2012年05月14日

訪タイ三回目(26)迷路の別れ道(3)

訪タイ三回目 最終日

時刻は、PM7:00 を少し回ったくらい。。。

僕は予定通り、ソイカーボーイの前に立っていた。




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ





前方には明るく照らし出されるソイカのネオン。

しばらく立ち止まっていると、僕の後ろから次々と出勤してくる

女の子たちが足早に通り過ぎて行く。



そんな女の子をイヤらしい目で見てしてしまうのはオヤジの性か(^^)




「なぁ〜なぁ〜鴨葱!あの子どこの子かな??」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「今夜は初めから一人で来れるチャンスやったんやけど(ーー)」

「そんなこと言うなや(笑)」

「てか、なんでついて来たんよ?ワンちゃん迎えに行くんちゃうん??」

「ソイカに一人で行きたいっ!とか言うても一人やったらおもんないって!」

「おもろいよ!ってか、ほっといて(ーー;)」

「またまた〜強がって〜〜!二人の方が楽しいって!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「まぁ〜ええけど。。。でも今夜はナナには行かんかもしれんよ!」

「そうなん??」

「今夜は最終日やから先輩は先輩の都合で動きや!」

「よっしゃ!!」

「僕は僕の都合で動くで!!ええの??」

「ええよ!」

「ホンマに??」

「ええって!!」



ちょっと予定とは違いますが。。。

最終日の今夜、僕はソイカの前に立っていた。


ゴーゴーの空気をカラダに染み込ますように僕は歩き始める。


まず初めにロングガン!!


そう言えばショーって見たことないな(^^;)


女の子必死に探してるし、見つけたらご飯行くし。。。

いつか余裕をもって、ショーも見てみたいよな〜(^^)



そんな調子で、次から次へとバーを覗いていくが、

「一人でウロチョロしたかったのに〜〜」

という気持ちもあるからか(ーー;)

イマイチ盛り上がれない。。。


4〜5件、覘いただろうか・・・

携帯で時間を確認すると PM8:00 を少し回ってた。

「そろそろ黒服子が居てるかだけでも見とこかぁー?」

ってことで、一番奥のバカラへ行ってみることに!!


表にいるはずの黒服子を探してみるけど見当たらない。

回りをキョロキョロしていると。。。

黒服子といっしょにいたお姉さんを発見っ!!

初日黒服子をペイバーした後、その夜二度目のバカラに入店

した時に、三人で飲んでたんで覚えてくれてたんだろう!!

お姉さんも僕に気づいて近づいてきて、

「あぁ〜あなた覚えてるよ!今日も来たの??」

「うん!黒服子居てる??」

「あぁ〜〜黒服子ね!!今日は来るかなぁ〜??」

的な返事(^^;)

「えぇ〜〜会いにきたんやけど!!」

「電話してみたら??」

「番号分からんようになってしもて(^^;)」

「そう!電話したげよか??」

「うん!頼みます〜〜!ってか、なんか飲む??」

「うん!ありがとう!!」

「あなたは??」

「コーラ!」


黒服子に繋がり電話を代わってもらう。


「ハロ〜!黒服子!!」

「ハロ〜〜〜!!」

「ドゥ〜 ユゥ〜 リメンバ〜 ミ〜??」

「イエ〜〜ス!シュー!!鴨葱ナ〜〜!」

「アイ ウォント トゥ シー ユー!!」

「オォ〜!!リリ〜??」

「イエス!アイ ミス ユウ〜〜!!」

「アァ〜〜〜ン!!ミー トゥ!」

「キャン ユウ カム トゥ バカラ??」

「イエ〜〜ス!!シュ〜!!」

「ワット タイム??」

「うう・・・ん・・・メイビィ〜〜9PMナ〜」

「・・・」


一時間待ちかぁ・・・

まぁええかっ!今夜は黒服子にしよっと!


なんか声が嬉しそうやしね!!!


「OK!アイ`ル シー ユー レター!!」

「OK!!バイバイナ〜〜!」



「先輩!今から一時間待ち!!」

「あぁ〜そうなん!?」

「そろそろナナプラにワンちゃん迎えに行った方が良くない??」

「え??そうかな・・・」

「だって後一時間で、僕も豆太も女の子揃うで!!」

「あっ!そうか!ほな一時間あったら、いっしょにナナプラ行こうや!」

「なんでやねん!(笑)行かへんよ!用事ないし!!」

「・・・・・・・・・・・・・」


「僕はここで黒服子を待っとくわ!」

「そやけど・・・俺、一人でナナプラまでよう行かんで!」

「(笑)ソイカからほとんど真っ直ぐやんか!歩ける距離やし!」

「無理無理!ついて来て〜や!」

「行けるって!歩いて真っ直ぐ!マクドを左!後で合流しまひょ!」

「えー!!マジでぇ〜!」

「初めから言うてましたやん!来ない方がええと思いますよって!」

「まぁ〜そやけど・・・眉子おったら一人で行くのイヤやし・・・」

「(笑)知らんでぇ〜!どっちにも怒られんでぇ〜っ!」

「う・・・う・・・バレてるかな・・・なんか気ぃ重いわっ(ーー)」


そう言いながら・・・先輩は一人ナナへ向かった・・・


僕は残された一時間で、隣のシャークへ行ったり、

まだ来てないか?とバカラを覘いたり、

表のバーで女の子にオゴッたりして、一人のソイカを楽しみながら

時間を潰してた。。。


そして。。。約束の PM9:00 を迎えた




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 13:04| Comment(0) | 訪タイ3回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする