2012年04月05日

訪タイ三回目(6) 朝食でチップ談義

気持ちイイ〜〜〜バスタイムの後、

ベットに移り黒服子とのゆっくりとした丹念なセッ〇スを堪能!!

途中のナカダオレがあったモノの。。。(ーー;)

持ち直した瞬間を見逃さず〜〜〜セットレ〜〜ゥ!!



それでは。。。

彼女のバナーシリーズです(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ





そして翌朝。。。

「黒服子〜〜!お腹減ったかぁー??」

「うん!少し減ったナ!」

「よし!ホテルのご飯食べよ〜ぜ!」

「うん♪♪」



ホテルのレストランに二人で移動すると。。。

豆太と丸森先輩も二人で食事中〜〜


「鴨葱!!ご飯がいっぱいあるナ〜」

「うん!ホンマやな!!!」

「・・・・ここって高いか??」

「う・・ん・・どうやろ〇〇〇Bって書いてたかな・・・」

「ゲゲっ〜〜高いナ〜〜。。。。」

「まぁ〜ええやん!ええやん!!で??黒服子は何食べんの?」

「タイフードナ!ファランフード美味しくないっ!」

「そぅお??僕はファランフードとコーヒーにするけどね!」


テーブルに座り二人で楽しく〜これは美味しい!!とか美味しくない・・・

ってな会話をルンルンで楽しんでいると。。。


丸森先輩が近づいてきた。

「まだ彼女居てたんや!!」

「うん!ご飯食べたら、多分帰りますよ〜〜」

「先輩の子は??帰ったんですか??」

「朝の5時に、さっさと帰ったわ!ずぅ〜〜と・・・愛想なかったで〜〜」

「あんなに4人も5人もテーブル呼んだら女の子もシラケまっせ〜!」

「いや・・・知らんねんやん!勝手に増えてきて(^^;)」

「そうでっか。。。まぁ〜先輩次第やし〜ええんですけどね!」

「なんで・・・あんな事になったんやろか・・・」


「で??豆太の子は??」

「うん!あいつも一人や!ってか。。。ここ座ってええか??」

「えっ??う・・・うん。。。いいですよ」

「ほんで??この子ってナンボ??」


ぶぅ〜〜〜〜〜!!!

「食べモン飛び出すわっ!!!」


「今??今、言うんですか??」

「うん!黒服子って日本語無理なんやろ??」

「うん。。。まぁそうですけど。。。3500Bですけど!!」

「え??なんで??4000Bちゃうの??しかもまだおるし!!」

「うん・・・交渉ですし、彼女が3500Bでええって言うたんで」

「え??ほんだら・・・安い子と高い子がおんの??」

「そうですよ!てか・・・あんた何べん聞きまんの??(ーー;)」

「ほんで??なんでこの子は安いの??」

「・・・・・・・知りまへんがな・・・・・・・」

「彼女に聞いてや!!俺、英語無理やしっ!!


ブゥ〜〜〜〜〜!!!

「黒服子!!ゴメン!!ゴメン!!コーヒー吹き出たわっ!!!」

「オオォォ〜〜ノォ〜〜!!」


「なんて聞きまんの??お前なんで安いねん??てか??」

「うん!聞いてや!」

「いややわ!!そんな事聞くの!!」

「なんでや??」

「なんでって。。。安いんやったら、もっとくれって言われたらどうすんの??」

「あぁ〜そうか・・・」

「それに。。。もう交渉成立しとるし、わざわざ【金の話】したないやんか!」

「そうか・・・でもなんで安いんかなぁーと思ってな・・・」

「そりゃ〜その子によるんとちゃいますか。。。。多分ね。。。」

「そうなんかな・・・・」

「それに先輩がOKと思える値段ならナンボでもええんちゃいますの??」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「安けりゃ〜ええっちゅうモンでもないやろし!!」

「・・・・・・・・・・・・・・」


「てか・・・もしかして・・・先輩今夜この子イキたいの?」

「ちゃうちゃう!!!それに今夜はカラオケ行く予定やろ??」

「そうですけど。。。それやったらこの子がナンボでもよろしいやんか!!」

「・・うん・・・まぁな・・・」



黒服子は、ただ黙ってモクモクとご飯を食べているモノの。。。

会話の内容は、自分の事だと感づいているのか。。。

なんとなく・・・気分がブルーというか害してる感じに(ーー;)



「で??3500Bやったらサービスは??どうなん??」

「。。。知らんがな〜〜(苦笑)」

・・・てか、このおっさん人の話し聞いてた事あるか??


「なんで知らんねんな???昨日の事やん」

「ちゃいますやん!!なんも今せんでもええやんかって言うてんの!」

「うん。。。まぁな。。。」

「今は二人でしっぽり朝飯食べてんねんし!!」

「えっ??お邪魔か??」

「いや・・・邪魔やとまでは言いませんけど・・・その内容がいらんわっ!!!」

「そうか・・・ほな先に帰ってるけど、後で教えてや〜〜」

「・・・・・・はいはい・・・・・分かってまっ・・・・・」

「じゃ〜黒服子ちゃん!バイバイ〜〜!!」

「・・・う・・・バイバイナ・・・・」



「・・・・・・・・ハァ〜〜ア・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・黒服子!ゴメンね・・・・・・・」

「・・・・・・・・・OKナ〜〜・・・・・・・・・」




「あっ!そやそや鴨葱!!チップは?ナンボ渡すつもり??」


「・・・・いっぺん!!
豆腐の角でアタマ打ってこい!」



「・・・ハっ・・・ハイ??・・・・」




結局。。。気分を害した黒服子のテンションは低いままで・・・

修復できず・・・そのまま帰っていきました(ーー;)





にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
posted by 鴨葱 at 16:56| Comment(2) | 訪タイ3回目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする