2012年05月22日

訪タイ四回目(2)豆太がブサ子に決めたわけ!

毎度のように関空初の夜中便で出国っ!!

フライトは、約六時間ちょっと。。。

その間、いろいろ妄想したり友達と話し込んだり・・・


まぁ〜要するにヒマですわな(^^;)


そんなフライト中の何気ない一コマ


【豆太がブサ子に決めたわけ!】です。




その前に。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ






何度も書いてますが、今回は同じ子と全日過ごすつもりですから、

最初の女の子選びは重要ですわな!!

でも自慢じゃないけどモテたこともないし、

騙すより騙されるタイプやし・・・(ーー)

当然いっしょに過ごしてみないと分からない事はあるわけですが、

出来れば・・・慎重に無駄なく見つけたいってもんです。


で、僕以上にモテたことがないはずの豆太・・・

豆太は帰国後もブサ子と電話で話したりして、

擬似恋愛モードへ突入っ!!


「一足お先〜〜」ってな余裕顔が、にくそいっ!!



そんな豆太に。。。

愚問と知りながら・・・素朴な疑問が頭を過ぎる。。。

豆太はなんで今回もブサ子に決めたんやろか??

その決定打はなんやったんか??

・・・また・・・そんなモノがあったのかどうか??


フライト中のヒマ潰しに豆太に聞いてみた。


「豆太〜なんで今回もブサ子にするんや??」

「えっ??どういうこと??」

「ん〜上手く説明しにくいんやけど・・・どこが良かったん??」

「ブサイクやのに!!ってか??」

「ちゃうがな!ブサ子がブサイクかどうかはもうええわ!!」

「えっ?そうなん??」

「お前が気に入ってたらそんでええがな!」

「うん。。。まぁな。。。」

「聞きたいのは、今回もブサ子にする理由やん」

「理由??理由かぁ・・・」

「そう!!最初は好みでって感じやろうけど。。。」

「今回もブサ子にする理由なぁ〜」

「そう!なんか決定打的なブサ子のええとこ!あったんかなぁ〜と思って!」

「うん!まぁ〜な〜ニヤニヤニヤニヤ〜」

「やっぱりあったんや!!何??なに?ナニ??ニヤニヤしてんと教えて!」

「しゃ〜ないな〜」

「うん!うん!!うん!!!」

「実はブサ子なぁ〜〜」

「うん!うん!!うん!!!」

「足の爪切ってくれてん!」

ムフフフフ〜〜しかも10本全部っ!どんなもんじゃぃ!!


「・・・・・・・・・・・・」

「あれ?あれ?まさかの無反応・・・」

「・・・・・・・・・・・・」

「あれ??鴨葱!聞いてる?寝んなって!!」



豆太・・・お前の弱点は足の爪やったんか・・・

そっ・・そんなヤツ。。。初めて聞いたわ。。。



それでは今回もスクンビットのホテルにチェックイン!!

いよいよ!メインのナイトライフです。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:27| Comment(2) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

訪タイ四回目(3)ジャーマンビア

ホテルを出発しナナに向かう道中。。。

今回初めてジャーマンビアに立ち寄りました。

ご存知の方も多いとは思いますので詳細は端折りますが、

まぁ〜要するにファラン御用達の援交カフェですね!


これまでの訪タイで豆太も丸森先輩もテーメーには縁が

ありませんでしたし、早い時間からやってるジャーマンビアへ

行ってみることにしたんですな!


それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ






「どこにあんねんな??そのバー?ビア?カフェ?この際なんでもええけど!」

「・・・多分Soi7あたりを曲がって、すぐのはずやねんけど(^^;)」

「あ!あった!あった!ここやわ!!」

「ここ??・・・なんかアウェイな感じで入りづらいな・・・」

「ホっホンマやな・・・な〜んかちょっとヤな感じ・・・(ーー)」

「まぁ〜初めてやからそう思うだけやって!入ってみまひょ!」



店内に入ると思ってたよりフロアーは大きくて、まだ夕方なのに人も多い。

僕達は空いてる席に座り、バーテンダーのおばちゃんにドリンクを注文。


「それじゃ〜今回の訪タイを祝して〜」

『かんぱ〜〜〜〜い!!』



ドリンクを飲んで少し落ち着いて、ゆっくりと女の子を観察。

テーメーのように不自然に立っているという感じではなくて、

女の子達もカウンターに座ってドリンクを飲んでいる。

テーメーよりも自然な感じで。。。

「こっちの方がええがな!!」という率直な感想!!


ただ年齢層が高くレベルはやや低い。。。

『なるへそ〜!確かにファラン好みの子が多い気がすんな〜』

と、知った風な顔で納得してみる(^^)


ん??そう言えば。。。

そんな子が好みのアホぉ〜が一人。。。僕の横にも座っている。。。


「おいおいおい!よぉ〜け女の子居てるやんか!」

「ホンマですね。思ってたよりキャパでかいっすね〜」

「なぁ〜鴨葱?ここってどんなシステムなん?」

「テーメーといっしょで個人交渉ですわ」

「ふ〜〜!ん??さっきからあの子とめっちゃ目ぇ合うんねんけど。。。」

「どの子ですん??」

「ほら!あの子!!こっち見てるやろ??」

「まぁ〜あれは・・・【後輩の後妻のおかん】って感じやけどね」

あんたはペタジーニ的なエロをお望みか??


「うわ!また俺のこと見てるで!」

「・・・・・・・・・・・・」

「いやっ!こっちの子とも目ぇ〜合うがな!どないなってんねん??」

「・・・・・・・・・・・・」

「なぁ〜鴨葱、この子ら全部OKなんか??」

「まぁ〜あんたがキモい!って言われへん限り(笑)」

「・・・てか、おぃおぃおぃ!ちょっと待ってや〜!みんな俺のこと見てんがな!」

「・・・そ〜なん?(笑)幸せな人やな!」

「いやいやちゃうって!ホンマにずーっと見てんねんて!!」

「分かってるよ。そやけどそれは先輩が見てるからちゃうの?」

「え??そうなん??でも目ぇ〜合っても反らせへんで!!」

「そら〜いちいち反らしてたら商売にならんやんか(^^)」

「いや!また合ぉ〜たわ!!うわっ!こっちもや!!」

「え??・・・あの若い子は僕の事見てるんちゃう?」

「ちゃう!あの子も俺を見とるよ!!」

「そ〜ぉ?・・・僕と目ぇ〜合ってるけどな〜」

「いやいや・・・俺を見てるって!絶対や!!」



「なんも・・・全部先輩じゃなくてもええんとちゃうの?・・・」

「なにがや??」

「こっち見てたら一人占め!みたいな事言わんと、僕にも楽しまして〜や」

「・・・俺を見てるんやからしゃ〜ないやん・・・」

「・・・そんなモン誰見てるか分かるかぃな!」



「・・・で?・・・実際のとこ・・・ナンボくらいやろ??」

「さぁ〜ショートでB1000とかB1500とかちゃうの?」

「ホンマに〜??」

「多分・・・でもちゃんと話しせんとあかんのちゃうかな??」

「日本語話せる子おるかな?」

「・・・ここにはまず居らんやろね〜」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「でも気になるんやったら聞きなはれ!」

「いや〜やめとくわ。。。」

「・・・僕は聞かへんよ。そろそろ自分のことは自分でやりや!」

「。。。そっそうなん。。。」

「英語だけの眉子でも、どうにかなってますやん?」

「うん。。まぁ。。ジェスチャーやけどな」

「ほな、ジェスチャーでええやん」

「うん。。。まぁ。。。」

「僕の英語も大概デタラメやねんし!雰囲気!雰囲気!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」


今回の旅行は本当に必要な時にだけ手を貸す。

そう言う旅行にしよう!と決めてきた。


まぁ〜ここはちょっとハードルが高かったかもですが(^^;)



それでも先輩は。。。

自分を見てる(本人談)女の子たちがおもろくてしゃぁ〜ないようで、

「あの子も見てる!」「この子も見てる」!とブツブツブツブツ言いながら、

周りをキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロキョロ・・・・

その様は絵に書いたようで・・・「初めて来ました!」と一目で分かる(^^)


ジャーマンビアに入って四十分が過ぎた頃。。。

「もう五時やし〜そろそろナナ行きましょか?」

「え?豆太〜ちょっと待ってや!なんか後ろ髪引かれるわ〜」

「声掛けますの??」

「いや・・・どうしよ・・・」

「早よ決めやな、ほっといてナナ行くよ」


先輩が声さえかければ、あとのフォローはするつもりで、

さりげなくじっっっと待ってみる。。。


先輩は悩みに悩んで・・・迷いに迷って・・・

どんなけ考えんねんなっ?!ってくらい考えて・・・


最終的には豆太から。。。

「グズグズグズグズし過ぎやって〜〜俺だけでも行くで!!」

「もうちょっと居らしてぇ〜な??」

「無理!無理!!中途半端な先輩待ってたら明日なるわっ!」

「居るんやったら鴨葱と居り〜な」

「いや!それはないわ!僕も行くで!!」

と、タイムアップ!!


結局、誰一人声を掛けることなく退散する事になりました。

先輩も「声を掛けたいけど掛けれない・・・」っていうんじゃなくて、

ほんまに後ろ髪を引かれてるだけのような感じですし(^^)


豆太的には早くナナへ行ってブサ子と会いたかったんでしょうな。

イライライライラしてましたから(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:44| Comment(0) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

訪タイ四回目(4)丸森先輩のタニヤローラー作戦 T

ジャーマンビアを出たあと、ナナへ到着した三人。

約束の五時より三十分遅れで来た豆太を待つブサ子は。。。

「遅いよぉ〜〜!豆太ぁ〜〜!!」

と、この日を心待ちにしてた事が手に取るように分かる嬉しそうな笑顔!

が・・・

微妙なキモさで残念です(ーー)



でも久しぶりに会ったブサ子は元気そうで、そんな彼女の笑顔を見てると

僕も嬉しくなったりして。。。

遠い異国のタイに自分が来るのを心待ちにしてくれてる女が居る!

ってだけでも。。。豆太がちょっと羨ましく思えて(^^)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ





僕と先輩はこのままタニヤに行くには少し早いってことで、

二人でオープン前のゴーゴーを見ながら中庭のビアバーで

ボケっ〜〜と過ごしておりました。


しばらくすると。。。

どこからともなく現れた女の子とゲームで遊び始めた先輩。。。


僕は気にせず周りの景色を見ながら、そのままボケっ〜〜〜と。。。


ふと気がついて・・・時計を見ると六時半・・・

あかん!ボケっとし過ぎた(^^;)


「先輩!そろそろタニヤ行きましょか??」

「えっ?あぁ〜うん・・・ちょっと待って!」

「・・・・・・・・・・・」


ゲームを楽しむ先輩は、なんか・・もの凄く楽しそうで(^^)


「そろそろ七時前でっせ〜〜」

「えっ?あぁ〜うん・・・ちょっと待って」

「タニヤ行くの??どうすんの??」

「うん・・・ちょっとゲーム中で。。。これハマるわ!(苦笑)」

「・・・じゃ〜僕はゴーゴー行ってきますね〜(^^)」

「えっ?えっ??えっ???あかんて・・・タニヤ行こ行こ!!」

「ほな!早よせぇ〜〜ちゅ〜〜ねんっ!!」



タクシーでタニヤに到着し。。。

酒屋で両替を済ませ、今回も用意してきた手書きの地図を見ながら

歩き始める先輩。


「ちょっと見てみ!この地図!!」

「んっ?。。。!!!!!!!!!!」


そこには店の名前と場所、女の子の名前と番号、日本語の可・不可。。。

女の子は好みの順にランキングされ、店までの地図もバッチリ書き

込まれている。


「鴨葱!これで完璧やろ??どんなもんじゃぃ!!」

「うん。。。なんて言うか(苦笑)スゴイですよ。。。」

「そやろ!こんなけあったらサクラもヘタクレもないで!」

「うん。。。そやね。。。今夜の先輩は、なんか刑事みたいやで(^^)」

「おぉ!名づけて【タニヤローラー作戦】や!!」

「あ・・そうなん・・・名づけたんや(^^;)」

「我ながら完璧の作戦やで!」

「そうでんな(^^;)」

「お店入って、番号を言うて、居らんかったら次々行くからな!」

「よっしゃ!」

「ほな、一軒目はランキング一位の子が居る店からな」

「あぁそうか!カワイイ子の居る店順にルートも決めてんのか(笑)」

「あたり前やがな!」

「へぇ〜〜〜〜いろんなやり方あるんやな〜」

「でもな、写真とちゃうやんけ〜〜って場合もあるやろし!」

「ホンマは日本語喋られへんのかぃって場合もあるやろし!」

「ショートだけって子も居るやろし!」

「うん。。。なるほど。。。そこまでは分からんわな〜」

「そうや!そこはちゃんと会ってみやなな!」

「へぇ〜〜〜!前回とは大違いの成長ぶりやんか!!」

「うん!そやろ!!これやったらムダなしやで!!」

「うん!ホンマやね(^^)」

「よしっ!ほな一軒目行くどっ!!」


そんな訳で、先輩渾身のアイデア 【タニヤローラー作戦】で、

一軒目に入店です。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 12:37| Comment(0) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

訪タイ四回目(5)丸森先輩のタニヤローラー作戦 U

前回の反省を踏まえて。。。

出発前、ネットで下調べした女の子の情報を頼りに、

先輩なりの試行錯誤 【タニヤローラー作戦】が決行っ!



ぶっちゃけ作戦の成果より。。。

先輩がネットで選んだ女の子はどんな子か??

そればかりが気になって・・・

先輩には悪いけど。。。もう笑う準備ができてたで!(^^)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ







ランキング一位の一軒目に入ると。。。

まだ店は準備中〜といった感じで、女の子が揃ってない様子。

「いらっしゃいませ〜〜」の声も聞かず。。。

先輩は早足で女の子が集合しているボックス席へ一直線っ!!!


そして。。。

仁王立ちっ!


メモ書きを顔の前に持ち、大きな声で!!!

「No.ホニャララ〜のチョメチョメちゃ〜〜ん!!いらっしゃぁ〜い?」

と、桂三枝のモノマネで髪をかきあげた(^^;)


「・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」


あっか〜〜ん・・・おっさん無茶するで!!完璧にスベっとるがな!!

僕は見てはいけないモノを見てしまったような気がして(笑)

一歩後退・・・も・・・かなり恥ずかしい気分(ーー)


先輩の声で店の奥からママさんが出てきて・・・

「彼女まだ来てないナ!でももうすぐ来るっ!!ホントです!」

「そう・・・鴨葱はどうや??ええ子居るか?」

「うん・・・まぁ選べるけど・・・次、行きまひょ〜」

「そうか・・・ほな、ママさん!後でまた来るわっ」

「はい!でもホント・・・すぐ来ると思いますナ〜」

「よっしゃ!じゃ〜またすぐ来るわ!」


外へ出た先輩は、呼び込みの声もなんのその・・・

地図を見ながら突き進みランキング二位の二軒目へ!!


「先輩!タイ人に桂三枝はあかんて!スベっとるがな!」

「いや〜なんか焦ってもうて、いつものクセが(笑)」


二軒目に入ると、鋭い眼光で店内を確認し一直線でお姉さんの前へ!!

汗が流れる顔の前でメモ書きを持ち、何かを発表するような大きな声で〜

「No.ホニャララ〜のチョメチョメちゃ〜〜ん!居てるかぁ〜?」

と、さっきと同じ下り・・・(ーー;)


あかん・・・これやったら三枝ちゃうだけでさっきといっしょやがな!

しかも小太りのキモい田舎っぺ大将〜って感じやし(ーー;)


完璧に空気がスベっとる!!


僕は友達じゃないよ〜的な雰囲気で。。。三歩後退・・・


結局。。。ここにもランキング二位の子は居らず・・・

「ママ??彼女っていつ来るん??」

「分からないナ〜でも、ほかの子もカワイイよ!」

「鴨葱!・・・・あれ?鴨葱??どこ行った??」


僕はドアの前で「うん」と頷いて店を出た(ーー)


外へ出てきた先輩は、足早に歩き出し・・・ってか小走りやね(^^;)

「急ご、鴨葱!!もっかい一軒目に戻るわっ!」

「・・・うん」

「すぐ来るような事言うてたし、なんちゅ〜ても第一位やしなっ!!」

「・・・でも、ママさんに普通に聞いた方がええで」

「え??なんでや?この方が分かりやすいがな!」

「いや・・・完璧スベってますやん・・・」

「え??今のはウケ狙ってへんで??」

「三枝知らん人らに、三枝止めても一緒やんか??」

「・・・ん?・・・あぁ〜〜そうか(笑)」

「それに・・・あれはどう見ても田舎っぺ大将にしか見えへんで!!」

「アホなこと言うなや〜(笑)。。誰が田舎っぺ大将やねんっ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・ホンマにか?・・・・・・」

「・・・・しかも汗ダクでキモいし・・・・」



一軒目に戻ると、さっきのママさんが出てきて、

「彼女!来たナ!!今メイク中ナ〜ちょっと待って下さい」

「よっしゃ〜〜!!!!一位ゲットやでぇ〜〜!!!!」

「うん!戻ってきて正解でしたね!!田舎っぺ大将目撃されてないしね(^^)」

「やかましわっ(笑)でも座る前に彼女、見たいとこやけどな。。。」

「まぁ〜よろしいやんか!とりあえず座りましょ!」

「うん。。。」

「アナタはどの子、しますか?」

「えっと〜〜〜〜!この子でお願いします〜」


さぁ〜いよいよランキング一位の登場です!

先輩が選んだ一位ってどんな子やろか??

想像するだけで・・・既に顔はニヤけてたで(^^)

僕達は席に案内され、一位が来るのをドキドキしながら待った。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 11:00| Comment(2) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

訪タイ四回目(6)丸森先輩のタニヤローラー作戦 V

しっかりした下調べで見事に自分自身をアテンドする先輩。

しかも下調べランキング一位の子を指名することにも成功!!


実物はどんな顔してんねんやろ〜〜〜??

と本人も不安そう・・・

とはいえ。。。

上機嫌で女の子が来るのを今か今かと待っております!!



それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ








しばらく待つと、カウンター辺りがザワついてきて。。。

いよいよ!!ランキング一位の子!!登場っ〜〜〜!!


ん??


あれ??あれ??あれれ〜〜???


どういうこっちゃ???


普通以上にカワイイやないかっ!!!


「見て見て!!鴨葱〜どうや??カワイイやろ??」

「うん・・・カワイイわ・・・」ってか、期待外れでおもんないし(ーー;)


「アナタ〜名前なんですか??」

「鴨葱〜〜俺に『名前なんですか??』やってぇ〜〜!!」

「・・・・聞こえとるわ・・・・・」

「丸森ですっ!!」

「丸森さんは、なんでワタシ知ってますか??」

「『なんでワタシ知ってますか??』やってぇ〜〜!!鴨葱!!」

「・・・(知らんオヤジが汗かいて、急に訪ねて来たらコワいからやろ)・・・」

「ユウちゃん、それはね!ネットで見たからやで!毎日見てたんやで〜〜」


・・・田舎っぺ大将、キモいって・・・


「そっ・・そうですか??じゃ〜会うの初めてですか?」

「そう!初めて〜!ネット通りであなたカワイイな!」

「ありがとう!!初めまして〜〜ユウちゃんです!」


下調べ通り日本語は、なかなかのモノ!!

先輩のキモさは、かなりのモノっ!!(ーー;)


「あの・・・ユウちゃん?ちょっと聞いてもよろしいか?」

「なんですか?」

「ネットで見て来たぁ〜って人、多いの??」

「うん!多いですよ!!」

「へぇ〜〜〜〜〜!でもこんなキモい人はいてへんやろ??」

「誰がキモいねん!!」



で・・・僕が選んだ子は、日本語も英語も・・・NG・・・

しかも・・・無口で・・・ショートだけ・・・

悔しいですけど。。。この差は歴然で。。。

お手上げですな(ーー;)


それでもボケっ〜〜としててもしょうがないので。。。

今回の予定に入ってる【コ・クレット】を知ってるか

日本語が話せるユウちゃんに聞いてみた。


らっ!!


「えぇ〜〜〜!コ・サムイでしょ??ユウちゃんも行きたいっ!」

「ちゃう!ちゃう!!コ・クレット!!」

「ハァ〜???そこどこですか??」

「・・・今、地図持ってないけど・・・ユウちゃん知らんの??」

「・・・分からないナ〜〜誰かに聞いてみるナ〜」


ユウちゃんは席を外し、スタッフに聞きに行ってくれた。


「分かった〜〜コ・クレットナ〜!!」

「えっ?知ってたの?」

「うん!コ・クレットでしょ!あなたコ・クレットと言ったでしょ?」

「・・・いっしょやんか・・・」

「違うよ!コ・クレット!!あなたが言ったのはコ・クレット!」

「あぁ〜そう・・・いっしょにしか聞こえませんけど・・・」

「全然違うでしょ!!!」

「(笑)で??行ったことあるん??」

「ないっ!!・・・・」

「あぁ〜そぉ。。。全然興味なしって感じやね(ーー)」


しばらく僕の隣の女の子とカラオケしたり、指さし会話でしゃべったり・・・

盛り上がらん時間を、グダグダで過ごしておりました。

ただ過ごすだけでも、ちょっとくらいタイ語が話せたらな〜〜

とか思いながら・・・(ーー)


横目でチラっと先輩を見ると・・・

楽しそうにしゃべっとるやないか!!


よしっ!!もう決まりやったらゴーゴー行こっと!


「先輩、もうこの子でええの??」

「うん!!ユウちゃんで決まり〜〜!」


席に座って三十分ほどでしたが、決まりやったら!って事で、

豆太に電話して流れを報告。

豆太もタニヤ界隈に居るらしく、二組は合流する事に!




それにしても。。。

先輩はゴーゴーや援交カフェに居る時は、グズグズグズグズしていて、

短気ではないけど、せっかちな僕は、ちょっとイラっとする時がある(ーー)

でも今夜のタニヤでは先輩なりの選び方が出来てたように思う。


人にはそれぞれ遊び方があると思いますし、こういう女の子の選び方は、

一つの選択であって、現地での出会いを楽しむ方には??かもしれません。

ただ、カラオケに付き合ってる感じの僕は、サクサクと決まって正直言って

ありがたかったです(^^)



先輩なりの試行錯誤 【タニヤローラー作戦】 

手際よくお店を回れた事。

目的だったランキング一位をゲットした事。


そして何より!!

先輩自身、楽しい時間が過ごせたようで(^^)



にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 11:13| Comment(0) | 訪タイ四回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする