・えらい人気やな〜〜」

「鴨葱君、なんでバカラはこんなに人気なんやろ??」

「オヤジの僕には分からん・・・なんでやろな??」

「そんなにええ女居てるかな??」

「カワイイ子は居てると思うけど、僕のようなオヤジ好みじゃないからね・・・」

「あんまりキレイな子やと、相手にのまれる気ぃせえへん?」

「うん。でも見た目も大事やけど、楽しい時間が過ごせたら、僕はええから」

「でもブサイクは要らんやろ??」

「限度はあるけど関係ないよ!」

「ブサイクでもええって事??」

「楽しかったら、ええって事!」

「。。。。。」

「それに遊び方はそれぞれやけど、団体か、個人か、二通りやと思うねん。」

「うん。」

「今回でいうと、M上さんのように個人で過ごすか、みんなと混ざるか」

「うん。」

「僕は、せっかくみんなと居てるなら、みんなと楽しみたいねんな〜〜」

「うん。」

「団体行動=素人とも思わんし、どっちにも楽しさはあると思うし(ーー)」

「うん。」

「友達と楽しい時間を共有してると、思い出に味付けが増すしね!」

「そやんな!!」



あかん・・・上手こと言える気ぃせんわ・・・


一通り、ダンスを見た後、寄ってくる女の子も断りながら・・・


「時間の無駄ちゃう??」

「ほんまやな・・・」


と、いう事でシャークへ移動。


「MT君!!やっぱり!バカラはデカすぎて、あかんわ!(笑)」

「せやんな〜〜(^^)」


『せやんな〜〜(^^)』って、言うてくれてるけど・・・

あんた!女の子選んでへんがなっ!!という思いもあって・・・

絶対!共感できてませんよね・・・と(^^;)



シャークに30分ほど座って・・・そろそろ行こか〜という空気の中、

どことな〜〜く良さげな子を発見し、

「ダンス、終わったら、あの子、呼ぼかな〜〜」

「そうなん・・・」

「どうしよかな・・・とりあえずダンス中やし、先にトイレ行ってくるわ!」

「うん。。。」


トイレから戻ると・・・あれ??MTは?

しかも。。。テーブルにドリンクも無くなっとるし??


出入口を見るとMT君が、手を振って外へ出て行った・・・



あんた・・・なんでチェッビンしたん??・・・



なんか調子狂うなぁ〜と思いつつも。。。また戻るのもめんどいし・・・

こうなったら・・・目指すは〜前回の子!!ナナプラです!!!


と、いう事で。。。。さっさとソイカを終わらせるべくっ!!


「MT君・・・もう片っ端から見ていこか??」

「ええよ!任せるわ!」


ほんまに任してよ!!(^^;)とか、思いつつ・・・

どうも・・・彼と回っても見つけられる気がせんし、楽しくないっ!!



向かいのリオで、コヨーテと戯れる30分を過ごし(^^;)

その隣の新しいレディーボーイ店を飛ばして・・・

順に見るだけタダ方式で、女の子をチェックしながら覗いて行く。



一時間ほど、彷徨って・・・ナナプラへ行こうって事に(^^)



途中、「テーメ、寄る??」というMT君からのお誘いを軽くイナして、

一路ナナプラへ急ぎ足で、向かったのでした(^^)
posted by 鴨葱 at 11:00| Comment(4) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

五年越しの訪タイ 其ノ十 共感も共有もできないと(3)

ナナプラに到着すると。。。一目散にゴーゴーへ!

と、思っていると。。。


「鴨葱君、ナナバーガー食べへん??」

「へ??食べ・・・へんな(苦笑)」


まぁ〜ハンバーガーを食べる時間ぐらい待つ余裕はありますよ・・・

ありますけども・・・

ハンバーガー喰うてる場合ちゃうしっ!・・・はよ行きたいわっ!!

というのが正直な気持ち(笑)

「あの〜〜先にレインボーに行かせてもうてもええかな?(^^;)」

「うん。。。まぁええけど。。。急ぐの?」

「いや・・・急ぐわけやないねんけど・・・」


あんたがハンバーガーを食べる姿を見とくよりは急ぐし・・・ヒマでもないわ!

と、ちょっとイラついてしまう・・・(ーー;)


それに『急ぐの??』と、言われると、僕だけ必死みたいやしね・・・


ってか、普通この状況なら女の子を優先に探してるわけで。。。

ペイバーしたら、屋台やコンビニでなんなと買って〜〜ってなイメージが漠然と

あったりして。。。

こんな会話には、ならへんように思うんですけど、これは僕の焦りでしょうか・・・・


余裕ないんかな・・・って、こっちが恥ずかしなるわ!!(ーー;)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




ナナプラ前。。。時間は11時を少し回ったくらい・・・

MT君がナナバーガーを完食し。。。

お決まりのナナプラ一軒目はレインバー2から入店!!



時間的にええ子は残ってないかもな〜〜と思いつつ・・・

店内やステージを眺めていると、あらあらどっこいっ!!

カワイイ子がいっぱい居てますし!!


でっ!!!明るい笑顔でお喋りしてる女の子を発見っ!!


しばらく観察・・・・


時々目が合い・・・微笑み合いつつも・・・さらに観察・・・・


よしっ!!あの子を呼ぼうっ!!


って事で入って5分で、その子を席に呼んでお喋り〜〜!


あれっ??タイ語でどう言うんやったっけ??


・・・もう英語でええわっ・・・何語でも通じたら一緒やし!!(^^;)


「キャン・ユー・スピーク・イングリッシュ??」

「リトル・ナ」

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」



あれっ??なにこれ??会話が続かんぞ!!(ーー;)



それでもしばらく話した後。。。朝までは無理って事で、彼女をリリース・・・

ナンボ一年ぶりでも・・・緊張してんのかなっ(ーー;)

と、己にツッコミつつも・・・これもまた現実の僕でして・・・



リハビリが必要かもね・・・(ーー;)



「MT君・・・次、行きまひょか??」

「うん。レインボー4でもいい??前来た時、カワイイ子居ってん!!」

「なんやて〜!!そっ・・それを先に言わんかいなっ!!(ー^ー)」

「そうなん??」

「そうなん??じゃなくて・・・居ったらペイバーですか?デヘヘ〜!」

「イヤ・・・ペイバーはせえへんけど・・・鴨葱君、見るかなと思って!」


見るかなって・・・こっ・・ここは動物園かっ!?

何しに見に行くやねんなっ!!

自分の女を探さんかいっ!!!と(ー^ー)


「そっ・・そうなん・・意味分からんけど・・まぁ・・もし居ったら呼んで見たら??」

「うん・・・まぁ・・・」

「ま・・ま・・まぁ・・とっ・・とりあえず行こか・・・」



いちいち・・・ボヤきたくなる衝動をグッと堪えて(^^;)



って事で〜〜!!!!

レインボー4へ!!


しばらく店内を見渡して・・・

「やっぱ!居らんな〜〜!!」

「そうかぁ〜〜残念やな〜〜」

「ちょっと、見てきてええ??」

「おぉ〜〜!!ええよ!ええよ!!行ってきて!なんなら連れといで!」


頼むっ!!連れてきてくれっ!!ほんでペイバーしろっ!!

との願いも虚しく・・・


「見てきたけど居らんわ・・ええ子も居らんし・・・」

「(くそっ!)・・・そうでっか(ー^ー)」

「ほな、次、行きますか??」

「そやね!」


次に向かった先は、前回ペイバーした子が居るバー!!!


やっと到着ですっ!!!(^^)


店内に入り女の子を見回して・・・

ママさんが僕に気づいて・・・って、言っても一年前の事ですけど。。。


「アナタ〜〜覚えてるナ〜〜!いつ来たの??」


っていう程度なんですけど、覚えてもらえてると嬉しくて(^^)


「今日来た!!アリサ、居てる??」

「アリサ??・・・あぁ〜〜アリサ・ナ〜〜辞めたっ!!」

「やっ・・辞めたんかいな・・・」

「うん。今、田舎に帰ってるナ・・・アナタ名前は?」

「鴨葱〜〜!」

「鴨葱ナ!アリサに言っとくよ!!今日は他の子選ぶナ〜!」

「・・・うん・・・まぁ。。。ママさん!一杯飲んでね!!」

「ありがとうね!!」


やっぱり・・・アリサに電話して予約しとけば良かったかな〜〜と。。。

中途半端な気持ちで、中途半端な時間で、中途半端な行動と、

経験不足がもたらした結果かと反省しつつ・・・凹みつつ・・・

・・・ほんとに辞めたのなら、そっとしとこ〜という気もして・・・



アリサに幸運を!!と(^^)



「鴨葱君、ようここで選んだな・・・珍獣ばっかりやんか(^^;)」

「(^^;)・・・でも居心地ええねん。今日も時間あったら他の子選んでるかもよ」

「ほんまかいな!!カワイイ子居てへんやんっ!!」

「確かに今日は、珍獣ばっかりやけど・・・」

「・・・でも、明日もきっと珍獣ばっかりちゃうの??」

「まぁね(^^;)・・・何が楽しくて、どこがカワイイかは、人それぞれやから(^^)」

「そっ・・そうやけど・・・なんもわざわざ・・・(^^;)」


その瞬間・・・・僕の脳裏には、豆太の顔が自然と浮かんだりして(^^)


確かに・・・何もわざわざこのバーで!という気はするけど。。。

今の僕なりの楽しみ方なんやろ〜という気もする。。。

と、思うあたり。。。

僕もMT君に負けず劣らずクセあるんやろなぁと(苦笑)




まぁこれは誰とも共有できんでもええけどね!(^^)




バーを出て・・・それからいろいろとウロチョロしつつ・・・

時計を見ると・・・時間は既に00時30分・・・

この時間から、探すのって厳しいな〜〜と、一人寝を覚悟(ー^ー)



僕は、今夜のシメ!!ここでダメなら諦めよっ!!

そんなつもりであるバーに入店した。


バーに入る前・・・「なぁ〜!なぁ〜!!帰りにテーメ寄る??」

と、いうMT君の声は聞こえてないフリして・・・・


posted by 鴨葱 at 10:41| Comment(6) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする