2012年04月12日

訪タイ三回目(9)道しるべ その2

丸森先輩がピックアップしたお店を探すのを強制的に諦めさせて(^^)

次から次へとカラオケ店へ!!!


女の子をチェックし、明日の夕方まで一緒に過ごす子を探します!!


毎日はキツイですが、旅行中の一日くらい男女メンバーを揃えて、

どこかへ出かけて「みんなで遊ぶ!」って楽しいですもんね!!


そんな【男祭り】を楽しもぉ〜としてたんだと思います。


こういう遊び方って、結局・・・一発勝負で夕方までですし、

女の子と楽しめない確立は、高い気もしますけど(^^;)




それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ







ではでは。。。前回の続き。。。

【訪タイ三回目 二日目の夜 タニヤのカラオケ店】


とあるお店で、とある女の子に出会った話しです。



その子の第一印象は、特別ど真ん中というわけではなくて(^^;)


ただ雰囲気が他の子とは少しだけ違った気がしたんで、

気になって選んだような気がします。


周りを見ながら・・・「どう立っとけばいいの??」とそんな雰囲気でした(^^)


三人でそれぞれ選んだ女の子とソファ席に座ってトーク。


僕もその子に話しかけてみたものの・・・

日本語NG・・・英語もNG・・・と(^^;)


それでも彼女は、諦めず笑顔でいろいろと話しかけてきてくれます。

僕に何かを伝えようと・・・諦めない(^^)


しばらく彼女の様子を見ながら話していると・・・

彼女自身。。。このタニヤの世界に・・・日本人という【外国人】に・・・

夜の世界。。。全てに・・・興味津々なご様子!!


まぁ〜言うと・・・若さに溢れてて、天然素材って感じですかね!!(^^)




僕が話しかけるたび・・・彼女は意味が解らず悔しがり・・・

でも。。興味深々ですから・・・笑顔で何度も聞いてきます!

また、彼女が話しかけてくれるたび・・・僕も意味が解らず残念に思う・・・

と・・・

「いいナ!いいナ!!大丈夫ナ!!」と、ジェスチャーで対応(^^)



丸森先輩の選んだ子が、日本語OKの子で、

その子の面倒を見てる感もあってか・・・時々通訳してくれる。


すると・・・

その通訳してくれる先輩の子に憧れの眼差し!!!

そして・・・やっぱり不甲斐ない自分を悔しがる・・・

「くそぉ〜〜なんで私は分からないのぉ〜〜!!!」

という感じを全身で表現しているとでも言うんでしょうか(^^)



そして・・・その全てが楽しそうで(^^)


カワイイがなぁ〜〜!!


ウイ奴よのぉ〜〜〜連れて帰ろかな・・・

となりますわな・・・普通(^^;)


きっと!!!

こんな子と過ごせたら楽しいやろな〜〜ということですな!


でもな。。。とも、その反面思う訳です(^^;)


連れて帰ったところで・・・意思の疎通ができませんから・・・

おもろないやろな・・・とね・・・



まぁ〜いろいろと考えてしまう訳ですが(ーー)



そんな事を考えながらも。。。

楽しい一時間は、あっと言う間に過ぎて。。。。




僕は悩みに悩んで・・・・彼女をリリース。

彼女もこの一時間で、リリースされるだろうと予想できたようで、

残念そうだが・・・「しょうがないな・・・」という感じで(^^;)


先輩の子も、時間的に今夜はNG。。。

豆太の子は・・・歯が矯正されてて座った瞬間にNGっ!!!

ただの苦痛なだけの一時間だったようです(^^;)

そんな訳で、誰も連れて帰る事なく、僕達三人は次の店へと移動した。



何気ないカラオケ店での一時間・・・

ただ。。。お店を出たあと。。。僕は何かを感じてた。。。

楽しかったのは100%、彼女のおかげだったのは言うまでもない。


でも楽しかったのは、僕自身が今まで気づいてなかっただけで・・・

僕が『タイで探している子』って。。。こういう子なんじゃないかと(^^)


僕は、次のお店へ歩きながら。。。

何かを少しだけ。。。掴めたような気がしてた。


それは。。。客とタニヤ嬢という立場は違えども・・・

彼女が全身で表現した『悔しさ』や『残念さ』、そして『楽しさ』は

同じような思いを感じてた僕自身の鏡のようで・・・

僕が今回の旅行で、探し求めてた『何か』だったようで・・・・


まだまだ。。。その先もその答えもハッキリ見えずとも。。。

タイ旅行を僕自身が楽しむための「道しるべ」のような・・・

そんな出会いだった。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 16:50| Comment(2) | 訪タイ三回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする