2012年08月21日

訪タイ五回目(31)空港へ

ホテルをチェックアウトして一階のレストランのテラス席で、

二人でまったり過ごしていると、先輩から電話が・・・(^^;)


「鴨葱、どこに居てるん??」

「ホテルに居てますよ!」

「そうなん。。。今、ヒマか?」

「まぁ〜ヒマちゃ〜ヒマやけど、ピーと最後の晩餐してる。なんでやの?」

「いや・・・今、鴨葱のホテルの前に居てるから(^^;)」

「え〜〜〜??・・・どこに居んの??」


ホテルの前を見ると。。。確かにタヌキのようなオヤジと、

その横。。。というには少し離れた距離に女の子も。。。


顔、見えんでもその距離感で誰と居てるか分かるわ(^^;)


しょうがないので、僕らの席へ。。。


「先輩、何してんの?ちゅ〜かどこ行ってたん?」

「オンヌットで買い物してきてん!眉子にもプレゼント買ったってん!」

「へぇ〜〜!珍しっ!!タイに雪でも降らす気か(^^)」

「なんでやねん!!しばくぞっ!!」


「で?二人で行ってたん??」

「ううん・・・豆太らと四人で(^^)」

「ほな、豆太らは??」

「ホテルに戻ったわ!」

「そっ・・・そうなん・・・」  



こっ・・これはイヤな予感がするで(ーー;)



「いや。。。ほんでな、空港まで一緒に行こうや!」

「え??何で?。。。二人で行き〜〜な」

「それがやな。。。眉子が二人やったら行きたがらへんねん!」

「ほな、ホテル一緒やねんし、豆太らと行き〜〜な!」

「あいつらは二人で行きたいねんて。。。」



アホかっ!(ーー;)

僕も二人で行きたいわぃ!!



とりあえず・・・眉子に事情を聞いてみる。。。

「眉子!先輩と二人で空港行き〜〜な!」

「無理っ!・・・(ーー;)コワイナ・・・ホントに無理っ!!」

「そうか・・・・ほな、しゃ〜〜ないわ!ここで帰り〜〜な(^^;)」

「えっ〜〜!!四人で行きたい!!」

「なんでやねん!!(ーー;)」



わがままかっ!!



「。。。。。。。。。」

「。。。。。。。。。」

「昨日の夜、先輩が眉子を選んだってのは、眉子と次回も居たいって事やで」

「。。。。。。。。。」


と、昨夜はカラオケでもゴーゴーでも新規探しに付き合うよ!と言ってた事、

でも先輩から電話はなく、それは眉子を気に入ってるって事やで!という事、


「次回もロングで、ガッチリ頑張れよ!!」

と。。。

「そやのに空港に行けん!ではあかんのちゃう?」

と。。。

そのあたりを必死に説明・・・というか説得したものの・・・・



目先の恐怖に勝てない眉子・・・

ってか。。。あんたら二人でメンドクサイんかぃ!!(ーー^)



「今回、丸々六日間一緒に居てたんちゃうの??」

「。。。。。。。。」

「ナニがそんなにコワイねんな??」

「すぐに怒るとこも、セコイことも、ナニを考えてるか分からんとこも、顔も!」


顔もって・・・致命的ちゃうの(ーー;)


「先輩!眉子にナニしたんよ??」

「ナニもしてへんわ(苦笑)」

「そやけど・・・ビビリ過ぎやって(ーー;)」

「な??そやから一緒に空港行こうな!」

「行けへんっちゅ〜〜ねん!!」


すると。。。ピーまでが。。。


「鴨葱!一緒でいいでしょ??」

「ん??・・・・イヤやわ(ーー^)」

「なんで??」

「一人で来たし、一人で帰りたいし。。。」

「ピーが居るから一人じゃないでしょ(^^)」

「そういう事じゃなくて・・・・ピーと二人で空港まで行きたいねん」

「鴨葱は、眉子さんが可哀想じゃないの??」

「。。。。。。。。。。」


あかん・・・なんか飛び火してきたがな!!

くそぉ〜〜〜!なんでやねんな!!

眉子さんが可哀想じゃないの??って、何が可哀想やねんな!

僕の方がよっぽど!可哀想やがなっ!!!という気分です(ーー^)


ってか・・・先輩との付き合いが、昨日今日のあんたらに、

ワシの気持ちが分かるかぃ!!!という事ですよ(ーー^)


「先輩!今日が新規の子なら、昨日の今日やし・・・まだ話しも分かるけど」

「・・・・・・・・・・・・」

「眉子とは六日も居ったんやし、空港くらい一緒に行き〜な」

「俺もそうしたいんやけどな。。。」

「ほな、そう言いな!それで無理なら帰らし(ーー)はっきりするやん!」

「帰らせたら・・・俺だけ一人になるがな!!」

「そういう時もあるんちゃうの?アメージングなんやから(ー^ー)」

「(ーー^)。。。そやけど・・・なるべく一人は避けたいがな」

「まぁ〜そりゃそうやけど(ーー;)」



僕は、いろんな感情が折り重なって。。。

先輩には、独自の道を歩んで頂くしかないな〜〜てな結論で、

「今回はピーと空港に行きたいから無理!!」って事を、

二人に。。ちゃうな。。三人に説明し、ピーと二人で空港へ向かった。


ピーは空港に向かうタクシーでも。。。

「なんで??四人で一緒に空港へ行けばいいでしょ??」

「・・・(ーー;)」

「眉子さん、可哀想ナ・・・鴨葱考えすぎっ!(ー^ー)」


と、お怒りでしたので、結局・・・台無しでしたけどね(ーー;)



一方・・・

ホテルに戻った先輩は、豆太らがまだ出発してないのを確認すると、

拉致するように無理やり四人でタクシーに乗り込み空港へ!


結局。。。空港で豆太から電話があって集合(苦笑)


空港では。。。

ブサ子は、豆太とタクシー内で満足な別れが出来なかったのか。。。

中途半端な号泣でやや消化不良な空気感・・・(^^;)

豆太も同じ心境なのか。。。先輩にブチ切れとるし!!


眉子は、先輩との距離がさらに広がってて。。。

一歩たりとも近づきたくないってな拒絶感を放ってる(ーー)


ピーは。。。空港に着いても、まだちょっと不機嫌で。。。

二人の今までの雰囲気も台無しに・・・・

完全に僕は心の狭い。。。性格の悪い男っぽい扱いへ・・・(ーー;)


最後は、『バイバイ〜〜!!』ってな感じで、

気持ちよくお別れできたはずや!とは思いますが。。。


・・・ちゅ〜〜か、思いたい(ー^ー)


じゃぁ〜そろそろって頃。。。

どこで別れを惜しんでいるのか。。。豆太が来ない。。。


待つ。。。


待つ。。。


「もう中に入ってましょか。。。」

「もうちょっと待ったろ〜〜な」

「。。。。。。。」


搭乗二時間三十分前には、空港に到着してたのに。。。


豆太が来たのは、ホントにギリギリ・・・(ーー^)


「あかん!こらホンマにヤバイかもよ(==)」



ってんで、全速疾走です!!



「ハっ!ハっ!ハっ!しんどっ!先輩っ!!あんた説教やでっ!!」

「ハっ!ハっ!ハっ!しんどっ!なんでまた俺が説教やねん??」

「ハっ!ハっ!ハっ!今回のあんたは、ちょっとエグすぎるって!」

「ハっ!ハっ!ハっ!しんどっ!ほんまや!!シートで正座じゃ!正座!」

「ハっ!ハっ!ハっ!うっうそや〜〜ん・・・俺が一番、可哀想ちゃうん??」


「ハァ〜〜しんど。。。ちょっと休もか・・・」


「あかんて!見てみ〜〜!ゲート締まりそうやんっ!マジでヤバイって!!」

「ハっ!ハっ!ハっ!!あかん!ちょっ。。ちょっとぉ〜待ってぇ〜〜!」


「・・・ン??・・・オオオォォォ〜〜〜!!!OK!!OK!!」


「ハァ〜〜〜!間に合〜た!って、先輩の何が可哀想やねん??」

「ハァ〜〜〜〜〜しんど。。。ほんまや!ほんまや!!」

「ハァ〜〜〜〜しんど過ぎるわ。。。ほな、言うけどな・・・・」

「ハァ〜〜〜〜キツっ。。。何やねんな??」


「タイに七泊して、マトモにヤれてないねんぞ。。。」

「!!!!!!!」

「!!!!!!!」


「こんな可哀想なヤツ、他におらんやろが!!」



【第二章 訪タイ 五回目 完】
posted by 鴨葱 at 11:50| Comment(4) | 訪タイ五回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

訪タイ五回目 【あとがき】

それでは、毎度の事ですが【あとがき】です。



帰りの飛行機。。。

今回も豆太は、離陸して直ぐに爆睡(^^)


僕は先輩と座談会。。。


「先輩!このままやったら堂々巡りやで(^^;)」

「まぁ〜な(ーー)」

「7泊してヤれてないって。。。そんなヤツおらんで」

「知らんがな。。。」

「。。。来れば来るほどヘタクソなっとるしっ!けったいな人やで(^^;)」

「そんなはずちゃうかってんけどな〜」


「やっぱり・・・一番の原因は一人で行動でけへんこっちゃな!」

「いや。。。今回は眉子がやな〜〜。。。」

「一緒!一緒!!次も同んなじ事なるって(ーー)」

「そうなん・・・(ーー;)」

「先輩にも楽しみきれない【何か】があるんやで!おもろないやろ??」

「まぁ・・・今回はあかんかったけど・・・次はワンにしたら・・・」

「だから・・・次も一緒やったら一緒やって(^^;)」



僕は、この三人との訪タイもこれで最後にしよ!と、この時には気持ち

がハッキリしてましたので、先輩との最後の座談会のつもりで思う事は、

全て先輩に言っておこう!と(^^)



「まずは春団治ですよ!!豪快に遊べっちゅ〜ことやと思いますよ」

「・・・豪快にっちゅ〜〜ても(^^;)」

「先輩の場合、まずそこからやで」

「そうなん・・・(ーー)安いねんから安い方がええがな(ーー;)」

「う〜〜ん。。。先輩の場合は、そこがちゃうねんな!」

「。。。俺の場合って。。。何がちゃうねんな??」

「言うけど怒りなや(^^;)・・・」

「そんな事でイチイチ怒るかいな!(^^)」

「ほな。。。言うで。。。」

「うん。。。」

「・・・ホンマに怒りなや(ーー;)」

「怒らへんって(^^)」

「ホンマやな??」

「ひつこいっ!!」


「デブでブサイクでセコくて浮気モノで優しくもないおっさん・・やで」

「おぃおぃおぃ!!ちょっとタンマ・・・それ何の話し??(ーー;)」

「しかも語学力ゼロ。。なんかええとこあるか?ちゅ〜・・・な??」

「なっ??って・・・だから・・誰の話しとんねんて??・・・(ーー;)」

「定価の二割増しっ請求される男の話しやがな」

「じゃかましわぃ!!(ーー^)」

「やっぱり!怒ったがな!!」

「当たり前じゃ!ただの悪口やないか!!怒らいでかっ!!!(ーー^)」

「でも・・それがタイの子から見た先輩ってことちゃうの?(ー^ー)」

「・・・・(ーー;)」


「タイをもっと楽しむには、僕にも足らんもんがあって、先輩にもあんねんて」

「・・・(ーー;)」

「その足らんもんが【何か】は自分にしか分からんけど。。。」

「・・・(ーー;)」

「その足らんもんの答えの全ては、先輩の中にあんねんて!!!」

「・・・なんやそれ??名言でも言うたつもりかぃ???」

「。。。(恥)」



「ほな、鴨葱はどうやねんな??」

「僕は小デブでブサイクやけど、多少喋れるしセコないし浮気モンちゃうし!」

「ほな、豆太は??」

「チビでデブでブサイクで語学力ゼロやけど、一途で相手もブサイク!(笑)」

「・・・ほな、俺は春団治になったらええのんか??」

「うん。。。まぁ・・・(ー^ー)」

「ほな、遠まわしに言うてるだけで・・・結局、足らんのって金かいな?」

「。。。(ー^ー)どれかちゅ〜〜と、金ってこと!」



「若さ、男前、お金、性格、一途さ、語学力・・・どれも大切な要素やろ??」

「・・・(ーー;)」

「全部持ってたら世界共通でモテ男やで!!」

「そやけど・・タイ来てんのに一途さは、要らんやろ(ーー;)」

「そうかな・・・一途さは、時間とお金の交渉ってことやと思うねん・・・」

「へっ????」

「豆太は・・・性格、一途さ、お金で勝負しとんねんな。。。うん。うん。」

「これから僕は、性格、一途さ、語学力、お金の順で勝負しようと思って!」

「先輩は??どれで勝負すんの??」

「えっ??・・・(ーー;)」


「なっ??春団治!!!そこから始めるしかないやろ??」

「だから・・・春団治って呼ぶなっ!!」





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜





これで三人の訪タイ記、及び、第二章は終了となります。今まで、アホな僕らの

必死のパッチの珍道中を読んで下さった方々、ありがとうございました。

書き終えた今さらながら、書き足りないと思う事もあったりしますが、三人で経験

した出来事や、成長していく過程は、僕なりの目線で僕なりに概ね書けたんじゃ

ないかなと思っています。


これまでありがとうございました(深々)




次回からは、新シリーズ!!!

【鴨葱 in アジア】 がスタートです(^^)


今後ともよろしくお願いします。
posted by 鴨葱 at 11:15| Comment(12) | 訪タイ五回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

動画集

ご無沙汰しております。


鴨葱です!


訪タイ五回目を書き終えたところで、更新が止まっております(深々)


しかも。。。まだ何も書いてませんでして・・・


若干の燃え尽き症候群のような状態です(^^;)


概ね、書きたいことは書き終えたしね!



とは言え。。。ヒマっちゃ〜〜〜ヒマですし、

動画にモザイクを入れようと、悪戦苦闘しておりましたところ、

出来るようになりましたので、その流れに乗っかりまして。。。

ひつこいっちゃ〜〜ひつこいって気もしますが。。。

ピーの動画集を作ってみました(^^)


お暇な時間に見てみて下さい。





posted by 鴨葱 at 16:50| Comment(2) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

鴨葱 in アジア 序章(其ノ一)

時は、2008年 初春 でございます。

訪タイ記でいうと、ちょうど訪タイ三回目から帰国した頃。

・・・・のようです(^^;)



いつも通り仕事をサボって、MT君の店(タイヤ屋さん)で、

食っちゃべっていると、偶然地元のボランティア団体の長!

K林さんがパンク修理に訪れた。


このボランティアですが、元々地域に密着してるメンバーが

選ばれてて、一度入ると辞めれないという恐ろしい団体(笑)

また仕事ではありませんので定年はありませんから、体を

壊さない限り、死ぬまで続く!という強制収容所的な要素まで

秘めております(^^;)


ここで補足しておきますと。。。

今までの登場人物でいうと、訪タイ一回目、清太、魚水、

五回目の農田、横の繋がりですが、テント君、N君なんかも

この団体の仲間。



そして。。。ここからが本題っ!

このボランティアには、年に一度、懇親旅行があるんですな。

まぁ〜団体に入団して約16年。。。毎年温泉旅行なんですが(^^;)



そうなんです!


そうなんですよ!!


ご想像の通り!!僕はここでひらめいた訳です(^^)



「おぉ!鴨葱!!何してんねん?仕事サボってんのか??」

「まぁサボってるというか・・・ボチボチいつも通りというか(^^;)」

「また二人して、遊ぶ事ばっかり考えてんねんやろ??(^^)」

「デヘへ!あっ!そうそう!!K林さん、今年の旅行先って決まってますの?」

「。。。(笑)まぁ〜まだ決まってへんけど、どっかあんのか?」

「毎年一泊二日で温泉ですやん・・・飽きてきたし・・・」

「飽きたっちゅ〜ても・・・他に何かええ案あるかぁ??」

「・・・海外ってあきませんの??」

「海外!!・・・海外かぁ・・・まぁ海外でもええけどな・・・」

「海外でもええねやっ!後援会とか本部とか、問題ありませんの?」

「まぁ〜いけるやろ。。。」

「ほんまですか??」

「お前が幹事になって段取りする気あんのか??」

「やりますよっ!!けど、先輩方を差し置いて幹事してもええんかな??」

「ええやろ!!行き先決めるんナンギしとるし(笑)ほな、やってみ!!」

「デヘヘへへ〜〜了解ですっ!!」



K林さんが帰った後、仕事が一段落したMT君に、そのやり取りを報告!

「ほっほっほんまかいな!!海外でもええってかー!」

「うん。ただ何人参加できるかにもよるとも言うてたわ・・・」

「全員で23人やったっけ?!。。。で、何人ならええのよ??」

「まぁ〜毎年の温泉くらいとして〜14〜15人、居てたら十分やと思うで!」

「揃うかな??」

「揃えよ〜〜なっ!!(^^)」

「そやな!揃えよっ!!(^^)」


まだまだ半信半疑ではあるものの。。。

ボランティア仲間との無料訪タイ計画がこの日から始まった。



posted by 鴨葱 at 12:42| Comment(8) | 訪タイ七回目(鴨葱inアジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする